私にとってベストなストレス対策は・・・


resignation

 

あなたは身に覚えがありませんか。
仕事でストレスをため続けた結果、
薄毛が目立つようになったという覚えは。

 

私は・・・ありました。

 

私は、AGAを発症したころ、仕事のストレスと
抜け毛で精神的にまいっていました。

 

毎日、仕事上の過剰なストレスを受け続け、
髪が抜ける恐怖と戦い続けなければならなかったので、
当時のことを思い返すと、今でも吐き気がしそうです。

 

AGAを専門とする医師の間では、薄毛とストレスの間に
関連性があると考える医師と考えない医師がいるようです。

 

私としては、体感的にAGAとストレスに関連性があると強く
感じます。

 

なぜなら、もともとフサフサだったのが、ストレスを過剰に
受けてから髪が薄くなり白髪が大量に増えたからです。

 

私は、薄毛で悩んでいたあの当時、ストレスから解放される
必要性を強く感じていました。

 

私は、何とかストレスから逃れようといろいろ考えて
いました。

 

さて、ここであなたに質問です。あなたの薄毛の原因が
ストレスだと思われる場合、どのような方法で
ストレスに対処しますか。

 

 

・・・

 

考えましたか。

 

 

ストレスを減らす手段として何を思い浮かべたでしょうか。

 

仕事が終わった後や休みの日に趣味に没頭したり、
寝る時間を増やしたり、色々な選択肢があるでしょう。

 

スポーツが好きであれば、休日にテニスなどを楽しむのも
いいですし、車が好きであれば、自然の中をドライブ
するのも楽しいですね。

 

普段の仕事では、どうしてもストレスが避けられないということも
多いので、仕事以外の場でストレスを解消できるのが理想ですね。

 

 

しかし、私が選択したストレス対策は・・・退職です。

 

 

私がストレスをためていたのは、上司と合わなかったためです。
退職すると、安定した収入を失うことになるので、リスクが
高いと思います。

 

上司と合わなければ、合わせるようにする努力も必要だと思います。
しかし、私は自分なりに努力した結果どうしても合わせられません
でした。

 

どうしても合わず、ストレスもたまる一方で髪がどんどん減って
いき、このままでは髪を失いかねないと思ったので、
退職する決意をしたのです。

 

私は、安定収入を失うリスクと仕事を続けることによって
髪を失い続けるリスクをはかりにかけてよく考えた末、
退職を決意しました。

 

私が退職後行う育毛は、決して順調ではなく失敗も多かったです。
退職したことで収入も不安定になり、生活面での不安も多く
なりました。

 

しかし、もし私があの頃の合わない仕事を続けていたら、
育毛どころではなく、髪を失い続け、最終的には30そこそこで
サザエさんに出てくる波平のような頭になっていたかもしれません。

 

 

仕事のストレス対処法は人によって状況が異なりますので、
正解は一つではないと思います。

 

みんながみんな退職がベストな選択肢だとは思いません。
仕事を続けながら、ストレス軽減したほうがいい人も
いると思います。

 

私の場合、退職したことで、仕事によるストレスは
なくなり最終的にはAGAを克服することができました。

 

社会人としてのベストな判断だったかどうかは微妙ですが、
育毛の選択肢としてはベストだったと私は確信しています。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ