ストレスでハゲるのは仕方がないとあきらめていませんか?


depressed

 

 

ストレスでハゲることがあっても希望を捨てないでください。

 

このブログにたどり着いたあなたも
ストレスでハゲるという経験をしてしまったのではないかと
思います。

 

そして、

 

「ストレスでハゲるのは仕方がない。」

「ストレスでハゲるのを受け入れるしかない。」

 

そんな風に思っていませんか。

 

もし、あなたがそんな風に思っているのなら
自信をもって言わせていただきます。

 

決してそんなことはありません。
ストレスでハゲることがあっても
それを克服できないということはないのです。

 

なぜそう言えるのか?
ストレスでハゲるという経験をした私が
今現在それを克服できているからです。

 

私は26歳のころに仕事のストレスでハゲて
白髪が大量に増えました。

 

あの当時は、育毛に関する知識は皆無で見当違いの
ことばかりして、抜け毛を悪化させる始末でした。

 

シャンプーの時に、風呂場の排水溝が抜け毛でいっぱいになったことも
一度や二度ではありません。

 

年を追うごとに悪化して、29歳の時にAGA(男性型脱毛症)と診断
されました。

 

そんな薄毛の暗黒時代を経験してきた私ですが、
30代の今は、薄毛が悪化したどころかフサフサになることができ、
薄毛とは無縁の生活を送っています。

 

そう、正しい方法で育毛すれば
仕事のストレスによるハゲを克服することは可能なのです。

 

ですので、ストレスでハゲてしまっても
決して希望を捨てないでください。

 

 

仕事のストレスでハゲてなぜそれを克服できたのか?

 

私は29歳でAGAと診断されてから、プロペシア(フィナステリド)という
薬の服用を開始しました。

 

このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
発毛を促進するというよりもAGAによる抜け毛を食い止めて
髪が太くなるまで辛抱強く待つというスタンスの薬だったので、
かなり根気のいる薬でした。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けても現状維持程度の
効果しかなく、満足な効果が得られませんでした。

 

しかし私はあるとき、プロペシア(フィナステリド)よりも
効果があり、ずっとコストが安く済む方法を見つけました。

 

プロペシア(フィナステリド)は保険が適応されないため
金銭的負担が大きく、私が服用していたころは、毎月1万円も
かかりましたが、その方法は1/5またはそれ以下のコストで
取り組むことができました。

 

プロペシア(フィナステリド)よりもはるかに低コストで
効果的な方法があることを私は最初信じられませんでしたが、
その方法を実践した結果、見事AGAを克服することができました。

 

 

ストレスによるハゲを克服したい方はぜひメルマガにご登録を

 

ストレスでハゲる経験をしたあなたに
私がAGAを克服した方法をお伝えすることで
きっとあなたのお役に立てるはずです。

 

そこで、今回メルマガをご用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガでは、仕事のストレスでハゲた私が
それを克服できた具体的な方法について
お伝えしています。

 

今なら無料で登録できます。
ストレスでハゲるのは仕方がないと思っていたけど、
やっぱり低コストでストレスによるハゲを克服したいと
考えているなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ