実践者が語るプロペシアの体験談


 

sunlight

■軟毛化が治り、回復の兆しが見られた

 

プロペシア服用から7~8か月位でしょうか。かかりつけの皮膚科

へ行って頭皮の写真を撮ってもらいました。

 

7~8か月分の私の頭皮の画像を見せてもらいました。ぱっとみた

ところ、あまり変化はありませんでした。

 

しかし、看護師さんは画像を見て1~2か月目は分け目の部分の

生え際がふにゃっとなってるけれど、その時撮った画像では

まっすぐになってるとおっしゃいました。

確かに自分で確かめてみるとそんな風な気がしました。

 

■わずかながらプロペシアの効果を実感。安心感を持つことができた

 

劇的に回復しているわけではないけれども、おそらくプロペシア

を飲まなかったら薄毛が進行していたでしょう。

 

薄い状態でも、悪化せずに毛髪を維持できているので、私自身

安心できましたし、少なからずプロペシアの効果を実感できました。

 

またシャンプーしたときの抜け毛の量がプロペシア服用前に

比べて減りました。毎月の負担額はきつかったですが、

毎月プロペシアを続けている甲斐がありました。

 

部屋を掃除するとまだまだ抜け毛が多かったですが、

決して以前より抜け毛が増えたわけではなかったので

前向きに頑張ろうと思いました。

 

職場のトイレで携帯のカメラ機能で自分の頭頂部を撮影して

ハゲ具合を確かめるということも頻繁にしました。

どうしても気になってしまうので。

 

しかし、前の職場に勤めていたときのように、過剰なストレスを

受け続け、毎日抜け毛の恐怖に怯えていたころとは何かが違って

いました。

 

あの頃との決定的な違いとは、そう、プロペシアというAGAに有効な

手段を得ていたことでした。

 

ワカメが有効なのか、サラダが有効なのか、シャンプーブラシが

有効なのか、市販の育毛スプレーが有効なのか・・・

あのころは、何がハゲに有効なのか全くわかりませんでした。

しかし、プロペシアと出会ったことで少なくともハゲる恐怖は

半減しました。

 

「プロペシアは効いている」

 

看護師さんに生え際の軟毛化に改善が見られたことを指摘して

もらったおかげで、私はそう確信を持つことができたのでした。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ