植毛法を確立したのはアメリカ人だと思われていたが実は・・・


lawn

 

現代では、フィナステリドやミノキシジルなどAGAに効果がある
薬を入手することが可能であり、薄毛対策と言えば高額育毛サロン
か育毛剤という昔の時代と比べれば、育毛の選択肢がかなり増えた
のではないかと思います。

 

しかしながら、AGAがかなり進行してしまい、フィナステリドや
ミノキシジルといった薬では、大きな回復が見込めない場合、
植毛を希望する人がいるそうです。

 

そこで、今回は植毛についてお話ししたいと思います。

 

1. 世界初の植毛考案者は日本人だった

 

薄毛の治療法として植毛が始まったのは、1960年代のころだそう
です。

 

N・オーレントライヒというアメリカ人医師が1959年にパンチ
グラフト法という植毛法を発表し、1960年代以降世界中に広まった
そうです。

 

 

これにより、植毛法はアメリカ人が生み出したと思われていました
が、70年代になってから、パンチグラフト法を最初に考案したのは
日本人の奥田庄二医師であることがわかったそうです。

 

1939年に、奥田医師は動物実験を経てパンチグラフト法を確立し、
やけどで髪の毛を失った患者に手術を施して論文を発表したのだ
そうです。

 

オーレントライヒ医師の発表より20年も前ですが、奥田医師の論文が
掲載されたのが日本の医学雑誌だったため、長い間埋もれていたのだ
そうです。

 

2. パンチグラフト法とは

 

パンチグラフト法とは、後頭部や側頭部など脱毛していない部分の
皮膚を円柱状に切り取って、脱毛箇所に移植する手術法だそうです。

 

現在、最も広く一般的に行われている毛包単位移植法も、奥田医師
のパンチグラフト法を改良したものだそうです。

 

 

初期のパンチグラフト法では、後頭部や側頭部から移植片を円形で
採取し、そのまま移植したそうです。

 

しかし初期の方法では、仕上がりが不自然になるため、現在では
移植片のサイズが格段に小さくなっているそうです・
(注1)

 

3. 人工毛植毛は危ない。植毛は自毛で

 

植毛というと人工の髪の毛を頭に埋め込むというイメージを持ち
そうですが、人工毛植毛が盛んに行われていたのは1980年代までで、
アメリカではすでに人工毛植毛手術は禁止されているそうです。

 

手術後に、頭皮に炎症がおこるなど問題が生じる恐れがあるから
だそうです。

 

日本では、まだ人工毛植毛が行われているところもあるそうですが、
そういったリスクがあるので注意が必要です。

 

 

1990年代からは、自毛植毛手術の技術が進み、手術を受ける患者が
増えているそうです。
(注2)

 

 

フィナステリドやミノキシジルは、アメリカで開発されたのに
対し、世界初の植毛法は日本人医師によって考案されたというのは
興味深い話ですね。

 

 

私は、運よくひどくなる前にフィナステリド服用を開始し、その後
何とかしてAGAを克服しましたが、植毛やかつらを検討しなければ
ならないほど、AGAが進行した方々は相当つらい思いをされている
のでしょうね。

 

植毛やかつらも薄毛対策の方法であり、AGAが進行してからこれら
の対策を選ぶのもひとつの方法ではありますが、やはり薄毛が進行
する前にAGAを克服するのがベストだと私は考えます。

 

植毛やかつらを否定するわけではありませんが、当ブログでは、

なるべく植毛やかつらに頼らなくてもいい育毛法について考えて

いきたいと思います。

 

参考文献:板見智著 『専門医が語る毛髪科学最前線』 2009年 集英社出版

注1:参考文献 P90~91,94
注2:参考文献 P91~92

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ