逆立ちで育毛しなくても薄毛を克服できた理由


 

 

逆立ちが育毛にいいといわれているのはなぜ?

 

逆立ちが育毛にいいという話がありますが、
なぜ逆立ちが育毛にいいのか、考えてみたいと思います。

 

逆立ちが育毛にいい理由に関して色々探してみると、
頭皮に血液を送る点が挙げられています。

 

逆立ちすることにより、頭皮に血液が行き渡り
髪の成長に必要な栄養が髪に届くため
逆立ちは育毛にいいということのようです。

 

 

逆立ちは育毛にいいかどうか

 

上で見てきた理由により、逆立ちは育毛にいいと考えられています。

 

しかし、私は実際に逆立ちで育毛したことがないので
逆立ちして本当に育毛効果が得られるかどうかはわかりません。

 

ただ、髪の成長には頭皮に必要な栄養を届ける必要があるというのは
事実ですし、逆立ちすることで育毛効果が得られる可能性があるなら、
やってみる価値はあるのかもしれません。

 

 

逆立ちで育毛する前に薄毛を克服できてしまった

 

私は逆立ちで育毛するという話を知る前に
薄毛を克服できてしまいました。

 

なぜかといえば、ある育毛法に出会うことができたからです。

 

育毛といえば、プロペシア(フィナステリド)などの薬や
リアップX5などの育毛剤などお金がかかるイメージを持つ
場合が多いかと思います。

 

しかし、私が見つけたその育毛法では、
そういったものよりもずっと安くて済むのです。

 

その育毛法に関する詳細については、
下のほうにあるメルマガ登録フォームにて
メルマガにご登録いただいた方のみに
そっと明かしてしまいます。

 

もし、私が薄毛を克服した方法について
興味を持っていただけたのなら、
メルマガに登録してみてください。

 

まだ、登録を決めかねている場合は、
私がどのような経緯で薄毛を克服できたのか
お話ししたいと思います。

 

 

20代で若ハゲになってしまった

 

私は26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えました。

 

まさか、20代の若さで薄毛になるとは思わず
ショックを受けるとともにどのように育毛していいかわからず
困り果ててしまいました。

 

高額な育毛サロンに騙されるのは嫌だったので、
とりあえずドラッグストアなどで販売されている
抜け毛予防のスプレーを買って使ってみました。

 

 

しかし、それを使って抜け毛が減ることはありませんでした。

 

シャンプーブラシは頭皮の皮脂を除去して血行を促進するので
育毛にいいという宣伝内容を真に受けてシャンプーブラシで
頭皮をゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がもっとひどくなり、
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

あとで皮膚科医に聞いたのですが、
シャンプーブラシに関しては業者が儲けたいから
そう言っているだけで、実際にシャンプーブラシを使うと
頭皮が痛んで抜け毛がもっとひどくなるそうです。

 

食事に関しては、わかめを食べると髪が増えるという古い迷信を
真に受けてわかめを多めに食べてみました。

 

 

しかし、それで髪が生えることはありませんでした。

 

このように、私は育毛に関して見当違いなことばかり
していたのです。

 

 

29歳でAGA診断。プロペシア服用を開始する

 

仕事のストレスで薄毛になった3年後、私は29歳で
AGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)という薬の服用を
開始しました。

 

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
色々と問題がありました。

 

まずはコストです。

 

プロペシア(フィナステリド)は、健康保険が適応されず
全額自己負担で支払わなければならないため、
金銭的負担が大きい薬です。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

ハゲるのが怖くて、金銭的負担を負い続けて
1年間プロペシア(フィナステリド)を飲み続けました。

 

結果として、私はプロペシア(フィナステリド)に合計12万円も
かけましたが、満足な効果が得られたとはいいがたく
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることができなかったのです。

 

 

ミノタブを追加してフサフサになり、コストを減らせたものの・・・

 

プロペシア(フィナステリド)では満足できなかった私ですが、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加したことで満足な効果を
得ることができました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせは最強と言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を抑えている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

さらに驚くべきことに、この最強の組み合わせにかかるコストを
ひと月当たり約2千円までに削ることができたのでした。
(詳細についてはメルマガでお話ししています)

 

最強の育毛効果が得られるうえに、コストを大幅に削れることを
私は最初信じられなかったのですが、実際にやってみたら
1年もたたないうちにフサフサになることができました。

 

フサフサになれただけではなく、金銭的負担を大幅に減らせたことに
私は大変満足しました。

 

 

しかし、私はこの方法に強い不満を感じるようになりました。

 

それはなぜか。
この最強の育毛法にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・薬の服用をやめると
効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
併用することで効果的に育毛することができフサフサになることも
可能になります。

 

しかし、薄毛を完治させられるわけではないのです。
これらの薬の効果があるのは服用している間だけです。

 

従って、これらの薬の服用をやめれば効果がなくなり
再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、フサフサになれたとしても、髪を維持するために
一生これらの薬を飲み続けなければならないということなのです。

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

ある方法を発見したことで不満を解消できた

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に
不満を感じた私は、不満を解消すべく別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生何かにお金をかけ続ける
必要もありませんでした。

 

その方法に切り替えたところ、
プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に
頼らなくても髪が維持できるようになりました。

 

今では、毎月の育毛コストはゼロ円です。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)などの薬や塗るタイプの育毛剤などの
存在が目立っているためあまり知られていませんが、
生活習慣や体質の改善など薬を使わずに薄毛を克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを避けることができる、
最終的には毎月の育毛コストがゼロになるなど多くのメリットを
得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに薄毛を克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法について興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ