シャンプーとハゲの関係について           


shampoo

 

前回、頭皮の脂はハゲの原因にはなりにくいのではないかという

ことをお伝えしました。

 

それでは、シャンプーは全く必要ないのでしょうか。私はそうは

思いません。

 

仮に育毛に効果がなかったとしても、シャンプーを必要とする人は

います。私がそうです。

私はフケ症で脂漏性皮膚炎になりやすい体質です。フケは

シャンプーじゃないと落とせないと思います。

 

脂漏性皮膚炎を防ぐうえでも、頭皮を清潔にする必要があります。

そういった意味でも、シャンプーは重要です。しかし、注意しない

と、シャンプーは抜け毛の原因となりえます。

そこで今回は、シャンプーとハゲの関係について考えていきたいと

思います。

 

■シャンプーに潜む危険性

 

シャンプーには界面活性剤という成分が含まれています。これに

より、髪の毛と頭皮を洗浄し、皮脂を取り除くことができます。

 

ただし、皮脂は頭皮を保護する働きがありますので、あまり

取り除きすぎると、それを補おうとして皮脂が過剰分泌して

かえって脂っこくなってしまいます。

ですので、シャンプーはほどほどにしたほうがいいそうです。

 

■シャンプーのしすぎはよくない。

 

シャンプーを1日2回するひとがいると聞いたことがありますが、

これは育毛にとっては良くないと思います。

 

なぜならば、頭皮に界面活性剤が残るリスクが高まるからです。

シャンプーの成分は念入りにすすがないと髪や頭皮に残ってしまい

ます。

 

界面活性剤が頭皮に悪影響を及ぼし、抜け毛の原因になることが

あるようです。

 

ですので、シャンプーを終える際、界面活性剤が残らないよう

すすぎをしっかりしておきたいですね。

 

髪や頭皮の汚れを落とすだけなら1日1回で十分でしょう。

 

■中にはお湯だけで洗う人も

 

湯シャンといって、シャンプーを一切使わずに、お湯だけで髪と

頭皮を洗う人がいるそうです。

湯シャンを実践して抜け毛が減ったという人も中にいるようです。

 

こういった人の場合、シャンプーを使用していたころは、

シャンプーのすすぎが不十分だったので、界面活性剤が頭皮に

残っていたため、抜け毛が悪化したと考えられます。

 

おそらく、お湯で洗った場合、シャンプーで洗って界面活性剤が

残るよりもましな状態になったので、結果的に抜け毛が減ったと

思われます。

 

■私の場合

 

私の場合は、弱酸性のシャンプーを使っています。理由は皮膚科の

医師に勧められたからです(具体的な商品を勧められたわけでは

ありません。)

医師によると、脂漏性皮膚炎には低刺激の弱酸性のシャンプーがいい

そうです。

 

ちなみに、私は花王のキュレルというシャンプーを使用しています。

弱酸性・無香料で使いやすいです。

 

今までずっと使ってきましたが、脂漏性皮膚炎や抜け毛が悪化

したことはないですね。

 

以上見てきたように、シャンプーは抜け毛の原因となりうる一方、

頭皮を清潔に保ったり、フケを洗い流したりするのに非常に

重要です。

 

私もかつては、シャンプーしてもフケが減らなかったり色々苦労

したこともありました。

しかし、色々試して今ではフケがあまり出なくなりました。

シャンプーについて見直すことは、抜け毛やフケ対策を改善する

きっかけになると思います。

 

 

 

 

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ