プロフィール

プロペシアはコスパが悪かった

プロペシアの治療を開始する

AGAと診断された次の診察で、プロペシアの服用を開始しました。

プロペシアは健康保険が適用されず全額自己負担で
支払わなければならないため、
経済的負担が非常に大きい薬でした。

プロペシアの価格は病院やクリニックにもよりますが、
1か月当たり大体8,000~12,000円くらいかかります。

私が通っていた皮膚科では、ひと月あたり1万円かかりました。

プロペシアによる経済的負担は厳しいものがありましたが、
薄毛を治したい一心で毎月続けました。

想像以上にコスパの悪いプロペシア

保険がきかないと言っても、高額な育毛サロンよりかは高くない。
医学的見地から施される育毛だから、
得体の知れない育毛サロンより安心できる。

そう思い、私はプロペシアの服用を1年間続けました。

医学的根拠に基づいて開発された薬だけあって、
プロペシアには確かに抜け毛を食い止める効果はありました。

 

しかし、プロペシアの効果は決して
満足のいくものではありませんでした。

 

プロペシアは発毛促進の薬というよりも、
AGAによる抜け毛を食い止める効果のある薬です。

 

確かに薄毛の進行は防げるのですが、
髪の毛が太くなるまでに時間がかかります。

プロペシアによって得られる効果は
個人差がありますので一概には言えませんが、
私の場合も含めプロペシアのみで育毛した場合は、
フサフサになるまで根気強く待たなければいけないことも
多いかと思います。

一応私も根気強くプロペシアを続けたつもりですが、
1年間かけて得られた結果がせいぜい現状維持程度でした。

 

年間12万円もかけてプロペシアを飲み続けたのに、
現状維持ぐらいしかできなかった。

 

高額な育毛サロンなどよりマシだとしても、
12万円のコストで現状維持程度では
非常にコスパが悪いと私は思いました。

コスパの良い方法が見つかった

薄い髪を維持するためだけに年間12万円もかかる。

コスパが悪い上に経済的に大ダメージを与えるプロペシアを
続けることに私は疑問を感じました。

私は皮膚科に通院してプロペシアを継続しつつ、
他の方法を探しました。

するとある方法が見つかりました。
それはミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)を
併用する方法です。

詳しいことは他の記事等で扱いますが、
プロペシアとミノタブの併用は
AGA治療最強だと言われています。

プロペシアで AGA による抜け毛を食い止めつつ、
ミノタブで発毛促進すると言う
攻防一体の効果的な育毛ができるからです。

プロペシアだけでも経済的負担が大きいのに
ミノタブまで追加してしまったらさらに
負担が大きくなってしまうじゃないか。

そんな反論が返ってきそうです。
確かに普通に AGA クリニックなどでプロペシアとミノタブ両方を
処方してもらった場合はプロペシア単独の場合よりもさらに
負担が大きくなってしまうでしょう。

ところが、負担が増えるどころかプロペシア単独の1/5程度のコストで
プロペシアとミノタブの効果を得られる方法を見つけてしまったのです。
(詳しいことは後述のメルマガ内で詳しくお話しします)

プロペシアだけで毎月1万円もかかっていたのに、
毎月2000円程度のコストでプロペシアとミノタブ両方の
効果を得ることができたのです。

単純に経済的負担が大幅に減ったのは嬉しかったです。

一番嬉しかったのは、 AGA 治療最強の効果を得られたことです。

プロペシアを飲んでいた頃は現状維持程度の効果しか
得られませんでした。

それが2ヶ月程度で髪が太くなる効果を得られ、
半年ほどでフサフサの髪を得ることができました。

毎日仕事のストレスと抜け毛の恐怖にさらされていた
あの頃から見たら、考えられないことでした。

私は金銭的負担を大幅に減らしてふさふさの髪を取り戻せたことに
大いに満足しました。

プロフィール5話:AGA医薬品の最大の欠点とその解決策は?

-プロフィール

Copyright© 男性ホルモン・ムダ毛の多い30代男がコストを削ってAGAを克服できた , 2020 All Rights Reserved.