ミノタブなんて飲まなければ体毛を増やさずに済んだのに・・・


 

 

ミノタブで体毛が増えたことを後悔しています

 

ミノタブ(ミノキシジル)なんて飲まなければ、
体毛を増やさずに済んだのに・・・。

 

今では、ミノタブ(ミノキシジル)を飲んだことを後悔しています。

 

なぜ、ミノタブ(ミノキシジル)を飲んだことを後悔しているのか?
ミノタブを飲まなくてもフサフサになる方法があるからです。

 

あなたもよくご存じだと思いますが、
ミノタブ(ミノキシジル)は発毛効果が期待できる分
副作用のリスクがあります。

 

むくみや動悸などがミノタブ(ミノキシジル)の副作用としては
有名ですが、体毛が増える副作用も気にする方が多いですね。

 

 

私もその一人でした。

 

 

私はミノタブ(ミノキシジル)を飲んでフサフサになりましたが、
それと引き換えに体毛が濃くなってしまいました。

 

具体的には、腕の毛やヒゲなどがミノタブ(ミノキシジル)
服用前と比べて濃くなりました。

 

フサフサになるためには仕方がないと割り切っていたある日、
ミノタブ(ミノキシジル)を飲まなくてもフサフサになれる方法を
知ったのです。

 

もし、ミノタブ(ミノキシジル)を飲む前にその方法に
取り組んでいれば、体毛が濃くならなくても済んだでしょう。

 

あなたには私と同じ後悔をしてほしくありません。

 

ミノタブ(ミノキシジル)を飲んで体毛が濃くなる前に
それ以外の方法でフサフサになれるということを知ってほしいのです。

 

ミノタブ(ミノキシジル)を使わずにフサフサになれる方法については、
下のほうにあるメルマガ登録フォームにてメルマガにご登録
いただいた方にのみ具体的な内容をお伝えしています。

 

もし、ミノタブ(ミノキシジル)で体毛が濃くなるのは嫌だ、
ミノタブ以外でフサフサになれる方法があるならやって見たいと
思っているのであれば、試しに登録してみてはいかがでしょうか。

 

今なら無料で登録できますので、
ミノタブで体毛が濃くなる心配がない育毛について知りたい場合は、
無料期間のうちにご登録を。

 

まだ、決めかねている場合は、
私が何者なのか、知っていただいたうえで登録を検討いただければと
思います。

 

どういった経緯で薄毛になり、フサフサになれたのか
これからお話ししますので読んでいただければと思います。

 

 

20代で若ハゲの仲間入りに

 

26歳の頃の話です。

 

あの当時、私は毎日仕事上でストレスを受け続けていました。

 

そんなストレス過多の毎日を送っていたある日の朝、
鏡を見ると分け目が薄くなっていました。

 

それと同時に、白髪も大量に増えてしまいました。

 

私には遺伝的にハゲる要素がありました。
私の父親が頭頂部ハゲだったからです。

 

しかし、私の父がハゲていたのは
40代か50代くらいからでした。

 

従って、もし自分がハゲるとしても
それくらいの年齢からだと思っていました。

 

まさか20代の若さでハゲるとは思わず
大きなショックを受けたことを今でも覚えています。

 

 

自力で育毛を試みるものの・・・

 

まさか20代でハゲるとは思わず、育毛の知識など全くなかった
私ですが、それ以上ハゲるのが怖かったので、
まずは自力で育毛してみることにしました。

 

まず、ドラッグストアに行って抜け毛予防のスプレーを買って
シャンプー後に頭皮にスプレーしてみました。

 

毎日続けてみたのですが、スプレー直後に爽快感が得られたものの、
それで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

古い迷信で、わかめやこんぶなど海藻類を食べると
髪が生えるというものがありますが、私はそれを真に受けて
わかめを多めに食べてみました。

 

 

しかし、それで髪が生えることはありませんでした。

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を除去して血行を改善するので
育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、シャンプーブラシを買って
頭皮を一生懸命ゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がもっとひどくなり
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

これは後に医師から聞いた話なのですが、
シャンプーブラシに関しては、業者が儲けたいから
そう言っているだけで、実際に使うと頭皮が痛んで
抜け毛がもっとひどくなってしまうのです。

 

このように、当時の私は育毛に関して見当違いなことばかり
繰り返していたのでした。

 

 

29歳でAGA診断。プロペシアの服用を開始するものの・・・

 

仕事のストレスで薄毛になってから3年後、私が29歳になったある日、
頭皮ににきびのようなものができました。

 

もともとにきびができやすい体質で、
頭皮にできることも珍しくありませんでした。

 

これは実際にできてみないとピンとこないかもしれませんが、
頭皮ににきびができると、シャンプーの時に邪魔ですし
洗う時に痛いのです。

 

私は今回も頭皮ににきびができたのだと思い、
皮膚科に行って治してもらうことにしました。

 

皮膚科医に診てもらうと、にきびだと思っていたものは
イボであることがわかりました。

 

医師は冷凍スプレーで凍らせてイボを治療するといいました。

 

不安に感じた私は医師にこう質問しました。

 

「先生、そんなことをしたら毛穴が詰まってハゲませんかね?」

 

 

すると次の瞬間、医師の口から衝撃の一言が告げられました。

 

 

「いやあ~薄くなってるねえ。AGA(男性型脱毛症)だよ。
毛はまだ残ってるんだけど、細くなってるからハゲに
見えるんだよねえ。」

 

 

とうとう私は、医学的にハゲであると認定されてしまったのでした。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)の服用を開始しました。

 

ミノタブの体毛について調べているあなたならよくご存じかと思いますが、
プロペシア(フィナステリド)はAGAによる抜け毛を抑える薬で
服用している間は確かに抜け毛が減ります。

 

しかし、ミノタブのように発毛を促進するための薬ではなく、
AGAによる抜け毛を食い止めるというディフェンス的な効果のある
薬であるため、発毛効果を実感することは難しいのです。

 

 

また、プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されないため、
金銭的負担が大きい薬です。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間続けたので合計12万円もかかりました。

 

それだけ長い間金銭的負担に耐えてきたにもかかわらず、
得られた効果はせいぜい現状維持程度でした。

 

高額な割に効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を感じるようになりました。

 

 

ミノタブを追加。フサフサの髪と引き換えに体毛が増加

 

プロペシア(フィナステリド)に満足できなかった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加することにしました。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGAによる抜け毛を食い止める
ディフェンス的な効果、ミノタブ(ミノキシジル)には発毛を
促進するオフェンス的な効果があります。

 

この2つの組み合わせはAGA治療最強と言われるほど効果的なものです。

 

しかしネックになっていたのは、コストと体毛が増える副作用です。

 

プロペシア(フィナステリド)だけでも結構な負担なのに、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加したらさらに負担がかかる。

 

私にとっては、頭の痛い問題でした。

 

 

しかし、私はプロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)の効果をひと月当たり2千円程度で
得られる方法を発見してしまいました。
(詳細についてはメルマガで明かしています)

 

コストの問題はこれで解消できました。

 

 

しかし、ミノタブ(ミノキシジル)を飲む以上
体毛が増えるリスクは避けられません。

 

私はハゲるよりはマシだと考えて、
ミノタブ(ミノキシジル)で体毛が濃くなるリスクをとって
育毛を優先することにしました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかったのが、
2ヶ月程度で髪が太くなるのを感じました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることができました。

 

それと引き換えに体毛が濃くなってしまいましたが、
コストを大幅に削ってフサフサになれたことに
私は満足しました。

 

 

体毛以外で不満を持った理由

 

ミノタブで体毛が濃くなることもそうですが、
私はこれらの薬に対して強い不満を持つようになりました。

 

なぜならば、これらの薬の効果があるのは服用している間だけ
だからです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用で
フサフサになることはもちろん可能です。

 

しかし、フサフサになったからと言って服用をやめていいわけでは
ありません。

 

これらの薬の服用をやめると効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を飲み続け、
体毛が濃くなるのを含め副作用のリスクにさらされ続けなければ
ならないのです。

 

私はこのことに強い不満を感じました。

 

 

ミノタブ以外にフサフサになれる方法を見つけた

 

これらの薬に対して強い不満を持った私は、
ほかにいい方法がないか探しました。

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストはひと月当たり2千円以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲み続ける必要は
ありませんでした。

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
服用をやめてその方法に切り替えました。

 

すると、これらの薬に頼らなくても髪が維持できるようになり、
髪を維持するためにお金を払い続ける必要がなくなりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの薬、
頭皮に塗るタイプの育毛剤などが目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、コストを大幅にカットできる、
体毛も含め副作用のリスクを回避することができる、
最終的には毎月育毛にお金をかけなくてもよくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わずに
AGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
ミノタブで体毛が増える心配がない、
そのほかの副作用についても心配しなくていい
安全かつ低コストの育毛法に興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ