おな禁で薄毛改善したい方にお伝えしたい育毛法


おな禁は薄毛に効果がある?

 

おな禁は薄毛に効果があるといわれていますが、
それはなぜなのか考えていきたいと思います。

 

オナニーははげるといわれていますが、
それは、射精の際に消費される栄養素が関係しています。

 

精子には、亜鉛やたんぱく質など髪の生成に必要なものが
含まれています。

 

射精によって、こういった栄養素が不足して
髪が抜けやすくなると考えられているため、
オナニーではげるといわれているようです。

 

おな禁をすることで、こういった栄養素の消費を避けられますので、
おな禁は薄毛の改善が見込めると考えられているようです。

 

ただ一方で、オナニーとはげの関係には
色々と意見があります。

 

例えば、オナニーで消費される亜鉛やたんぱく質は
それほど多くないという話があります。

 

消費量がそれほど多くないので、
オナニーだけではげることはないという
考え方もあるのです。

 

もちろん、回数が多ければ薄毛になるリスクがあるので、
その場合はおな禁で薄毛を改善する効果が見込めるかもしれません。

 

おな禁で薄毛改善の効果が見込めれば、
おな禁してもいいと思いますが、
おな禁でストレスをためてしまうと
かえって薄毛に逆効果です。

 

毎日の栄養バランスを適度に考えて、
適度に発散するのであれば、
おな禁で薄毛を改善することまで
考えなくてもいいかもしれません。

 

 

低コストで安全な育毛をはじめませんか?

 

あなたは、育毛の方法としてどのようなものを
知っていますか。

 

育毛シャンプーでしょうか。

頭皮に塗るタイプの育毛剤でしょうか。

それとも、プロペシア(フィナステリド)のような
AGA(男性型脱毛症)向けの薬でしょうか。

 

これらの中にも効果があるものもあるでしょう。

 

しかし、これらにはいろいろなデメリットがあります。

 

 

まずは、副作用です。

 

シャンプーは合わないものを使うと、頭皮が荒れる恐れなどが
あります。

 

育毛剤に関しても、頭皮がかぶれる恐れがあるものも
あります。

 

また、プロペシア(フィナステリド)には
男性機能の低下や肝機能障害などの副作用が
出るといわれています。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされていますが、
薬である以上、絶対に出ないとはいいきれません。

 

 

そのほかのデメリットとして、コストが挙げられます。

 

これらはコストがかかるものばかりです。

 

育毛シャンプーに関しては、5千円から1万円くらい、
高いものだともっとするでしょう。

 

育毛剤に関しても同様でしょう。

 

プロペシア(フィナステリド)に関しては、
保険が適応されないため、金銭的負担が大きいです。

 

私も服用していたことがありますが、
そのころは、毎月1万円もかかりました。

 

 

このように、育毛にはお金がかかるものや
副作用のリスクがあるものばかりなのです。

 

その一方で、もっと低コストで安全な育毛法があることは
あまり知られていません。

 

その方法にかかるコストはひと月当たり2千円以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切ないのです。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わず低コストで安全にフサフサの髪を取り戻すことは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで
コストを大幅にカットできる、
副作用のリスクを一切負わずに育毛できるなど
多くのメリットを得ることができるのです。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
薬を使わない育毛法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ