テストステロンでハゲたと悩んでいる方のための育毛法


 

 

テストステロンでハゲたとお悩みのあなたへ

 

筋トレなど、テストステロンが増えることをした覚えがあり、
そのせいでハゲてしまったとあなたは考えているかもしれません。

 

テストステロンでハゲると考える人も多いように思いますが、
実際にテストステロンでハゲることはあるのでしょうか。

 

結論からいえば、テストステロン自体はハゲの原因には
なりません。

 

テストステロンでハゲると考えている人は、
おそらく、テストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)を
混同しているのだと思います。

 

テストステロン自体はハゲの原因になりませんが、
テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けると、
ジヒドロテストステロン(DHT)に変化して髪が抜けてしまいます。

 

これが俗にいうAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものです。

 

従って、テストステロンではなくジヒドロテストステロン(DHT)が
ハゲの原因になるのです。

 

テストステロン自体はハゲの原因になりませんが、
何らかの理由でテストステロンが増えて、増えた分のテストステロンが
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換された場合は、
ハゲの原因になりうるでしょう。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因のハゲに対する対策は?

 

ジヒドロテストステロン(DHT)によるハゲを改善する方法として、
プロペシア(フィナステリド)という薬を飲む方法があります。

 

プロペシア(フィナステリド)を飲むことで5αリダクターゼを
抑制してテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に
変換するのを防ぐことができます。

 

確かに、プロペシア(フィナステリド)で
ジヒドロテストステロン(DHT)でハゲるのを防ぐことはできますが、
これにはいろいろと問題があります。

 

 

まずは、副作用です。

 

プロペシア(フィナステリド)には、男性機能の低下や
肝機能障害の副作用が出る恐れがあるといわれています。

 

特に、男性機能の低下を恐れてプロペシア(フィナステリド)を
飲めない男性は多いように思います。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされていますが、
薬である以上、絶対に副作用が出ないとは言い切れません。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)は
保険が適応されないため、金銭的負担の大きい薬です。

 

私も服用していたことがあるのですが、
そのころは1ヶ月に1万円もかかりました。

 

1年間続けたので、合計12万円もかかってしまいました。

 

それで効果が出ればまだいいのですが、
髪の回復を実感できず、得られた効果は
せいぜい現状維持程度でした。

 

このように、プロペシア(フィナステリド)は
ジヒドロテストステロン(DHT)によるハゲを改善する方法としては
デメリットが大きいと私は考えます。

 

では、どのような方法がいいのか、
これからお話ししていきます。

 

 

プロペシア(フィナステリド)よりも低コストで安全な育毛法

 

ジヒドロテストステロン(DHT)によるハゲを改善する方法は
プロペシア(フィナステリド)だけではありません。

 

ほかにもっといい方法があるのです。

 

その方法にかかるコストは、
プロペシア(フィナステリド)の1/5以下です。

 

しかも、副作用のリスクは一切ありません。

 

 

低コストで副作用のリスクなくハゲを克服できる方法
それは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずにハゲを克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできるだけでなく、
副作用の心配をせず安全に育毛することができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
低コストかつ安全にハゲを克服する方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
プロペシア(フィナステリド)よりもずっと低コストで
安全な育毛に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ