たばこではげる人がフサフサになるための育毛法とは?


manycigarettes

 

 

たばこではげると悩んでいるあなたへ

 

たばこではげると聞いたけど、実際にたばこを吸っていて
はげてきた気がする。

 

たばこはやめれられないけど、はげるのも嫌だ。
どうしよう。

 

あなたはそんな悩みをもってこのブログに
たどり着いたのではないでしょうか。

 

たばこははげるという話は、私も聞いたことがあります。

 

では、なぜたばこを吸うとはげるのか、
具体的な根拠について考えていきましょう。

 

 

①たばこではげる理由その1―血流が悪くなる

 

まず、たばこを吸うと血流が悪くなるために
はげると考えられています。

 

たばこに含まれているニコチンが血管を収縮させ
血流を悪化させます。

 

髪は毛細血管から栄養を吸収して成長するので、
血流が悪くなると髪が十分に成長しません。

 

これがたばこではげる理由の一つであると
考えられています。
②たばこではげる理由その2―男性ホルモン増加

 

たばこを吸うと男性ホルモンが増加するといわれています。

 

男性ホルモン自体は、薄毛の原因にはなりませんが、
男性ホルモンの一種であるテストステロンが
ジヒドロテストステロン(DHT)に変化すると
AGA(男性型脱毛症)を発症します。

 

たばこを吸う人は吸わない人に比べてこのDHTが
増加する傾向があるという研究結果もあるようです。

 

たばこを吸うことによってDHTが増えれば、当然
AGAが悪化し、抜け毛が増えます。

 

たばこではげるという話は、こういった研究結果にも
基づいているようです。

 

 

③たばこではげる理由その3―頭皮が乾燥する

 

たばこを吸うと、肌の水分が奪われます。
頭皮も肌の一部であるため、頭皮の水分が奪われれば
頭皮環境が悪化してはげる原因になります。

 

 

ここまで、たばこではげる理由についてみてきましたが、
たばこではげるという話にもしっかりとした根拠があるということは
お分かりいただけたかと思います。

 

 

たばこをやめれば、はげることはないのか?

 

では、たばこをやめれば、はげることはないのでしょうか。

 

必ずしもそうではないように思います。

 

私自身はたばこをすわないのですが、26歳で仕事のストレスではげて
白髪が大量に増えました。

 

薄毛が悪化し、29歳でAGAと診断されてしまいました。

 

禁煙すれば、たばこではげるという事態は避けられます。
しかし、AGAを発症した場合は、たばこをやめるだけでははげるのを
防ぐのは難しいです。

 

そのことは、たばこを吸わないのにはげるのを防げなかった私が
痛感しています。

 

たばこはやめられれば望ましいですが、それがストレスになると
かえって逆効果にもなりかねません。

 

禁煙だけでなく、適切な育毛法にも目を向けていくことが
大事です。

 

では、適切な育毛法とはどのようなものか、
次に見ていきましょう。

 

 

たばこを吸わない私がはげるのを克服できた理由とは?

 

AGAの治療薬としてプロペシア(フィナステリド)が有名です。
私も最初はプロペシア(フィナステリド)で育毛していました。

 

しかし、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
値段が高い割には効果が薄い薬だったのです。

 

そのことに不満を持った私は、別の方法を探しました。

 

すると、ある方法を見つけることで気づくことができました。

 

それは、食事をはじめとする生活習慣やマッサージ、
シャンプーを適切に行えば、薬の副作用のリスクを負うことなく
低コストでAGAを克服できるということです。

 

たばこではげると悩んでいるあなたにも
是非、このことを知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガにご登録いただければ、
低コストで安全にフサフサになれる育毛法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
たばこをやめるのは難しいけどはげるのは嫌だ、
まずは禁煙以外でいい育毛を始めてみたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ