フィナステリド(プロペシア)を買う金で新車が買えてしまった


cutcosts

 

 

 

1. フィナステリドの負担は大きかった

 

私は皮膚科にAGA診断された29歳のころから1年間
フィナステリド(プロペシア)を服用し続けました。

 

フィナステリドは自由診療のため保険がきかず、
全額自己負担のため毎月約1万円かかりました。

 

1年間で約12万円かかりました。早く保険適応されれば
いいのにとあの頃はよく思ったものです。

 

2. フィナステリドの費用で買えるもの

 

私はハゲるのが怖くて、フィナステリドを飲み続けました。
高額な育毛サロンよりましといっても毎月の費用は
馬鹿になりませんでした。

 

1年に約12万円もかかってしまうのですから。

 

今現在の私はフィナステリドの服用をやめています。
そのため、毎年12万円のコスト削減ができているわけです。

 

あなたは、フィナステリドを使わずにすんで12万円
手元に残るとしたら何に使いますか。

 

海外旅行ですか。

高級レストランですか。

それともファッションに使いますか。

 

12万円あれば、色々使い道がありますね。
おそらく、海外旅行であればフィリピンやマレーシア
あたりにLCCで行って1か月は過ごせるかもしれません。

 

国内旅行だったら、高級旅館に何泊か泊まって温泉で
リラックスして高級料理を食べたりできるかも
しれません。

 

ファッションに関してもイタリアのブランド品など
買えるかもしれません。

 

12万円節約できると色々なことに使えますね。

 

私は、フィナステリドをやめて節約できた12万円で
新車を買いました。

 

新車と言っても自動車じゃないですよ。12万円の
新品の自動車なんて逆に怪しいですよね(笑)。

 

私が購入した新車は原付バイクです。

 

私は自動車の普通免許を保有しており、自動車と
原付を運転することができます。

 

私は、移動手段として原付を頻繁に利用しています。
以前、中古で5~6万円くらいで購入したものを
2~3年ほど使っていました。

 

最近、アクセルを強めてもスピードが落ちてしまうということが
一度あり、マフラーはそこの部分が錆びだらけでした。

 

まだ、走れるものの、色々ガタが来て、あちこち修理
しているうちに1台新車が買えるくらいお金がかかって
しまうのではないかと思いました。

 

そこで、私は考えました。

 

「フィナステリドを飲むコストを毎年カットできている
のだから、原付が買えるのではないか。」と。

 

私は原付の新車を買うことに決めました。
購入手続きを済ませて、メーカーから
取り寄せてもらっているところです。

 

新しい原付に乗れるのが今から楽しみです。

 

 

このように、フィナステリドを飲まなくて済む
ようになってから、ほかのことにお金を使える
ようになりました。

 

毎年フィナステリドを飲むコストをカットできている
と考えるならば、毎年原付が帰る計算になりますね。

 

あなたもフィナステリドを飲まずに済むようになれば、
その分を色々なことに使うことができます。

 

私は、そういったフィナステリドを使わずに済む
方法をメルマガでお伝えする準備しています。

 

メルマガができたら、このブログでお知らせしますので、
その時はぜひ登録してください。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ