頭頂部のスカスカを安全かつ低コストで回復させる育毛法について


 

 

頭頂部がスカスカになる原因は?

 

頭頂部がスカスカになる原因には様々なものが
考えられます。

 

頭頂部がスカスカになる原因にはどのようなものがあるのかを
見たうえで、スカスカを回復させる方法について
お話ししたいと思います。

 

 

ストレスが原因で頭頂部がスカスカに

 

 

ストレスは、頭頂部がスカスカになる原因の一つとして
挙げられます。

 

私自身、26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えました。

 

私の場合、M字ではなく頭頂部が薄くなるタイプでした。

 

その仕事は後にやめることになりますが、
もし、あの時仕事を辞めずにずっと続けていたら、
薄毛がもっと進行して頭頂部がスカスカになっていたことでしょう。

 

考えるだけでもぞっとします。

 

私の場合は、仕事を辞めるという方法で
仕事のストレスを解消しましたが、ストレスの原因が仕事である場合、
必ずしも辞めなければならないというわけではありません。

 

休日に趣味の時間を作るなど、ストレス解消をすれば、
ストレスが原因で頭頂部がスカスカになるリスクを
減らすことができるでしょう。

 

 

生活習慣も頭頂部がスカスカになる原因に

 

 

髪によくない生活習慣も頭頂部がスカスカになる原因になると
考えられます。

 

食生活について考えてみましょう。

 

現代社会では色々と忙しく、栄養バランスを考えて
食事をとるというのは難しいと思います。

 

私自身も経験があるのでよくわかるのですが、
忙しいとレトルトやカップラーメンなどすぐにできるものに
頼ってしまいがちです。

 

しかし、こういったものは栄養が偏っているので、
髪の成長に必要な栄養素をとるのは難しいでしょう。

 

髪に必要な栄養素が取れなければ、髪が十分に成長せず、
薄毛の原因になり、下手をしたら頭頂部がスカスカになりかねません。

 

肉、魚、野菜、ごはんなど栄養バランスを考えて
色々なものを食べるようにするといいでしょう。

 

 

そのほか、不規則な睡眠も髪にあまりよくありません。

 

髪のゴールデンタイムは夜10時から翌2時までといわれていて、
この時間帯に髪が修復され成長が促されます。

 

睡眠時間が不規則になると、髪の修復や成長に
支障をきたす恐れがあるでしょう。

 

 

しかし、現代社会においてこの時間帯に睡眠をとるのは
難しいと思います。

 

休日の時だけこの時間帯に睡眠をとるようにするなど
工夫すればいいのではないかと思います。

 

 

頭頂部がスカスカになる原因として男性ホルモンはどうか?

 

 

頭頂部がスカスカになる原因として男性ホルモンを
挙げる人がいます。

 

あなたも聞いたことがあるかと思いますが、
薄毛の原因の一つにAGA(男性型脱毛症)というものがあります。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼの
影響を受けてDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

 

このDHTによって抜け毛が生じると考えられています。

 

5αリダクターゼを抑制し、テストステロンがDHTになるのを
防ぐ薬としてプロペシア(フィナステリド)が有名です。

 

私自身、DHTを抑制しなければ、
抜け毛を食い止めることができないと思っていたので、
プロペシア(フィナステリド)を飲んでいました。

 

 

しかしある時、この考えが誤りであることに気が付きました。

 

実は、抜け毛や薄毛の大半は、頭皮環境や生活習慣、
体質等が原因なのです。

 

仮にAGAと診断されたとしても、頭皮環境や生活習慣、体質を
改善していけば、プロペシア(フィナステリド)などに
頼らなくても抜け毛や薄毛を克服することができるのです。

 

わたしがどのようにして、その事実を知ったのか。
これからお話ししていきます。

 

 

プロペシアに不満を持ったことがきっかけでフサフサに

 

 

私はプロペシア(フィナステリド)を飲んでいたことがありますが、
色々と不満を感じるようになりました。

 

まず、私はプロペシア(フィナステリド)のコストに
不満を感じました。

 

プロペシア(フィナステリド)は、健康保険が適応されないため、
金銭的負担が大きい薬です。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間続けたので、合計12万円もかかってしまいました。

 

それで効果があるのならまだいいのですが、
満足な効果が得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることができませんでした。

 

金銭的負担が大きいわりに効果が薄いプロペシア(フィナステリド)に
私はだんだん不満を感じるようになりました。

 

まずは、コストを何とかしようと色々と探しました。

 

 

そして、ある方法を見つけました。

 

なんと、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効果をひと月当たり2千円程度で得られる方法があったのです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
併用はAGA治療最強の育毛法といわれています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を抑えている間に、
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能になるからです。

 

私は、その方法を試してみることにしました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかった
私が、2ヶ月ほどで髪が太くなるのを感じることができたのです。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることができました。

 

それまでとは比べ物にならないほど金銭的負担が減ったうえに、
フサフサの髪も取り戻すことができたので、私は非常に満足しました。

 

 

しかし、私はこの方法にも徐々に不満を持つようになったのです。

 

 

AGA治療最強の組み合わせに不満を持ったのはなぜ?

 

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効果を信じられないほど低価格で得られた上にフサフサになれたことに
最初のうちは満足していました。

 

しかし、私はこの方法にも不満を持つようになりました。

 

AGA治療最強の組み合わせに対して不満を持った理由それは・・・
薬の服用をやめると効果がなくなるからです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)で
効果的に育毛することができ、フサフサになることは
確かに可能です。

 

 

しかし、フサフサになったからといって
薄毛が完治するわけではなく、服用をやめれば効果がなくなり
再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブ(ミノキシジル)を飲み続けなければならないと
いうことなのです。

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

不満を解消して完全に薄毛を克服できた

 

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
こういった欠点に不満を持ったため、その不満を解消するために
別の方法を探しました。

 

その結果、生活習慣や体質などを改善して
薄毛を克服する方法に出会いました。

 

コストに関しても、ひと月当たり2千円以下で取り組むことができ、
薬を使わないため副作用のリスクも一切ありませんでした。

 

もちろん、髪を維持するために一生何かにお金を
払い続ける必要もありませんでした。

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
服用をやめてその方法に切り替えました。

 

そして、その方法を続けたおかげで薬を使わずに
髪が維持できるようになったのです。

 

今では、フサフサの髪を維持するために
お金は一切使っていません。

 

あなたもこの方法を実践すれば、
頭頂部がスカスカだという悩みを解消できるだけでなく、
最終的には育毛にお金をかける必要がなくなります。

 

是非、あなたにも薬に頼らない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わずに
フサフサの髪を維持できるようになった方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストで安全に頭頂部のスカスカをフサフサにできる育毛法に
興味を持っていただけたのなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ