専門医が語る海藻類の薄毛への有効性


seeweed

 

よく、わかめやひじき、コンブなどが薄毛にいいという噂を耳に
しますね。私もこのようなうわさを真に受けて一生懸命海藻類を
食べていたことがありました。

 

はたして、本当にわかめや昆布など海藻類が髪を生やすのに有効か
どうか、専門医の意見を踏まえて考えていきたいと思います。

 

1. 海藻類が薄毛にいいという噂の根拠

 

昆布などの海藻類に含まれるヨードが髪にいい影響を与える、
または海藻類のミネラルが髪にいいというのが、海藻類が薄毛に
いいという噂の根拠らしいと専門医は述べています。

 

確かに、ヨードもミネラルも髪の毛を作るのに必要らしいのですが、
それだけでは効果は望めないようです。

 

昆布やワカメの色や形状がそういった噂を連想させるのではないか
と専門医は語っています。

 

 

海藻類に限らず、サプリメントも同じで特定の成分を摂取すること
で髪が育ったり黒くさせるという話には科学的根拠がないと専門医
は述べています。
(注1)

 

2. 栄養に気を付けることも必要

 

しかしながら、丈夫な髪を維持するためには、日ごろから食べ物に
気を付ける必要があると専門医は述べています。

 

 

極端なダイエットをして栄養失調になると、成長期にある髪の毛に
問題が生じ髪が抜けたり、髪の色が薄くなることがあるそうです。

 

栄養障害による脱毛や脱色は、栄養状態が改善されれば、元通りに
なるそうです。
(注2)

 

 

海藻類だけ食べてもAGAの対策にはなりませんが、食事に気を付けて
しっかりと栄養を取ることが髪にとっては重要だということでは
ないでしょうか。

 

3. 実際に食べてみて効果がなかった

 

私自身、このような噂を信じてわかめやひじきを一生懸命食べて
いた時期があります。

 

とにかく、少しでも薄毛にいいことをしたくて、いてもたっても
いられなくてわかめやひじきを食べました。

 

 

しかし、どんなにわかめやひじきを食べてもAGAによる抜け毛は
減りませんでした。

 

上で見てきたように、海藻類には確かに髪の毛に必要な栄養素が
含まれています。

 

 

しかし、それらを食べただけでは髪は増えません。

 

 

わかめなどの海藻類には、フィナステリドのように5αリダクターゼ
をブロックしてテストステロンがDHTになるのを防ぐ効果があるわけ
でもなければ、ミノキシジルのような発毛促進効果があるわけでも
ないようです。

 

ただ、栄養が偏りすぎると髪によくありませんので、より良い
育毛を目指すにはバランスよく食事をとることが大事だと思います。

 

 

当ブログでは、薬に頼らない育毛を目指していますが、よりよい
育毛を実践するための食事のとり方についても今後考えていきたい
と思います。

 

 

参考文献:板見智著 『専門医が語る毛髪科学最前線』 2009年 集英社出版

 

注1:参考文献 P153
注2:参考文献 P153~154

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ