プロフィール

低コスト育毛は嘘くさいですか?

お金をかけずにフサフサになれるなんて胡散臭い?

育毛にはお金がかかる。
あなたにもそういったイメージがあるでしょう。

実際に、高額な育毛サロンでは
月に10万単位のコストがかかるところも
珍しくありません。

 

その他には、皮膚科やAGAクリニックなどがあります。
飲む育毛剤としてプロペシアという有名な薬があります。

 

プロペシアは自由診療扱いで健康保険が適応されないため、
全額自己負担で支払わなければなりません。

 

病院やクリニックにもよりますが、だいたい8,000~12,000円
かかります。

 

 

このように、育毛にはお金がかかります。

 

育毛するのにこれだけお金がかかるのに、
年間2万円のコストだけでフサフサになれるといったら
あなたは耳を疑うでしょう。

 

プロペシアだけでも年間12万円くらいかかるのに、
年間たったの2万円でフサフサになれるなんて
信じられない。

 

 

そう思われても無理もありません。

 

 

私自身もAGA(男性型脱毛症)と診断された際、
全額自己負担でプロペシアの服用を開始しましたが、
年間で12万円かかってしまいました。

 

もし当時の私が年間2万円のコストでフサフサになれると
言われたら、

 

「プロペシアで今ある髪を維持するだけでも
年間12万円かかるのに、何で1/6のコストでフサフサに
なれるんだ?怪しいぞ。」

 

と言っていたでしょう。

 

ですが、年間2万円のコストでフサフサになれるというのは
事実なのです。

 

なぜそう言えるのかといえば、私自身年間2万円のコストで
AGAを克服し、フサフサの髪を取り戻すことができたからです。

 

なぜ、プロペシアで年間12万円かけていた私が
1/6のコストでAGAを克服することができたのか
これからお話していきます。

 

お金に困っていたおかげで安く育毛できた

 

本来お金がかかる育毛を私は低コストですることができました。

 

理由は簡単で高額な育毛サロンに通う金銭的余裕が
なかったからです。

 

私が薄毛を自覚したのは26歳の頃でした。

 

当時、私は仕事のストレスで髪が薄くなり
白髪が大量に増えました。

 

私は危機感を覚え、仕事を辞めることを検討しました。

 

その当時は、リーマンショックによる不景気の
真っ只中でした。

 

仕事を辞めてしまうと、収入が途絶えてしまいます。
不景気だったので、再就職が困難であったことも
容易に想像できました。

 

しかし、私は安定した収入よりも髪を優先して
ストレスの元となった会社を辞めました。

 

その後、AGA(男性型脱毛症)と診断され、
収入が不安定な中、1年間プロペシアを飲み続けました。

 

このままでは金銭的に厳しい。
そう思い、ほかの方法を探して
年間2万円でできる育毛にたどり着いたのです。

 

もし、私がお金持ちだったら、高額な育毛サロンに
お金をだまし取られ続け、薄毛を克服することは
できなかったでしょう。

 

お金に困っていたことがかえって薄毛克服に
つながったのです。

 

怪我の功名といったところでしょうか。

 

お金がかからない育毛を最優先にした結果


「薄毛を治すのにお金がかかるのは当然」

この常識を信じるのをやめた結果、
私の育毛生活は大きく変わりました。

 

プロペシアをやめても髪が維持できるようになったのも、
年間12万円かかっていた育毛コストが1/6にまで下げられたのも、
完全にAGAを克服し、育毛にお金がかからなくなったのも、
低コスト育毛にこだわった結果です。

 

特に、薬やサプリに頼らない育毛を重要視してきました。

 

私が金銭的負担を大幅に減らしてAGAを克服できた
何よりの理由はこの点にあります。

 

実際にAGAを克服した方法については
こちらのページで詳しく書きました。

 

 

フサフサの髪を維持するのに1円もかからない


皮膚科にAGAと診断されたとき、

 

「プロペシアを飲み始めたら、ずっと飲み続けなければならない。
服用を辞めたら、また抜け毛が進行する。」

 

と医師に言われました。

 

プロペシアはAGAによる抜け毛を食い止める効果はありますが、
根治する力はありません。

抜け毛を抑えられるのはプロペシアを服用している間だけです。
服用を辞めれば効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するためにはプロペシアを飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

一方、私が見つけた育毛法では最初のうちだけコストがかかるものの、
プロペシアよりもはるかに低コストです。

 

そしてなにより、最終的には髪を維持するのに
毎月お金を払う必要がなくなります。

 

AGAを根治できないのに毎月1万円前後のコストが一生かかるプロペシア。

 

プロペシアの1/6のコストでできて、最終的には
お金がかからなくなる育毛法。

 

どちらの育毛法が優れているかは
明白なのではないでしょうか。

 

このように、一見私は胡散臭く見えるかもしれませんが、
育毛に関して極めて合理的かつ妥当な判断をしている
・・・と自分では思います。

本庄のこれまでのプロフィール

-プロフィール

Copyright© 男性ホルモン・ムダ毛の多い30代男がコストを削ってAGAを克服できた , 2020 All Rights Reserved.