タバコと抜け毛について考えてみませんか?


tabacco

 

タバコを吸うと抜け毛が増えるという話があります。どうして

タバコを吸うと抜け毛が増えるのでしょうか?今回はタバコと

抜け毛の関係について考えたいと思います。

 

■ニコチンが髪に悪影響を与える

 

タバコの有害物質としてニコチンは有名ですね。ニコチンにより

血管が収縮してしまい、血管が細くなり血流が悪くなります。

そうなると、髪に必要な栄養分が頭皮に届きにくくなります。

 

■ニコチンはビタミン類を破壊する

 

ビタミンCは栄養の吸収を促進する働きがあります。そして

ビタミンEには血行を正常に保つ効果があり、毛髪にいい効果を

与えます。

 

ニコチンによりビタミンCが破壊され、ビタミンEの吸収率が

下がってしまうと、髪の毛に必要な酸素や栄養の運搬に支障を

きたしてしまい、薄毛へとつながっていくのです。

 

このようにタバコを吸うと、髪の毛に必要な栄養の運搬を阻害

してしまうので、結果として抜け毛に繋がってしまいます。

 

■タバコを吸うと男性ホルモンが増える

 

Harvard School of Public Health(日本語に訳すと「ハーバード

大学公衆衛生学部」という感じでしょうか)がある調査を行い

ました。

 

アメリカ人中年男性1241人を対象とし、非喫煙者と喫煙者の

ホルモンを比較しました。

すると、喫煙者の方が非喫煙者より13%DHTの割合が高かった
のです。

 

この調査により、タバコを吸うとDHTが増加し、抜け毛が増えると

読み取れることができるのではないでしょうか。

 

ただし、喫煙者皆がハゲるわけではありません。AGAでハゲる人は

アンドロゲンレセプターという受容体の感受性が高い人です。

受容体の感受性が高い人がタバコを吸うと、DHTが増えてしまい、

増加したDHTが受容体と結びついて抜け毛が悪化すると考えられる

のではないでしょうか。

 

以上により、タバコは薄毛の原因になり、AGA治療の妨げになる

ことはご理解いただけたかと思います。

 

私自身は、喫煙習慣がないのですが、愛煙家の方にとってタバコが

AGAによくないという事実はつらいものなのかもしれません。

お仕事の休憩中に一服したり、お仕事が終わって休憩するときなど

愛煙家の方にとってタバコはリラクゼーションのような役割がある

という印象があります。

 

ですので、タバコが薄毛によくないからと言ってタバコを手放す

のはつらいですよね。

 

もし、AGAを克服したいというお気持ちがあるのであれば、一気に

タバコを止めるのではなく、本数を減らすところから始めるなど

できるところから少しずつ取り組むということもできます。

また、禁煙をする人のために禁煙補助薬というのもあるそうです。

まずは、できるところから始められてはいかがでしょうか?
 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ