プロペシア

プロペシアを1年飲んだ人の90%以上が効果を実感した理由を知っていますか?

 

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

 

  • プロペシアを1年飲んだけど大して効果がなかった
  • プロペシアに1年お金をつぎ込んでもたいしてフサフサになれなかった
  • 本当にプロペシアって1年で効果があるのか知りたい
  • プロペシアをもう1年続けるのは金銭的にきつい
  • プロペシアを1年続けて望んだ結果が得られず不満

 

プロペシアは保険がきかないので、1年続けると
結構な出費になってしまいますよね。

それで効果が得られなかったら、
本当にプロペシアを1年続けてよかったかどうか
不安になるのも無理ないと思います。

この記事では、臨床試験の話を踏まえて
プロペシアを1年飲んでどのくらい効果が得られるのか
客観的なデータを参照しつつお話していきます。

 

また、私自身もプロペシアを1年服用したことがありますので、
私自身の体験談も含め、プロペシアを1年飲んだ場合の
効果についてお話したいと思います。

プロペシアを1年飲んで満足できなかった場合のために、
もっと安く効果的な方法があることもお伝えいたします。

この記事を読めば、プロペシアを1年飲んだことで
どのくらいの効果が得られるのか理解できるようになるでしょう。

最後まで読んでいただければ、プロペシアを1年続けるよりも
さらに金銭的負担が少なく効果的な育毛法を理解することができます。

まずは、プロペシアを1年続けることで
どのくらいの効果が得られるのか見ていきましょう。

プロペシアを1年飲むと90%以上が効果を実感

 

1年間プロペシアを飲んでどのくらい効果があるかという
臨床試験が実施されました。

被験者は24歳から50歳で軽度から中程度のAGA(男性型脱毛症)の
方々が対象でした。

この臨床試験では、「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」「不変」
「軽度進行」「中等度進行」「著明進行」の七段階で
プロペシアを1年続けた結果の評価をしたそうです。

 

プロペシアの主成分はフィナステリドと言いますが、
臨床試験では、フィナステリド0.2㎎の錠剤と1mgの錠剤が
使用されました。

フィナステリド0.2mgを1日1錠1年間続けて飲んだ
被験者のうち54%、1mgを飲んだ被験者のうち58%に
「改善」が見られたそうです。

プロペシアを1年飲んで改善が見られず「不変」だった人の
割合は40%、抜け毛が「進行」した人は2%だったそうです。

※この臨床試験に関しては
板見智著『専門医が語る毛髪化学最前線』2009年5月20日集英社出版
P.54参照

 

この臨床試験の結果では、0.2mgと1mgともにプロペシアを
1年間続けた被験者の50%以上に改善が見られたことが
示されました。

また、プロペシアを1年間飲んだ被験者のうち40%は
「不変」でした。

 

AGA(男性型脱毛症)は何もしないと薄毛がどんどん
進行してしまう病気です。

1年放っておけば、抜け毛や薄毛はさらに
悪化してしまいます。

それを考えると、プロペシアを1年間飲んで
「不変」だったということは、プロペシアの
効果により抜け毛や薄毛の悪化を防げたと
考えられます。

 

従って、プロペシアを1年間飲んだ被験者のうち
90%以上に効果が見られたと評価できるでしょう。

 

プロペシアを1年以上飲んだ場合の結果について
語っているツイートがあったので、ここで引用します。

プロペシアを1年続けると、半分以上が効果を実感し、
2年目で効果を実感する人の割合がさらに増えるようですね。

プロペシアを1年飲んだ人のツイッターでの反応

プロペシアを1年飲んだ方のツイートがいくつかあったので、
ここで引用します。

こちらの方はプロペシアを1年間続けてかなり改善されたようですね。
上の臨床試験で言うと50%以上の中に含まれるということでしょう。

臨床試験だけでなく、民間で使用されてから改善されたという
のは参考になるツイートなのではないかと思います。

 

続いてこんな方もいらっしゃいました。

こちらの方はプロペシアと外用薬ロゲインを1年3ヶ月続けて
少ししか改善が見られなかったようです。

それでザガーロを処方してもらったみたいですね。

ロゲインというのは発毛を促進するミノキシジル溶液を含んだ
育毛剤の事ですね。

また、ザガーロは主成分がデュタステリドの薬のことですね。

 

実は、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛を防ぐ薬は
2種類あります。

1つは、この記事のテーマであるフィナステリドを主成分とする
プロペシア。

もう一つは、デュタステリドを主成分とするザガーロです。

AGA(男性型脱毛症)になると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという酵素の影響を受けてジヒドロテストステロン(DHT)に
変換されます。

このDHTによって、抜け毛が引き起こされるのです。

プロペシアもザガーロも5αリダクターゼを抑制し、
抜け毛を抑える効果があります。

ただし、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。

フィナステリドを主成分とするプロペシアにはⅡ型にしか
効果はありません。

一方で、デュタステリドを主成分とするザガーロは
Ⅰ型にもⅡ型にも効果があります。

ですのでもし、プロペシアを飲んで抜け毛が改善しなかった場合は
抜け毛の原因がⅠ型である可能性もあるのです。

その場合はⅠ型Ⅱ型両方に作用するザガーロに切り替えれば、
抜け毛が改善するかもしれないですね。

この記事はプロペシアに関する記事なので、
詳しい話はまた別の記事でしたいと思います。

プロペシアを1年飲んで効果が得られるけれど

上の臨床試験の結果で見てきたように程度の差こそあれ、
プロペシアを1年飲むと90%以上の割合で効果があります。

これだけ見ると、プロペシアは信頼のおける
薬であるように思えます。

確かにプロペシアは1年間臨床試験を実施した結果から、
医学的に効果が認められた薬です。

 

しかし、プロペシアを1年飲んだ人の40%は
不変で2%の人は悪化しています。

プロペシアは健康保険が適応されず、
コストがかかる薬です。

いくら医学的に効果が認められたからといって
プロペシアに1年間高い治療費を払って
得られた結果が「不変」で満足できる患者が
果たしてどれだけいるのでしょうか。

もちろん感じ方は人それぞれでしょうが、
これだけお金を払ってプロペシアを1年間
飲んだ結果がこれかと不満を持つのが
多数派の意見ではないでしょうか。
(別にこれで満足な人を否定したいわけでは
ありませんが)

プロペシアを1年飲んで不変の人が40%、進行した人が2%
いるということは
半数近くの人がプロペシアに不満を持つ
可能性がある
と考えることもできます。

従って、プロペシアを1年続けるのはコスパが悪いと私は考えます

プロペシアを1年飲んだ私の体験談

 

プロペシアを1年飲み続けるのはコスパが悪いという
私の考えは私自身の経験に基づいています。

私は26歳のときに仕事のストレスで薄毛になり、
29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、プロペシアを1年間続けることになったのですが、
プロペシアは健康保険が適応されず金銭的負担が
大きいものでした。

私がプロペシアをもらっていた病院では1ヶ月で1万円も
かかりました。

プロペシアを1年続けたので、合計12万円もかかってしまいました。

 

確かに、プロペシアを1年続けたことで悪化することは
ありませんでした。

しかし、満足な効果を得られたとは言い難く、
せいぜい現状維持程度の効果しか得られなかったのです。

 

そう、上の臨床試験で言えば「不変」だったわけです。

プロペシアを1年間続け合計12万円かかって「不変」だったことに
私は強い不満を感じました。

コスパのいい方法で不満を解消

プロペシアを1年間続けて「不変」だったことに
強い不満を持っていた私は、ほかの方法を探すことにしました。

すると、あるコスパのいい方法が見つかりました。
なんと、プロペシアとミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)
の効果をプロペシア単独の1/5程度のコストで得られる方法でした。

 

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)による抜け毛を
食い止める薬です。

 

一方、ミノタブは血流を改善して髪に栄養を届けやすくすることで
発毛を促進する薬です。

プロペシアで抜け毛を抑えつつ、ミノタブで発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能になります。

そのため、プロペシアとミノタブの組み合わせはAGA治療最強と
言われています。

その最強の組み合わせがプロペシアの1/5程度のコストで
得られるということに驚きを隠せませんでした。

 

プロペシアを1年間飲んだ後、私はミノタブとの併用を
始めました。

すると、プロペシアを1年飲んで効果がなかったのが、
ミノタブと併用することで効果的に育毛ができ、
2ヶ月程度で髪が太くなるのを感じました。

そして半年程度でフサフサになれてしまったのです。

プロペシアを1年続けてかかったコストがおよそ12万円。
プロペシアとミノタブを半年続けてかかったコストがおよそ13,000円。

私はフサフサになれたとともに、このコスパの差に
驚きを隠せませんでした。

こうして若ハゲになってしまった私は、
プロペシアとミノタブの効果でフサフサの髪を
得ることができました。

プロペシアとミノタブの効果を安く得る方法については
こちらの記事で解説しています。

プロペシアの効果を安く得る方法をAGAを克服した私が解説します


こちらも参考にしていただければと思います。

 

あと、プロペシアとミノタブを1年続けた方のツイートを
見つけたのでここで引用します。

プロペシアとミノタブはAGA治療最強と言われるだけあって
絶大な効果を発揮するようですね。

こちらの方はM字まで治ってしまったようです。

一般に、プロペシアとミノタブの効果は頭頂部ハゲに効きやすいと
考えられていますが、M字にも効くというツイートは
興味深いですね。

プロペシアとミノタブの併用にも落とし穴が

 

プロペシアとミノタブの効果に満足した私でしたが、
AGA治療最強と言われた組み合わせにも
欠点がありました。

それは、服用をやめると効果がなくなることです。
プロペシアとミノタブの併用はAGA治療最強と言われているだけあって
効果は高いです。

しかし、プロペシアとミノタブを飲んでフサフサになったからといって
AGA(男性型脱毛症)が完治するわけではありません。

なぜならば、プロペシアもミノタブも効果があるのは
飲んでいる間だけだからです。

タミフルのようにインフルエンザにかかってから飲んで
インフルエンザが治ったら飲むのをやめるというわけには
いかないのです。

 

プロペシアとミノタブの効果でフサフサになれても、
飲むのをやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシアとミノタブを
飲み続けなければならないということです。

実際にこんなツイートがあります。

https://twitter.com/34ma/status/899939055198130176

こちらの方は、プロペシアで髪が維持できていたようですが、
プロペシアをやめて1年半経ったら、また薄毛になって
しまったようです。

このように、プロペシアやミノタブは飲むのをやめると
効果がなくなってしまうのです。

あなたは仮にプロペシアとミノタブでフサフサになれたとして
いつまでフサフサでいたいですか。

一度フサフサになれたらそれで満足だから、
この先の人生はプロペシアやミノタブをやめて
ハゲてもいいと思えますか。

そうは思えないですよね。ふつうはフサフサになれたら
ずっとフサフサでいたいと思いますよね。

でも、プロペシアとミノタブの力に頼っていると
一生飲み続けなければなりません。

いくらフサフサになれたからといって、
果たしてこれが満足のいく結果と言えるのでしょうか。

私は満足できませんでした。
むしろ、強い不満を持ちました。
(プロペシアの時も不満を持っていて
私の育毛ライフは不満だらけでしたが・・・)

プロペシアとミノタブに対する不満も解消できた

 

プロペシアとミノタブに対して強い不満を持った私は
別の方法を探しました。

すると、ある方法が見つかりました。
その方法もまた、プロペシア単独の1/5または
それ以下でできる内容でした。

しかも、副作用のリスクが全くなかったのです。
もちろん、髪を維持するために一生プロペシアやミノタブを
飲む必要もありませんでした。

私はプロペシアとミノタブをやめてその方法に切り替えました。

すると、プロペシアやミノタブを飲まなくても
薄毛や抜け毛が進行することなく髪を維持できるように
なりました。

それどころか、プロペシアやミノタブを飲んでいた頃よりも
髪がフサフサになり、数か月程度で髪が全快しました。

 

私がプロペシアやミノタブに頼らずAGA(男性型脱毛症)を
克服した方法それは薬を使わない育毛法です

プロペシアやミノタブなどの薬、リアップなど頭皮に塗るタイプの
育毛剤などの存在が目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGA(男性型脱毛症)を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛法を実践することで、

・コストを大幅に減らせる
・副作用のリスクを一切負わなくて済む
・髪を維持するために一生薬を飲む必要がなくなる

 

など多くのメリットを得ることができます。

是非、あなたにも薬を使わない育毛法を
オススメしたいと思っています。

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は低コスト育毛倶楽部です。

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGA(男性型脱毛症)を克服できた方法について
お伝えいたします。

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全性の高い育毛法に興味を持っていただけたなら
以下のメルマガ登録フォームより
今すぐご登録を!

 

 

追伸

私が薬を使わない育毛法を見つけたころは、
年間2万円ほどのコストがかかりました。

プロペシアが1年間で12万円かかることを考えれば
それでも十分安いですが、それよりもさらに安くなりました。

 

なんと、これまでの1/20の1,000円でできるように
なりました。

コストが大幅に減ったからと言って内容も大幅に減ったと
いうことはないのでそこはご安心ください。

むしろ、以前よりもさらにグレードアップしました。

以前よりもコストが大幅に下がり
内容もグレードアップしたこのタイミングで
低コスト育毛倶楽部に参加してみてはいかがでしょうか。

-プロペシア

Copyright© 男性ホルモン・ムダ毛の多い30代男がコストを削ってAGAを克服できた , 2020 All Rights Reserved.