全スカの原因を見据えた低コスト育毛法とは?


thinninghair

 

 

全スカの原因について

 

全スカの原因というのは、薄毛の原因のことを指すと思うので、
そういった前提で、全スカの原因について話を進めていきたいと
思います。

 

全スカの原因の一つとしてAGA(男性型脱毛症)が
挙げられます。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが
ある還元酵素の影響を受けるとジヒドロテストステロン(DHT)
という悪性の男性ホルモンに変換されます。

 

このDHTが抜け毛を引き起こすことでAGAが
発症してしまうのです。

 

AGAが悪化すれば、全スカの原因にもなるでしょう。

 

その他の全スカの原因として、不規則な生活習慣、ハゲやすい体質、
血行不良、栄養の偏り、過度のストレスなどが挙げられます。

 

 

全スカは薬や育毛剤で解決できそうだけど・・・

 

今現在、様々なAGA治療薬や育毛剤があり、
実際に効果があるものも多いです。

 

例としては、飲み薬のプロペシア(フィナステリド)、
塗るタイプの育毛剤のリアップX5などが挙げられます。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGAによる抜け毛を食い止める効果、
リアップX5に含まれているミノキシジルには発毛を促進させる
効果があります。

 

これらを併用することで相乗効果を得られ、効果的に
育毛することが可能になります。

(プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットを
併用する場合でも同じく相乗効果が得られます)

 

 

しかし、これらの薬や育毛剤は不十分なのです。

 

なぜかといえば、これらにはいくつかデメリットが
あるからです。

 

 

まず、コストが高いです。
プロペシア(フィナステリド)は保険が適応されないため、
毎月1万円はかかるでしょう。

 

リアップX5も1ヶ月で7,000~8,000円はすると思います。

 

両方を併用すると、毎月2万円近くのコストが
かかる計算になります。

 

 

また、薬や育毛剤には副作用があります。

 

プロペシア(フィナステリド)は男性機能の低下や肝機能障害、
リアップX5は頭皮がかぶれる副作用があります。

 

全員に副作用が出るわけではありませんが、
これらを使用するということは、少なからず副作用のリスクを
負うことになります。

 

 

そして、これらの薬や育毛剤にはある致命的な欠点があります。

 

それは・・・使用をやめると効果がなくなることです。

 

 

これらの効果でフサフサになることは確かに可能ですが、
全スカが完治するわけではありません。

 

これらの効果があるのは使用している間だけですので、
使用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生薬や育毛剤を
使い続けないといけないということなのです。

 

私もこの点については大いに不満を持ちました。

 

 

薬や育毛剤に頼らずに全スカを回復させるためには?

 

上で見てきたように、薬や育毛剤を使った育毛にはいろいろと
デメリットがあります。

 

しかし、それらのデメリットを解消する方法は
存在するのです。

 

その方法にかかるコストは、プロペシア(フィナステリド)単独の
1/5以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切ありません。

 

もちろん、一生薬や育毛剤を使い続ける必要もありません。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

育毛の手段として薬や育毛剤が主流であるため
あまり知られていませんが、薬を使わずに全スカを回復させることは
可能なのです。

 

低コストかつ安全に全スカを回復させる手段があることを
あなたにも知っていだたきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬や育毛剤に頼らない安全な育毛を特に重視しています。

 

今なら無料で登録できます。
あまりお金をかけず安全に全スカを回復させる育毛に取り組みたいと
考えているなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ