プロペシア

プロペシアの効果は1年でどのくらい得られるか臨床試験を元に徹底解説

 

プロペシアの効果は1年飲んでどれだけ得られるのでしょうか。
プロペシアを飲み始めてから2~3ヶ月くらいだと
あまり効果を感じられないのではないでしょうか。

高いお金を払っているのに効果が表れないと不安ですよね。

私もそうでした。私もプロペシアを飲み始めてから
あまり効果が感じられずどのくらいの期間で
効果を得られるかわからず不安だったからです。

 

この記事では、臨床試験のデータを踏まえて
プロペシアの効果は1年でどれくらい得られるのか
お話いたします。

臨床試験や私の体験談等具体的に書いたので、この記事を読めば
プロペシアを1年飲んだらどのくらいの効果を得られるのか
理解しやすくなるでしょう。

 

また、プロペシアは保険がきかないので経済的負担が大きい薬です。
プロペシアを長期間飲めば効果があるといわれても、1年続けるのは
金銭的にきついというのが本音なのではないでしょうか。

私もプロペシアを飲んでいた頃は、効果があるとはいえ
1年続けるのはきついと感じていました。

 

そこで、私はプロペシアの効果をもっと安く得る方法を
探したところ、見つけることができたのです。

プロペシアの効果を1年でどれだけ得られるか話した後に、
プロペシアの効果をもっと安く得る方法についてお話します。

是非、最後まで読んでみてください。

プロペシアの効果は1年経つと50%以上の人に表れる

 

プロペシアの効果は1年飲み続けると50%以上の人に現れることが
臨床試験の結果から明らかになっています

国内でプロペシアの臨床試験が行われました。

被験者は24歳から50歳の軽度または中程度のAGA(男性型脱毛症)の
患者でした。

この臨床試験では、「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」
「不変」「軽度進行」「中等度進行」「著明進行」の7段階で
頭頂部の写真評価が行われたそうです。

フィナステリド0.2mgの錠剤を飲むグループと
フィナステリド1mgを飲むグループに分かれ、それぞれ1日1錠、
1年飲み続けてもらい効果計測するという試験内容でした。

※フィナステリドはプロペシアの主成分の事です

 

では、実際にプロペシアの効果は1年で
どのくらいのものだったのでしょうか。

下の図を見てください。

 

https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_1y.xhtmlより

 

これは臨床試験の結果をグラフで表したものですが、
フィナステリド0.2mgを飲んだグループのうち、
54%の被験者が改善しています

 

一方、フィナステリド1mgを飲んだグループに関しては
58%の被験者が改善しています

プロペシアを1年続けて不変だった被験者はフィナステリド0.2mgの
グループと1mgのグループでそれぞれ41%、40%でした。

AGA(男性型脱毛症)が進行した被験者はフィナステリド0.2mgの
グループと1mgのグループでそれぞれ5%、2%でした。

※この臨床試験に関しては板見智著『専門医が語る毛髪科学最前線』
P.54-55 2009年集英社出版を参照

 

0.2mgのグループよりも1mgのグループのほうが若干
改善率がいいものの、大きな差はないというのが
私の率直な印象です。

また、いずれのグループも改善した被験者と不変だった被験者を
合せると90%以上です。

AGA(男性型脱毛症)は放っておくと抜け毛や薄毛が
どんどん悪化していきます。

不変だったということは抜け毛や薄毛の進行を
抑えられたと考えることができます。

そう考えるならば、90%以上の人がプロペシアを飲むことで
AGA(男性型脱毛症)の進行を防ぐ効果を1年で得ることができる

言えるでしょう。

プロペシアの効果はなぜ1年経たないと表れないのか?

 

プロペシアの効果は1年続ければ、大なり小なり90%以上の人に
表れるということは、上の臨床試験の例でみてきた通りです。

 

しかし、プロペシアの効果を実感するのに1年は長く
感じられるのではないかと思います。

プロペシアにかけているお金が高いだけに、
今まで薄毛で悩んできた期間が長かっただけに、
プロペシアの効果を早く得たいと思うのは
自然なことだと思います。

 

ではなぜ、プロペシアの効果を得るのに1年もかかるのか。

プロペシアは抜け毛予防メインの薬だからだと
私は考えます。

プロペシアの主成分フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)による
抜け毛を抑える効果があります。

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、男性ホルモンの一種である
テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(以下DHT)に変換されます。

 

このDHTによって髪が抜けてしまうのです。

 

プロペシアの主成分フィナステリドはこのDHTを抑制し
抜け毛を防ぐ効果があります。

抜け毛を防ぐ効果はあるのですが、発毛を促すというよりも
抜け毛を防いでいる間に髪が太くなるのを待つという
守りのニュアンスが強いため、プロペシアで効果を実感するのに
1年かかってしまうのだと私は考えます。

プロペシアと組み合わせると最強の効果を1年未満で発揮する薬

 

プロペシアは抜け毛を抑える薬なので効果を実感するのに
1年はかかることはわかった。

じゃあ、発毛を積極的に促す薬はないのか、
という声が聞こえてきそうです。

 

はい。発毛を促進する薬はあります。
薬の名前はミノキシジルといいます。

このミノキシジルには、タブレットタイプの飲み薬(ミノキシジルタブレット、以下ミノタブ)と
リアップなど頭皮に塗るタイプの育毛剤に使われているミノキシジル溶液があります。

ミノキシジルはもともと降圧剤として使われていましたが、
使用している患者から毛髪や体毛が増えたなどという訴えが
あったことがきっかけで育毛剤に転用されるようになりました。

ミノキシジルを利用して、血流を改善し
毛髪に栄養を届けやすくして髪が育ちやすくします。

特に、プロペシアとミノタブの効果がAGA(男性型脱毛症)治療
最強と言われています。

プロペシアで抜け毛を抑えつつ、ミノタブで発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛をすることができるからです。

実際に、プロペシアとミノタブの併用の効果は大きいようで
実は私もその一人です。

プロペシアの効果をもっと安く得る方法は?

ここまでの話で、どうしてプロペシアの効果を得るのに1年という
長い期間が必要なのか、そして短い期間で効果を得るには
ミノタブを併用するといいというのはご理解いただけたと思います。

プロペシアだけでも高いのに、ミノタブまで追加したら
さらに負担が大きくなります。

まともにプロペシアとミノタブを購入すれば
当然そうなるでしょう。

 

しかし、プロペシアとミノタブの効果を得ながら
コストを大幅に下げる方法があるのです。

 

それはジェネリックに切り替えることです。

 

プロペシアは高額ですが、プロペシアのジェネリックなら、
プロペシアとほぼ同じ効果を低価格で得ることができます。

プロペシアのジェネリックとしてフィンペシア
有名です。

フィンペシアはインドの大手製薬会社シプラ社が製造している
薬で安いプロペシアジェネリックとして有名です。

ただ、フィンペシアは日本で製造されていないため、
購入する際は、個人輸入代行業者を通じて
購入する必要があります。

フィンペシアを購入するには、海外の個人輸入代行のサイトを
利用する必要があります。

 

ただ、海外のサイトと言っても、すべて日本語で書かれてあるので
言葉の心配はいりません。

楽天やアマゾンなど国内の通販サイトと同じような感覚で
フィンペシアを購入することができます。

 

フィンペシアの購入についてはこちらの記事で
詳しく解説しています。

フィンペシアを購入できる安全・低価格・便利な優良通販サイトを厳選!


こちらもあわせてご覧いただければと思います。

 

プロペシアは保険が適応されないので、9,000~12,000円
くらいかかります。
(病院やクリニックなどによって異なります)

 

一方、フィンペシアは1ヶ月あたり1,500円~2,000円ほどかかります。
(時期や通販サイトによって異なります)

 

国内の病院やクリニックでプロペシアを処方してもらうのと
海外からフィンペシアを個人輸入で取り寄せるのとでは
これだけ価格に開きがあるのです。

 

さらに驚くべきことに、AGA(男性型脱毛症)治療最強の効果を
得られるフィンペシアとミノタブのコストはひと月当たり2,000円前後です。

 

プロペシアの年間コストが120,000円だとすると、
フィンペシアとミノタブのセットの年間コストはおよそ24,000円です。

 

プロペシアの効果だけでなくミノタブの効果も追加して1年間にかかる
育毛コストを1/5以下にまで減らすことができるのです。

プロペシアよりも1/5以上も安いのにミノタブの効果まで追加できる
というのは、信じがたいと思われてしまうかもしれませんが
事実なのです。

プロペシアからフィンペシアに切り替えてデメリットはないの?

毎月1万円前後かかるプロペシアの効果が1/5以下にまで下がるうえに
ミノタブの効果を得られるなんて虫が良すぎる。
何か裏があるのではないか。

ひょっとすると、そんな疑いをもたれたかもしれません。

裏があるわけではありませんが、フィンペシアとミノタブのセットも
完ぺきというわけではありません。

 

もちろん、デメリットもあります。

ただ単に安いからと言ってすぐにフィンペシアに切り替えるのではなく、
メリットとデメリットを把握したうえで、ご自身にあった
育毛法を選択することは大切です。

では、フィンペシアのデメリットとはいったいどのようなものなのか、
具体的に見ていきましょう。

副作用がある

フィンペシアも医薬品である以上、副作用が出る恐れが
あります。

フィンペシアの主成分はプロペシアと同じフィナステリドなので
副作用に関してもプロペシアと同じと考えてよいでしょう。

プロペシアの副作用として

  • 勃起不全(ED)
  • 射精障害
  • 肝機能障害

が挙げられます。

フィンペシアの副作用もこの3つが主な副作用であると
考えられます。

フィンペシアの具体的な統計がないので何とも言えませんが、
プロペシアの副作用が出ない人の割合が90%以上だったので、
フィンペシアに関しても90%以上の人には副作用は出ないと
思われます。

割合が低いとはいえ、絶対に副作用が出ないとは言い切れないので、
特にプロペシアを飲んだ時に副作用が出た場合はフィンペシアを
飲む場合も注意したほうがいいでしょう。

国から救済を受けられない

プロペシアなど国内の薬を医師に処方してもらい、
医師の指導のもと適正に使用していたにも関わらず、
副作用など重篤な健康被害を受けた場合は
国から救済を受けることができます。

 

これを医薬品副作用被害救済制度と言います。

 

フィンペシアは国内では未認可の医薬品であるため
この救済制度は適応されません。

フィンペシアを飲んでどんなに重篤な健康被害を受けても
自己責任の一言で片づけられてしまうのです。

フィンペシアを個人輸入する場合は、健康被害を受けても
国から救済してもらえないデメリットとプロペシアよりも大幅に
コストを下げられるメリットをはかりにかけて決めることになります。

海外製のフィンペシアが怖ければ国内のプロペシアジェネリックもあり

フィンペシアなど海外製のプロペシアジェネリックが安心して
飲めない場合は、国内製のプロペシアジェネリックを
購入するという選択肢があります。

国内のプロペシアジェネリックは

  • ファイザー
  • トーワ
  • サワイ

などのフィナステリド錠があります

価格は4,000~5,000円ほどです。

海外製のフィンペシアよりは割高になってしまいますが、
国内のAGAクリニック等で処方してもらえるので、
多少高くなっても安心して育毛したいということであれば、
フィナステリド錠(国内のプロペシアジェネリック)を
使用するのもありでしょう。

プロペシアの効果は1年でどのくらい得られるのか?ツイッターでの反応

ツイッターにおいて、プロペシアの効果を1年飲んでどのくらい得られるのか
ということについてツイートしていた方が何人かいらっしゃったので、
ここでいくつか紹介したいと思います。

まずはこちらの方から。

私見ですが、プロペシアの効果が1年でどれだけ得られるかは
個人差があるように思います。

また、プロペシアを飲み始めた時にどのくらい
AGA(男性型脱毛症)が進行していたかにも
よるでしょう。

それほど薄毛が進行していなければ、その分回復が早い
ということもあるでしょうし、逆に薄毛がかなり進行していれば
その分回復までの時間がかかるということもありえます。

傷口が浅いうちは治るのが早いけれど、傷口が深ければその分
回復するのに時間がかかるのと同じですね。

 

次にプロペシアの効果や診察代についてのツイートを
引用します。

こちらの方もプロペシアの効果は1年2年3年と長期間続ければ
表れやすいことについておっしゃってますね。

あと、プロペシアだけで半年で効果が表れるのは早いほうなのでは
ないかと思います。

風邪の時にAGA(男性型脱毛症)の診察を受けるとプロペシアが
安くなるのは知りませんでした。

プロペシアは保険がきかず基本的に安くできないと多くの人が
思っているでしょうし、私自身もそう思っていたので、、
もし本当だとしたら、とても有益な情報ですね。

私もプロペシアを飲んでいるときに知りたかった・・・。、

次はプロペシアとミノキシジルの効果に関するツイートです。

個人差によっては、ミノキシジルもプロペシアも
効果がはっきり表れるまで1年はかかるでしょう。

ただ、プロペシアとミノキシジル(特にミノタブ)は
AGA(男性型脱毛症)最強の治療と言われていて、
プロペシアだけで育毛するよりもずっと効果的です。

2ヶ月~半年くらいで効果を実感することも多いのでは
ないでしょうか。

薄毛がかなり進行していわゆるつるっぱげの状態なら
回復までに期間を要するため、効果が表れるまでに
1年を要するかもしれませんが。

 

続いて、プロペシアを1年以上飲んで効果が出なかった方の
ツイートです。

 

こちらの方はプロペシアを飲んでいた頃の私と似ていますね。
効果を期待して1年以上飲んでもフサフサになれなかったというのは
私も共感できます。

ただ、こちらの方がおっしゃるように
プロペシアを飲まなかったら、もっと薄毛が悪化していたかも
しれません。

 

続いて、プロペシアの副作用に関するツイートを見かけました。

 

プロペシアを飲んで副作用が出ない人の割合は90%以上ですが、
どうしても副作用が出てしまう人が一定数いるようです。

プロペシアの副作用のせいで育毛できないのは
一見するとつらいことのように見えます。

ですが、プロペシアを飲まなくても育毛はできます。
さらに言えば、プロペシアを飲まなくてもAGA(男性型脱毛症)を
克服することは可能です

(詳しい話は後ほど)

 

続いて、プロペシアの効果を短期間で実感し、
1年でフサフサになったかたのツイートを
ご紹介します。

こちらの方は、プロペシアだけでなくミノキシジルを併用して
短期間で効果を実感しているようです。

確かに、プロペシアとミノキシジルを併用すれば、
2~3ヶ月で産毛を生やすことも十分可能でしょう。

さらに、プロペシアとミノキシジルの効果により
半年で改善が目に見えて現れ、1年で改善のピークに
達することについて述べられています。

プロペシアにミノキシジルを掛け合わせることで
効果的な育毛ができることが読み取れるツイートですね。

 

次に、薄毛と運動量そしてプロペシアとの関係について
こんなツイートがありました。

確かに、運動しなくてもハゲない人もいますし、
運動してもハゲる人はハゲますからね。

体を健康にするという意味では悪くないですが、
薄毛に直結するかどうかと言われたら微妙ですね。

あと、こちらの方はプロペシアを飲んでも
効果がなかったようです。

前屈をして抜け毛が治まったというのは興味深いですね。

【まとめ】プロペシアの効果は1年でどれくらい得られるか

では、今回の内容をまとめます。

  • プロペシアは抜け毛防止の薬なので効果を得るのに1年はかかる
  • 臨床試験によると、プロペシアの効果で過半数の人が1年で改善
  • プロペシアを1年続けた被験者のうち90%以上が薄毛の悪化を防げたことが臨床試験から読み取れる
  • プロペシアとミノタブを併用すれば最強の効果を得られる
  • ジェネリックならプロペシアとミノタブの効果をひと月2,000円前後で得られる
  • 海外から取り寄せたフィンペシアは格安だが使用は自己責任で
  • 海外製のフィンペシアが不安なら国内のプロペシアジェネリックもあり

AGA(男性型脱毛症)対策には色々なパターンがあります。
効果、安全性、コストなど何を優先するかによって変わります。

この記事を参考にして、育毛法を検討してみてください。

【悲報】プロペシアやフィンペシア、ミノタブでは一生AGA(男性型脱毛症)は治らない

この記事では、プロペシアを1年飲んで得られる効果やミノタブの効果、
海外製のフィンペシアや国内製のプロペシアジェネリックについて
話してきました。

どれもAGA(男性型脱毛症)に対して有効ですが、
非常に残念な点があります。

 

それは、プロペシアやフィンペシア、ミノタブでは
AGA(男性型脱毛症)は一生治らない
ということです。

プロペシアやフィンペシアはAGA(男性型脱毛症)による抜け毛を
防ぐ薬です。

 

一方、ミノタブは発毛を促進する薬です。

プロペシアやフィンペシアとミノタブを併用することで
効果的に育毛することができます。

 

しかし、プロペシアやフィンペシア、ミノタブの効果で
フサフサになれたとしても、服用をやめていいわけではないのです。

プロペシアやフィンペシア、ミノタブの効果は飲んでいる間しか
ありません。

飲むのをやめれば効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシアやフィンペシア、
ミノタブを飲み続けなければならないということなのです。

プロペシアやフィンペシア、ミノタブはAGA(男性型脱毛症)
に対して効果があります。

しっかりと飲むことでフサフサの髪を取り戻すことも
十分可能でしょう。

 

しかし、それでも一生プロペシアやフィンペシア、ミノタブを
飲み続けなければならないということに変わりはありません。

一生プロペシアやフィンペシア、ミノタブを
飲み続ける人生にあなたは満足できますか?

プロペシアなどに頼らずAGA(男性型脱毛症)を克服しましょう

私はプロペシア、フィンペシア、ミノタブ服用経験者です。
いずれも効果があることを知っています。

特に、フィンペシアとミノタブは効果的に育毛できるうえに
金銭的負担を大幅に減らせることも知っています。
(重篤な健康被害を受けないことが前提ですが)

 

しかし、フィンペシアやミノタブに頼っている限り、
AGA(男性型脱毛症)を克服することはできません。

フィンペシアやミノタブを飲み続けなければ効果がなくなり
再び薄毛が進行するからです。

私はこのことに強い不満を覚えました。

 

私は不満を解消するべく、別の方法を探しました。
すると、ある方法を見つけたのです。

その方法は、プロペシアの1/5以下のコストでできる内容でした。
しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

もちろん、髪を維持するために一生フィンペシアやミノタブを
飲み続ける必要もありませんでした。

私はフィンペシアとミノタブをやめてその方法に切り替えました。

すると、フィンペシアとミノタブを飲んでいた頃よりも
髪がフサフサになってしまいました。

 

その方法とは、薬を使わない育毛法です。

 

プロペシアやミノタブなどの飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬、
リアップ系など頭皮に塗るタイプの育毛剤などの存在が
目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGA(男性型脱毛症)を克服することは可能なのです

 

薬を使わない育毛法を実践することで

  • コストを大幅に減らせる
  • 副作用のリスクを一切受けず育毛できる
  • 髪を維持するために薬を飲み続ける必要がなくなる

など、多くのメリットを得ることができます。

 

ぜひ、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は低コスト育毛倶楽部です。

当メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わず
低コストでAGA(男性型脱毛症)を克服できた育毛法について
お伝えいたします。

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全にAGA(男性型脱毛症)を克服できる育毛法に
興味を持っていただけたなら、以下の登録フォームより
今すぐご登録を!

 

追伸

私が薬を使わない育毛法を実践していた頃は、
1年で約2万円かかりました。

1年だけ約2万だけかかって次の年以降は
育毛に一切お金がかからなくなりました。

毎年お金を払い続けなければならない
プロペシアやフィンペシア、ミノタブに比べれば
それだけでも十分低コストでした。

実は、今現在この低コスト育毛法のコストが
大幅に下がりました。

なんと、1年で約1,000でできるようになったのです。

コストが大幅に下がったからと言って、内容も大幅に削られた
ということではないのでその点は安心してください。

むしろ、さらに内容が新しく充実したものとなりました。

低コスト育毛法がバージョンアップしたこのタイミングで
メルマガに登録してみてはいかがでしょうか。

-プロペシア

Copyright© 男性ホルモン・ムダ毛の多い30代男がコストを削ってAGAを克服できた , 2020 All Rights Reserved.