短髪で薄毛対策したい方のための低コスト育毛法


 

 

短髪で薄毛対策を考えているあなたへ

 

このブログに来たあなたは、短髪で薄毛対策をしようと
考えているのだと思います。

 

確かに、短髪は薄毛にいいという話があります。

 

では、なぜ短髪は薄毛にいいのでしょうか。

 

短髪が毛根に負担がかからないことが
薄毛にいい理由として考えられます。

 

薄毛によくない髪型として長髪が挙げられます。

 

別に、長髪そのものが悪いというわけではないのですが、
長髪にしてしまうと、起きている間は髪全体に重力がかかり
毛根に負担がかかるため、薄毛によくないといわれています。

 

その点、毛根に負担のかからない短髪は薄毛にいいと
考えられるのです。

 

それに、短髪だと髪を洗うのも楽ですし、
シャンプーをそれほど使わないため、
すすぎ残しの心配もしなくて済みます。

 

シャンプーには、界面活性剤など頭皮に残すと
髪の発育に悪影響を与えかねない成分がありますので、
そういった成分が残りやすい長髪と比べると、
短髪は薄毛にいいといえるでしょう。

 

このように、長髪と比べると短髪のほうが
薄毛にいい点が色々とあります。

 

 

しかし、短髪にしただけでは髪は生えてきません。

 

短髪で薄毛の悪化を防ぐことも大事ですが、
髪を育てる活動も並行してやっていく必要が
あると思うのです。

 

では、それにはどうすればいいのか、
これからお話ししていきたいと思います。

 

 

短髪で薄毛対策しつつ低コストかつ安全に育毛するには

 

あなたは育毛というとどのようなものを思い浮かべるでしょうか。

 

頭皮に塗るタイプの育毛剤でしょうか。
それとも、プロペシア(フィナステリド)などの
AGA(男性型脱毛症)向けの飲み薬でしょうか。

 

こういったもので育毛することはもちろん可能です。

 

しかし、これらにはいろいろと欠点があるのです。

 

まずはコストです。
育毛剤にしても、飲み薬にしても、
健康保険が適応されないため、金銭的負担が大きいのです。

 

ひと月当たり8千円から1万円かかるものばかりです。

 

そのほかの欠点として、副作用のリスクがあります。

 

特に、プロペシア(フィナステリド)には男性機能が低下する
リスクがあり、これを恐れて服用を見合わせる男性は
非常に多い印象です。

 

 

このように、育毛剤や飲み薬による育毛は欠点が多いです。

 

その一方で、もっと金銭的負担を減らして
副作用のリスクを負わずに育毛する方法があることは
あまり知られていません。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下です。
しかも、副作用のリスクが一切ありません。

 

私も最初はプロペシア(フィナステリド)などに頼っていましたが、
後にその方法に切り替えたところ、金銭的負担を大幅に減らして
薄毛を克服することができました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わず低コストで安全に薄毛を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛法であれば、
金銭的負担を大幅に減らすことができますし、
副作用のリスクなく安全にフサフサの髪を
取り戻すことができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクなく安全に育毛できる方法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに薄毛を克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
短髪で薄毛に負担がかからなくするだけでなく、
低コストで安全にフサフサの髪を取り戻したいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ