はげは何歳からでも克服できることを知っていますか?


 

 

はげたのは何歳から?

 

あなたがはげたのは何歳からでしょうか。

 

40代または50代の働き盛りのときでしょうか。

 

それとも、20代または30代の若い時期でしょうか。

 

私の場合は、若い時期にはげてしまいました。

 

私は26歳の時に仕事のストレスではげて白髪が大量に増えました。

 

私ははげるとしても、40代か50代くらいだと思っていたので、
20代の若さではげた時は本当にショックを受けました。

 

40代や50代からならまだしも、20代からはげてしまったら、
30歳になるころには、もう髪の毛が残らないのではと
不安になった覚えがあります。

 

20代で若はげになってしまった私も
今では30代です。

 

20代のころからどんどんはげが悪化して、
今では髪の毛が一本も残っていないかというと、
決してそんなことはなく、むしろフサフサの髪を
維持できています。

 

 

そう、20代ではげてしまったとしても、
フサフサになることは十分可能なのです。

 

また、はげたのが何歳からであっても、
正しい方法で育毛に取り組めば、フサフサになることは
十分に可能です。

 

ですので、はげたのが何歳からであっても、
フサフサになるための希望は決して捨てないで下さい。

 

それでは、20代ではげた私がどのようにして
フサフサの髪をとりもどすことができたのか、
これからお話ししていきます。

 

 

29歳でAGA診断。プロペシアを始めたものの・・・

 

26歳で薄毛になってから3年経ち、
29歳で私はAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)という薬で
治療を始めました。

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
健康保険が適応されず全額自己負担で払わなければならないため、
金銭的負担が大きい薬でした。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかりました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果が得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることはできませんでした。

 

高い割には効果が薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を感じるようになりました。

 

 

ミノタブを追加してフサフサになれても不満だった

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは満足な効果を
得られなかったので、私はミノタブ(ミノキシジル)を追加しました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせは、AGA治療最強の組み合わせといわれています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

私はこの2つの薬を併用することでフサフサの髪を取り戻すことが
できました。

 

フサフサの髪を取り戻せたことに、初めのうちは満足していました。

 

 

しかし、私はこの2つの薬に対しても不満を感じるようになりました。

 

それはなぜか。
これらの薬には、ある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
併用することでフサフサになることは確かに可能ですが、
フサフサになったら服用をやめていいわけではないのです。

 

これらの薬が効果があるのは服用している間だけなので、
フサフサになっても、ずっと飲み続けなければなりません。

 

もし、服用をやめてしまったら効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を飲み続けなければ
ならないのです。

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

ある方法により不満を解消することができた

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に
不満を持った私は、不満を解消すべく別の方法を探しました。

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生何かにお金をはらい続ける
必要もありませんでした。

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
やめてその方法に切り替えました。

 

すると、これらの薬に頼らなくても髪が維持できるようになり、
毎月育毛にお金をかけなくてもよくなりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)のような
AGA治療薬や頭皮に塗るタイプの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずに薄毛を克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを回避できる、
最終的には毎月の育毛コストがかからなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ