プロペシアが効く可能性は90%? 


oasis

 

■プロペシア服用と食事改善で育毛対策

 

プロペシアの服用を始めて1か月経ったころ、シャンプー時の

抜け毛が悪化せず、抜ける量が少し減った気がしました。

 

1か月に一度皮膚科に行き、頭頂部の写真を撮ってもらいました。

特に回復している様子は見られませんでした。
まだ、1か月なので変化がないのは当然だと思い、頑張って育毛
しようと思いました。

 

少しでも育毛にいいことをしようと思い、食生活を改善しようと

思いました。まず、肉を控えるようにしました。

 

私はもともと肉が大好きで、肉を食べると体が脂っこくなって

毛穴が詰まって抜け毛が増えると思ったからです。

 

また、納豆を食べるようにしました。納豆の原料である大豆には

イソフラボンが多く含まれています。イソフラボンは女性ホルモン

と似た働きをすると聞きました。

 

髪の毛は女性ホルモンが関係すると聞いていたので、育毛の足しに

なると思い、納豆を多くとるようにしました。

 

■有効な治療はプロペシアのみ。でも、他の対策をせずにはいられない

 

頭皮の毛穴を綺麗にしても、根本的な解決にはならないことは

よくわかっていました。

 

テストステロンがDHTになるのを防がなければ抜け毛を

阻止することができないからです。

 

しかし、AGAとわかった以上、少しでも抜け毛の原因となるものを

排除したかったので、頭皮が脂っこくならないよう気を付けました。

 

AGAの対策と直接関係なくても、少しでも抜け毛を減らしたい。

せめて、毛穴が詰まることによる抜け毛だけでも減らしたい。

 

私は必死でした。私にできることは、脂っこい食事を控え、

育毛にいいと思われるものを食べ、シャンプー等毛穴を綺麗に

して、脂漏性皮膚炎を防ぎ、AGA以外の抜け毛になる要素を

排除する以外にありませんでした。

 

AGA対策は100%プロペシアに依存せざるを得ませんでした。

私はわらにもすがる思いでプロペシアの服用を続けました。

 

医師の話だと、プロペシアが効く人の割合は80~90%くらいだ

そうです。私はその可能性にかけて服用を続けました。

 

プロペシアは効果を実感するまでにはある程度時間が必要な薬

です。私は辛抱強く髪の状態が回復するのを待つのでした。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ