テストステロンを減らすと薄毛が治ると思っていませんか?


 

 

テストステロンを減らすことと育毛は無関係?

 

テストステロンを減らすと薄毛を改善できる。

 

このブログに来たあなたもそのように考えていたのではないかと
思います。

 

テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、
このDHTによって脱毛が生じることでAGA(男性型脱毛症)は発症すると
言われています。

 

AGAの発症にはテストステロンが関係しているので、
テストステロンを減らす以外に抜け毛を抑える方法はないと
私も思っていました。

 

 

しかし、これが誤りであることを後に知りました。

 

実は、テストステロンを減らす以外にも
抜け毛を抑える方法があるのです。

 

私がどのようにしてそういった方法を見つけたのか、
これからお話ししていきます。

 

 

私もかつてはプロペシア(フィナステリド)を服用していた

 

 

 

かつては、私もプロペシア(フィナステリド)を服用していました。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用することで、
テストステロンを減らすことで抜け毛を抑えることが
できると考えていたからです。

 

厳密に言えば、テストステロン自体を減らすのではなく、
5αリダクターゼをブロックしてテストステロンがDHTになるのを
防ぐことがプロペシア(フィナステリド)の効果になります。

 

プロペシア(フィナステリド)は、健康保険が適応されず
全額自己負担であるため、金銭的負担が大きい薬です。

 

私が服用していたころは、ひと月1万円もかかりました。

 

金銭的には厳しい面がありましたが、
抜け毛の恐怖におびえていた私は、頑張って
プロペシア(フィナステリド)を続けました。

 

私は1年間プロペシア(フィナステリド)を続けて
合計12万円もかけましたが、満足な効果を得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得られませんでした。

 

プロペシア(フィナステリド)は、発毛を促進するというよりも、
AGAによる抜け毛を抑えるという意味合いの強い薬です。

 

確かに、抜け毛は減らすことができるのですが、
積極的に発毛を促進するわけではないので
効果が実感しにくいのです。

 

私は金銭的負担が大きいわりに満足な効果が得られない
プロペシア(フィナステリド)に対して不満を持つように
なりました。

 

そこで、育毛法を変えることにしました。

 

 

ミノタブ(ミノキシジル)を追加して満足な効果が得られたが・・・

 

 

 

プロペシア(フィナステリド)に不満を感じた私は、
AGA治療最強と言われる育毛法を試してみることに
しました。

 

それは・・・プロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)の併用です。

 

この2つの薬の併用はAGA治療最強と言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

通常は、プロペシア(フィナステリド)にミノタブ(ミノキシジル)を
追加するので、コストが上乗せになるのですが、
なんとプロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下で
この2つの薬の効果を得る方法を見つけることができました。
(具体的な内容は後述のメルマガにて公開しています)

 

これだけコストカットできるうえに、AGA治療最強の育毛効果を
得られることに驚きましたが、私はこの方法を試してみることに
しました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)だけでは満足な効果を
得られなかったのに、2ヶ月ほどで髪が太くなるのを
感じることができました。

 

この方法を続けた結果、1年もたたないうちに
フサフサになることができてしまいました。

 

これほど低コストでフサフサになれるとは
思ってもみませんでしたが、私は大変満足しました。

 

しかし、私はこの方法にも徐々に不満を持つようになったのでした。

 

 

AGA治療最強の育毛法に不満を持った理由

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効果を低コストで得られたことに最初のうちは満足していました。

 

しかし、私はこの方法にも不満を覚えるようになったのです。

 

なぜならば、この方法にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その欠点とは、服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)は
AGAに対して効果があり、併用すれば効果的に育毛できます。

 

フサフサになることももちろん可能です。

 

しかし、効果があるのは服用している間だけです。
服用をやめれば効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、たとえフサフサになれたとしても
髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブ(ミノキシジル)を飲み続けなければならないと
いうことなのです。

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

ある方法により不満を解消し、毎月の育毛コストがゼロ円になった

 

 

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
併用に不満を感じたため、別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストもひと月当たり2千円以下で
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下のコストで
できる内容でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブ(ミノキシジル)のように一生薬を飲み続け
育毛にお金をはらい続ける必要もなかったのです。

 

私はその方法を試してみることにしました。

 

その結果、プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブ(ミノキシジル)を飲まなくても髪を維持できるように
なりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

薬や育毛剤などによる育毛が目立っているため
あまり知られていませんが、生活習慣や体質の改善等
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを負わずに済む、
最終的には、毎月の育毛コストがゼロ円になるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法のメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりコストをかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わずに
AGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全で一生薬を飲まなくてもいい
育毛法に興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ