湯シャンではげを治したい方のための育毛法


showerwater

 

 

湯シャンではげはよくなる?それとも悪化する?

 

湯シャンではげが良くなるという話があります。

 

芸能人でやっている人がいるということで、
注目を集めている湯シャンですが、果たして本当に
はげにいいのでしょうか。

 

湯シャンがはげにいい根拠として、
シャンプーのように界面活性剤など頭皮に良くない成分が
付着しない点を挙げている人もいます。

 

界面活性剤は、洗浄力の強い成分ですが、
その強い洗浄力ゆえ、必要以上に頭皮の皮脂を除去してしまうと、
皮脂の不足分を補おうとして皮脂が過剰分泌され、
頭皮環境が悪くなる場合があると考えられます。

 

湯シャンではそういった心配がないので、
はげにいいと考えられているのではないかと思います。

 

 

一方で、湯シャンではげが悪化したという人も
いるようです。

 

湯シャンははげにいいという話と悪いという話両方あります。

 

 

いったいどちらが正しいのでしょうか。

 

 

私が思うに、湯シャンがはげにいいか悪いかは
ケースバイケースだと思います。

 

界面活性剤など頭皮に悪い成分が含まれたシャンプーを
使い続けた人が湯シャンに切り替えれば、はげはよくなるかも
しれませんし、今まで自分の体質に合ったシャンプーを使っていたのに
いきなり湯シャンに切り替えてはげが悪化するという人も
いるかもしれません。

 

湯シャンがはげにいいか悪いかは、それぞれの状況や体質に
よると思うのです。

 

ですので、頭皮環境をいい状態に保てるのであれば、
湯シャンでもシャンプーでもどちらでもいいと
私は考えます。

 

湯シャンではげがよくなるのかまたは悪くなるのか考えるよりも、
湯シャンとシャンプーどちらが体質に合ってるか
検討したほうがいいのではないでしょうか。

 

 

湯シャンやシャンプー以外ではげをよくするには?

 

湯シャンまたはシャンプーは、髪や頭皮を洗う手段ですが、
これは育毛の一要素にすぎません。

 

はげを克服するためには、髪を生えやすくするための
取り組みが必要です。

 

髪を積極的に生やす方法として
プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの
飲み薬が有名です。

 

これらの薬は効果が見込めますが、
コストが高いうえに副作用のリスクがあります。

 

 

そういった育毛がある一方で、
もっと低コストで安全な育毛法があることはあまり知られていません。

 

私も元々知らなかったのですが、
プロペシア(フィナステリド)など育毛にかかるコストに
不満を感じたため、別の方法を探したところ、
そういった方法があることを知りました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下で
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切ありません。

 

私はプロペシア(フィナステリド)などの薬を一切やめて
その方法に切り替えたところ、金銭的負担を大幅に減らして
薄毛を克服することに成功しました。

 

 

私が低コストかつ安全に薄毛を克服した方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずに薄毛を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットでき、副作用のリスクなく安全に
薄毛を克服することができます。

 

こういった方法で薄毛を克服することが可能であるという事実を
あなたにも知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに薄毛を克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストで安全な育毛について知ってみたいのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ