せめて休日の日は育毛にいい睡眠を


bed

 

あなたは休日の日は何時に寝ていますか。

 

休日の日は、日頃のストレスを発散して好きなことをして
夜遅くまで起きていたいですよね。

 

 

私もAGAを発症したころは、ストレスがピークに達していたので、
ストレスが多かったこともあり、休日の時でさえなかなか
夜の早い時間に寝付くことはできませんでした。

 

 

しかし、よい育毛を目指すうえで睡眠時間を見直すことは
重要です。

 

髪が育つ時間帯が22時から翌2時の間と言われています。
俗にいうゴールデンタイムですね。

 

 

ゴールデンタイムに起きていたり、寝る時間が不規則になると、
髪に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

とはいえ、忙しい現代社会で毎日規則正しく夜22時~翌2時の間に
睡眠時間を確保するというのは難しいですね。

 

私もAGAを発症するきっかけとなった仕事をしていた頃は、
仕事の都合上夜中の3時や4時に起きていたので。

 

以前の私のように、仕事の都合上ゴールデンタイムに
睡眠時間が取れない人も多いと思います。

 

もし、あなたも仕事の都合上でゴールデンタイムに
睡眠時間が取れない場合は、休日を利用することを
おすすめします。

 

私自身、休日の日は24時間自由に使えましたが、
ゴールデンタイムに寝ることは意識してませんでした。

 

今にして考えれば、育毛のことを詳しく調べて
睡眠時間のことも勉強しておけばよかったと
反省しています。

 

そうすれば、睡眠時間の重要性を認識できたはずなので。

 

あの当時、私は睡眠に関しては完全にないがしろにしていました。
せめて休日の時だけでも工夫してゴールデンタイムに
睡眠をとっておくべきでした。

 

職種にもよると思いますが、休日の日はたいていその日一日は
24時間を自由に使えると思います。

 

自由に使える日だけは、なるべくゴールデンタイムに睡眠をとる
ようにすれば、育毛にもいい効果を得られると思います。

 

もちろん、普段の勤務時間が22時~翌6時で休みの日だけ
ゴールデンタイムに寝てしまうと、普段の仕事の日と
睡眠時間が異なり、生活リズムが崩れてしまうと思います。

 

もしあなたがそういった夜勤勤務の場合、
無理してゴールデンタイムに
寝なくてもいいと思います。

 

もしあなたが普段の仕事で夜の2時か3時くらいまで
起きている場合、休みの日だけは22時から睡眠をとる
工夫をすることができるかもしれません。

 

育毛に有効な休日の過ごし方の一つとして
ゴールデンタイムに睡眠をとるということを
検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ