シャンプーブラシで抜け毛が増えた恐怖を経験者が語る

 

 

シャンプーブラシで抜け毛を増やしたくないならば・・・

 

シャンプーブラシで抜け毛が増えるというのは・・・
本当です。

 

忘れもしない、あれは私が26歳のころでした。

 

あの当時、私は仕事上で多くのストレスを抱えていました。

 

毎日ストレスをため続けた結果、
頭がハゲて白髪が大量に増えました。

 

まさか20代でハゲるとは思わず、大きなショックを受けました。

 

そのころは、育毛について何もわからず
困り果てていました。

 

そんな中見かけたのが、シャンプーブラシの宣伝です。

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を除去して血行を改善するので、
育毛にいいと宣伝されていました。

 

これなら抜け毛を減らして薄毛を改善できるかもしれない。

 

私は宣伝内容を真に受けて、シャンプーブラシを購入して
頭皮を一生懸命ゴシゴシ洗いました。

 

 

その結果どうなったか?

 

育毛にいいどころか、抜け毛がさらにひどくなり
風呂場の排水溝が抜け毛でいっぱいになってしまいました。

 

シャンプーブラシは育毛にいいんじゃなかったのか。
頭皮の皮脂を除去して血行を促進するはずのシャンプーブラシを
使ってなぜこんなに髪が抜けてしまうのか。

 

宣伝内容とは全くかけ離れたシャンプーブラシ使用後の結果に
私は戸惑いと同時に抜け毛に対する恐怖に恐れおののきました。

 

シャンプーブラシ使用後に風呂場の排水溝が抜け毛で
いっぱいになったあの光景は今でも忘れられません。

 

後に医師から聞きましたが、シャンプーブラシの業者は
儲けたいからそのように宣伝しているだけだそうです。

 

シャンプーブラシ自体に育毛効果はなく、
シャンプーブラシを使うと、頭皮が痛んで
抜け毛がもっとひどくなるのです。

 

そうとも知らずに、あの当時の私は
シャンプーブラシを使えば、抜け毛が改善されると思って
使ってしまったのです。

 

 

抜け毛が悪化するとも知らずに・・・。

 

 

このようにかつては、シャンプーブラシで抜け毛を悪化させた
私ですが、今では薄毛や抜け毛とは無縁の生活を送っています。

 

シャンプーブラシで抜け毛を悪化させたのち、
適切な育毛法に出会ったことでフサフサの髪を取り戻すことが
できたのです。

 

もしシャンプーブラシの宣伝に騙される前に
あの方法を知っておけば、抜け毛の恐怖を味わうことも
なかったでしょう。

 

あなたには、私のようにシャンプーブラシによる抜け毛の
恐怖を味わってほしくありません。

 

シャンプーブラシで抜け毛を増やす前に
適切な育毛法を実践すればフサフサになれるということを
知っていただきたいのです。

 

もし、私がどのような方法でフサフサになったのか
興味を持っていただけたなら、下のほうにある
メルマガ登録フォームよりメルマガに登録してください。

 

具体的な方法については、メルマガにてお伝えしています。

 

今なら無料で登録できますので、
今のうちに登録してみてはいかがでしょうか。

 

もし、まだ登録を決めかねている場合は、
私がどのようにしてフサフサになれたのか
お話ししますので、それを見て
登録を検討していただければと思います。

 

 

26歳で若ハゲの仲間入り。そして失敗の連続

 

先ほども述べたように、私は26歳で仕事のストレスで
頭がハゲて白髪が大量に増えました。

 

私にはハゲる要素がありました。
父親がハゲだからです。

 

父親からハゲの遺伝子を引き継いでいるので、
いずれはハゲと向き合う日も訪れるかもしれない。

 

しかし、父親がハゲたのは40代か50代のころでした。

 

なので、もし自分がハゲるとしても
それくらいの年齢からだと考えていました。

 

まさか、20代の若さでハゲるとは夢にも思わず
大きなショックを受けました。

 

それから私は、自力で育毛する方法を探しました。

 

シャンプーブラシに関しては、先ほど述べたように
大失敗でしたが、そのほかにもいろいろと失敗しました。

 

例えば、食事です。

 

古い迷信でわかめやこんぶなどの海藻類を食べると
髪が生えるというものがありますが、当時育毛の知識など
全くなかった私は、わらをもすがる思いで
たくさんわかめを食べました。

 

しかし、それで髪が生えることはありませんでした。

 

 

そのほか、ドラッグストアで売られていた抜け毛予防のスプレーを
買ってシャンプー後に欠かさず頭皮にかけてみました。

 

スプレー直後は、確かに爽快感のようなものが得られたのですが、
それで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

あのころは、何一つ有効な方法を見つけることができず、
時間がたつにつれてどんどん薄毛が悪化していきました。

 

 

29歳でAGA診断。プロペシアの服用を始める

 

仕事のストレスでハゲて白髪が大量に増えてから3年後、
29歳になったある日、シャンプーをしていると頭皮にできものの
ようなものができていました。

 

私はにきびができやすい体質で頭皮にできることも
珍しくありませんでした。

 

これは経験がないとピンとこないと思いますが、
頭皮ににきびができると、シャンプーの時に邪魔ですし
痛いのです。

 

私は皮膚科を訪ねて治してもらうことにしました。

 

にきびだと思っていたものは、イボであることが
わかりました。

 

医師は冷凍スプレーでイボを凍らせて治療するといいました。

 

不安になった私は、医師にこう聞きました。

 

「先生、そんなことをしたら毛穴が詰まってハゲませんかね?」

 

 

すると次の瞬間、医師の口から衝撃の一言が告げられました。

 

「いやあ~薄くなってるねえ。AGA(男性型脱毛症)だよ。
髪はまだ残ってるんだけど、細くなってるから
ハゲに見えるんだよねえ。」

 

思い込みでも心配しすぎでもなく、
医学的にハゲであると診断された瞬間でした。

 

それから、病院でプロペシア(フィナステリド)という薬を
処方してもらってAGA治療を開始しました。

 

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
健康保険が適応されず全額自己負担で支払わなければならないため、
金銭的負担が大きかったです。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかりました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果を得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得られませんでした。

 

プロペシア(フィナステリド)は、発毛を促進するというよりも
AGAによる抜け毛を食い止めるというディフェンス的なニュアンスが
強い薬です。

 

服用すれば確かに抜け毛は抑えられるのですが、
積極的に発毛を促すわけではないので、
なかなか効果を実感しにくいのです。

 

高額な割に効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を感じるようになりました。

 

 

ミノタブを追加してフサフサの髪を取り戻せた。しかし・・・

 

プロペシア(フィナステリド)に満足できなかった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加しました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)は
AGA治療最強の育毛法といわれています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

しかも、このAGA治療最強の薬の効果を
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで
得ることができたのです。
(詳細については、メルマガで述べています)

 

このおかげで、2か月程度で髪が太くなるのを感じることができ、
1年もたたないうちにフサフサの髪を取り戻すことができました。

 

コストを大幅に削ったうえにフサフサの髪を取り戻すことができたので、
私は大いに満足しました。

 

 

しかしそれでも、完全に満足することはできなかったのです。

 

むしろ日を追うごとに、不満が強くなっていきました。

 

 

フサフサになれたのに不満だったのはなぜ?

 

フサフサになれたこと自体には満足しました。

 

しかし、私は徐々に強い不満を抱くようになりました。

 

なぜならば、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)には
ある致命的な欠点があるからです。

 

 

その欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の併用は
AGA治療最強と言われるだけあって確かに効果があります。

 

これらでフサフサになることはもちろん可能です。

 

ただし、フサフサになったからといって
服用をやめてもいいわけではありません。

 

これらの薬の効果が維持できるのは、服用している間だけで
服用をやめれば効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生薬を飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

私はこのことに強い不満を感じていました。

 

 

不満を解消した安全な低コスト育毛法とは?

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に
不満を持った私は、ほかの方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲み続ける必要も
ありませんでした。

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
やめてその方法に切り替えました。

 

すると、これらの薬を服用しなくても髪が維持できるように
なりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの
薬や頭皮に塗るタイプの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずにフサフサになることは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを回避できる、
最終的には薬を服用しなくても髪が維持できるようになるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを
目的としていますが、副作用のリスクがない安全な育毛法を
特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました