ハゲる人の特徴を持つ私でもAGAを克服できた


dutchbaldman

 

 

ハゲる人の特徴を持つあなたへ

 

ハゲる人の特徴にはいろいろあります。

 

 

父親がハゲている(遺伝的要素)、男性ホルモンが多い、
仕事で過剰なストレスを受ける・・・

 

 

あなたにもハゲる人の特徴として、心当たりのあるものが
あるのではないでしょうか。

 

 

実は、これらハゲる人の特徴はすべて私に当てはまります。

 

 

私の父親もハゲています。
従って、私は遺伝的にハゲる人の特徴を持っているのです。

 

 

男性ホルモンも多いです。
中学2年生くらいのころ、すね毛とケツ毛が爆発的に増えました。

 

顔に皮脂がたまってたくさんにきびができました。

 

さすがに中学生の時にはハゲませんでしたが、
この時に男性ホルモンが多い体質が定着したので、
ハゲる人の特徴をこの時に持ってしまったことに
なるかと思います。

 

 

仕事によるストレスもハゲる人の特徴として
見過ごせません。

 

私は、26歳のころに仕事上で過剰なストレスを受けて、
薄毛になり白髪が大量に増えました。

 

ハゲる人の特徴を自分が持っていたことは何となく自覚していましたが、
まさか20代でハゲるとは思わず、本当にショックでした。

 

 

ハゲる人の特徴を持つ私ですが、30代の現在
ハゲが悪化したかというと、決してそんなことはありません。

 

むしろ、フサフサになっています。

 

 

そう、ハゲる人の特徴を持つ人でもハゲを克服することは
可能なのです。

 

その証拠に、ハゲる人の特徴を持つ私は、
ハゲを克服することに成功しました。

 

なぜ、ハゲる人の特徴を持つ私がそれを克服できたのか?
次に見ていきたいと思います。

 

 

ハゲる人の特徴を持った私に適した育毛を実践

 

ハゲる人の特徴を持つ私がハゲを克服できた理由それは、
ハゲる人の特徴を持つ私に適した育毛を実践したからに
ほかなりません。

 

私は26歳で仕事のストレスで薄毛になり、29歳で
AGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)という薬を
服用しました。

 

しかしながらこのプロペシア(フィナステリド)という薬は、
AGAによる抜け毛を食い止める効果があるものの、
積極的に発毛を促進するわけではないので、なかなか
効果を実感できませんでした。

 

プロペシア(フィナステリド)を1年間続けても
満足な効果が得られず、せいぜい現状維持程度に
とどまりました。

 

プロペシア(フィナステリド)のみでは満足できなかった私は、
ミノタブを追加することにしました。

 

AGAによる抜け毛を食い止めるプロペシア(フィナステリド)に対し、
ミノタブは発毛を促進する薬です。

 

これらを併用することで抜け毛を抑えつつ発毛を促進するので
効果的に育毛することが可能になるのです。

 

これらを併用した私は、AGAと診断されたとは思えないほど
髪を回復させることができました。

 

ハゲる人の特徴を持ち、AGAと診断された当時の私にとっては、
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用が
適切な育毛法でした。

 

 

しかし、この効果的な育毛法にも不満を抱くようになったのです。

 

 

フサフサになったのに不満を持ったのはなぜ?

 

確かに、ハゲる人の特徴を持つ私にとって、
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用は効果的な薬
でした。

 

 

しかし、私はこれらの薬に不満を持つようになりました。

 

 

それはなぜか?
これらの薬にはある致命的な欠点があるからです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの致命的な欠点とは・・・
服用をやめると効果がなくなることです。

 

これらの薬を飲むことでAGAを克服することは可能ですが、
AGAを完治させられるわけではありません。

 

これらの薬は服用をやめれば効果がなくなり
再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持したければこれらの薬を一生
飲み続けなければならないということなのです。

 

私はこのことに強い不満を持つようになりました。

 

 

不満解消のためにしたこと

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブに不満を持ったため、
その不満を解消すべく別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

 

その方法にかかるコストは、プロペシア(フィナステリド)単独の
1/5以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切ありませんでした。

 

そして何より、髪を維持するために一生薬を飲み続けなくても
いい方法だったのです。

 

 

私にとっては、喉から手が出るほどほしい育毛法でした。

 

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブをやめて
その方法に切り替えました。

 

その方法を実践した結果、最終的には薬を使わずに髪が維持できるように
なっただけでなく、毎月の育毛コストがゼロ円になりました。

 

こうして私は、AGAを克服することができたのです。

 

 

私の不満を解消し、私をAGA克服へと導いた育毛法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブなど薬による育毛が
主流であるためあまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを
克服することは可能なのです。

 

 

ハゲる人の特徴を持っているからと言って、ハゲを受け入れる
必要などまったくない。

ハゲる人の特徴を持っていても低コストでハゲ(AGA)を
克服することができる。

 

あなたにもその事実について知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガをご用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

名前の通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
ハゲる人の特徴を持つ私がどのようにして薬に頼らず
AGAを克服することに成功したのか、その秘密を明かします。

 

今なら無料で登録できます。
ハゲる人の特徴を生まれつき持ってしまった。
でも、ハゲを克服したい、それほど安全でコストがかからない
育毛があるならぜひ知ってみたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ