AGAを克服した私が考える薄毛の兆候その3:抜け毛が目立つ


bathroom

 

 

あなたは抜け毛が気になりますか。

 

私も、AGAを疑い始めた26歳くらいのころ、抜け毛が
気になりました。

 

当時はサ〇セスのシャンプーブラシを使っていたのですが、
ブラシにいっぱい髪が絡みつきました。

 

 

AGAを否定した医師からシャンプーブラシが頭皮によくない
ことを教えてもらってからは、手でシャンプーするように
なりました。

 

シャンプーブラシを使っていた時よりかは抜け毛は減ったと
思いますが、それでも多かったと思います。

 

脂漏性皮膚炎になりやすい体質ということもあって、
頭皮の皮脂を多くとりたいと思い、
シャンプー時に爪を立てて
頭皮をガリガリこすりました。

 

シャンプーブラシを使っていた頃ほどではないにせよ、
それなりに抜け毛が多かったと思います。

 

 

特に抜け毛が顕著だったのは28歳の時です。

 

 

私は、26~27歳くらいのころAGAを疑って何回も
皮膚科を訪ねましたが、そのたびにAGAを否定されました。

 

これほど長い期間何回も否定され続けたので、28歳のころは、
どうせ皮膚科に行ってもまた否定されるだろうと思い、
皮膚科には行きませんでした。

 

AGAではないと自分に言い聞かせたものの、だんだん抜け毛が
増え始めました。

 

特に、シャンプー時に抜け毛が増えました。

 

シャンプーしているときに髪がボロボロボロボロ
抜け落ちていくのを感じました。

 

シャワーの流れに乗って腕をつたってどんどん髪が
抜けていくのを感じました。

 

今思えば、あの28~29歳のころがAGAのピークだったのかも
しれません。

 

人によっては、枕に抜け毛が多くあったとか、
お風呂場の排水溝に抜け毛が多かったとか、
部屋を掃除していると抜け毛が多かったとか、
抜け毛の多さを自覚するところは様々です。

 

私の場合は、枕元はそれほどでもなかったのですが、
シャンプー時に抜け毛が目立ちました。

 

また、部屋を掃除するときに抜け毛が多い気がしました。

 

このように、人によって抜け毛が多く感じる場所は様々だと
思います。

 

 

よく、皮膚科医は健康な人やハゲてない人でも髪は抜けると
いいます。

 

 

私も何度も言われました。

 

 

確かに、フサフサの人でも髪は抜けます。
ヘアサイクルで成長期を終えた髪は抜けてまた生え変わるので。

 

しかし、正常に生え変わっているのかそれともAGAによって
抜け毛が増えているのか判断するのは、薄毛が進行していない状態では
難しいと思います。

 

抜け毛を気にしすぎると、精神的にもよくないですが、
油断は禁物です。

 

抜け毛に関しても適度に警戒し、薄毛が進行しないように
気を付けましょう。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ