AGAにより弱体化した無残な抜け毛


dpstatue

 

■軟毛化した抜け毛

 

プロペシア服用によるAGA治療を始めて半年ほど経った

ころのことです。たまたま抜け毛が目に留まったので、

見てみると、毛がふにゃふにゃでした。

 

AGAの症状として軟毛が挙げられます。DHTによってダメージを

受けた毛髪はコシがなくなり、軟らかくなってしまうのです。

 

薄毛の原因は脂漏性皮膚炎でもなければ、不摂生な生活でもない。

私自身、AGAであることを思い知らされた瞬間でした。

 

■薄毛の危険性を確かめる方法

 

私はためしにその軟毛化した毛髪の両端をもって引っ張ると切れて

しまいました。

 

以前、自分が将来的に薄毛になる危険があるかどうか確かめる方法

がテレビで紹介されていたのを見たことがあります。

 

その方法とは自分の髪の毛1本をセロハンテープでCDか何かの

ケースの角に張り付けて引っ張ってみるというものでした。

 

それをやってみて、髪が切れてしまうと、薄毛になる危険がある

そうです。

 

私はその番組を見た当時、さっそく試してみましたが、切れません

でした。この方法とは別に、ためしに抜け毛の両端をもって

引っ張っても切れませんでした。

 

健康な毛髪の場合、ある程度力を入れて引っ張っても通常は

切れません。

 

6か月プロペシアを服用して薄毛が悪化していたわけではなかった

ので、プロペシアが効いていることはわかっていたのですが、

軟毛化した抜け毛をためしに引っ張って切れてしまったのを

目の当たりにして、私はショックを受けました。

 

■中には白髪である上に切れてしまう抜け毛も。
過去の職業選択を後悔することに

 

抜け毛の中には、白髪であるうえに両端をもって引っ張ったら

切れてしまったものもありました。私は悲しくなりました。

 

白髪が大量に増えたのも、AGAになったのも、かつての仕事での

ストレスが原因だったのは明らかでした。

今更、恨みつらみを言うつもりはありませんでしたが・・・

 

「あの時あの仕事を選ばなければ、あの時もっと就職活動を

活発にしてたくさん内定をもらって多く選択肢を持っていれば、

あの時、入念に自己分析をして自分の適性に合った仕事を選んで

いれば・・・・。」

 

私は過去の職業選択について後悔しました。しかし、覆水盆に

返らずということわざが示すように後悔してもしょうがないので、

育毛に専念してプロペシアの効果を信じることにしました。

 

AGAとの戦いはまだまだ続きます。

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ