プロペシア

プロペシアを2年目から激安で買う方法を知っていますか?

 

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

  • プロペシアを2年続けてどのくらい効果があるのか知りたい
  • プロペシアをもう1年続けるのはきつい。2年目からもう少し安くできないか
  • プロペシアを1年飲んでも効果がなかった。2年目も服用する価値があるかどうか知りたい

プロペシアは医学的にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認められていますが、
効き目には個人差があります。

この記事では、プロペシアを2年飲んで得られる効果について知りたい方、
プロペシアをもう一年続けるのは金銭的にきついので2年目からは
もっと安くプロペシアを買いたいと思っている方向けに書きました。

この記事を読めば、プロペシアを2年続けることで
どのくらいの効果を得られるか理解することができるでしょう。

また、プロペシアの効果を2年目からもっと安く得られる方法についても
お話いたします。

プロペシアを2年飲んだ後に得られる効果については、
具体的な臨床試験のデータを参照してお話します。

プロペシアを2年目から安く買う方法については
私の実体験を踏まえながらお話いたします。

プロペシアを2年続けてどのくらいの効果を得られるのか?

 

まず、プロペシアを2年続けるとどのくらい効果が得られるのか
具体的に見ていきましょう。

 

プロペシアの主成分はフィナステリドと呼ばれています。

国内である臨床試験が実施されました。
それは、フィナステリド0.2mgおよび1mgを含む錠剤を
1年間服用した場合どれだけ効果が得られるか

評価するという内容のものでした。

 

この臨床試験を1年続けて得られた結果については
こちらの記事で解説しています。

プロペシアを1年飲んだ人の90%以上が効果を実感した理由を知っていますか?


プロペシアを1年続けて得られた効果については
こちらの記事を見ていただければと思います。

 

この臨床試験では、24歳から50歳のAGA(男性型脱毛症)の方々が
対象となりました。

AGA(男性型脱毛症)の症状としては軽度から中程度の方々が
臨床試験の対象でした。

この臨床試験では、プロペシアの効果に関して
頭頂部写真評価が行われました。

そして、プロペシアの効き具合を「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」
「不変」「軽度進行」「中等度進行」「著明進行」の七段階で
評価しました。

 

フィナステリド0.2mgを1日1錠、1年間飲み続けたグループにおいて
54%の被験者の方に「改善」が見られました

一方、フィナステリド1mgを1日1錠、1年間飲み続けたグループに
おいては、被験者のうち58%の方に「改善」が見られました。

1年だけでも半数以上の被験者の方に効果があることが
臨床試験によって明らかとなっています。

 

この臨床試験が行われた後、国内でフィナステリド1mg錠投与による
3年間の延長試験
が実施されたそうです。

フィナステリド1mgを1年飲んで改善が見られた被験者の割合は
58%でした。

それが2年後には68%、3年後には78%と年を追うごとに
被験者の改善率が10%ずつ上がっていったのです

プロペシアは即効性に欠け、すぐには効果を感じにくいですが、
根気強く長期間続ければ薄毛が改善するということが
この臨床試験から読み取れるのではないでしょうか。

※この臨床試験に関しては板見智著『専門医が語る毛髪科学最前線』
2009年集英社出版を参照

プロペシアを2年続けている人のツイート

プロペシアを2年続けている人のツイートをいくつか見つけたので
ここで紹介します。

こちらの方は、プロペシアを2年続けてアルコールに
興味がなくなってきているようです。

プロペシアの副作用の中に肝機能障害があります。

そこまで重篤な副作用というわけではないけど、
少し影響があるということなのでしょうか。

アルコールに興味がなくなれば、健康によくなりますが、
楽しみが減ってしまいます。

髪と健康を取るか、楽しみを取るか、
難しいところですね。

 

続いてこんな方がいました。

こちらの方は、プロペシアを2年続けたあとフィンペシアに切り替えて
5年になるようです。

やはり、フィンペシアの価格について触れてますね。

副作用が出なくて効果が同じなら、
断然フィンペシアのほうがお得です。

 

次にプロペシアの効果についてツイートしている方を
見かけました。

こちらの方は、同級生の方がプロペシアを飲んでいて
2年で回復したようです。

やはり、長期的に飲めば効果がある薬のようです。

 

今度はこんな方を見つけました。

こちらの方はプロペシアを2年飲んでM字に効果がなかった
そうです。

プロペシアは頭頂部には効きやすいが、M字には効きにくいと
よく言われますが、実際にそういった傾向があるのかもしれません。

また、この方は外用のミノキシジルを併用してM字を改善したようです

おそらく、大正製薬のリアップ系の育毛剤か何かだと思われますが、
この方はプロペシアとミノキシジルの併用でうまくM字に対処できた
ようです。

プロペシアを2年続ければ改善が見込めるかもしれない。しかし

 

上で見てきた臨床試験が示す通り、プロペシアは長期間続ければ
改善率が上がる薬です。

プロペシアは、1年、2年、3年と続けていくことで
薄毛が改善していきます。

 

しかし、実際にプロペシアを2年以上続けるのは
厳しい面がありますね。

 

そう、コストの問題です。

 

プロペシアは健康保険が適応されないため、
全額自己負担で支払い続けなければなりません。

病院やクリニックによって違いますが、
プロペシアは1ヶ月でだいたい9,000~12,000円くらいかかります。

1年で12万円前後、2年で24万前後もかかってしまうのです。

1年だけでも12万円前後かかるのに、2年続けるのは
金銭的に厳しいですよね。

 

実は、コストを大幅に減らしてプロペシアを
2年目以降続けることができます

では、プロペシアを2年目から安く続けるにはどうしたらいいか、
次に見ていきましょう。

プロペシアを2年目から格安で購入するには

 

プロペシアを2年目以降安く買える方法があります。
正確には、プロペシアと同じ効果を得られてコストを
大幅に減らす方法があります。

 

それはプロペシアのジェネリックを購入することです。

 

ジェネリック(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が
切れた後に販売される薬で、新薬(先発医薬品)と同じ
効果、有効成分等がある医薬品の事です

 

新薬(先発医薬品)よりも開発費を抑えられるため、
ジェネリック(後発医薬品)のほうが安く買えます

 

プロペシアのジェネリックでフィンペシアという
有名な薬があります。

 

ただ、フィンペシアは国内で製造されていないので、
買う場合は、個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

フィンペシアが買える通販サイトは海外のものが多いですが、
全て日本語で書かれているので、アマゾンや楽天など
国内の通販サイトと同じような感覚でフィンペシアを買えます
(アマゾンや楽天ではフィンペシアを売っていません)

日本語で買えるので、安心ですね。

 

価格に関しては、1ヶ月分でだいたい1,500~2,200円くらいで
フィンペシアを買えます。

プロペシアの1/5またはそれ以下で買えるので、
フィンペシアがいかに安いかご理解いただけると
思います。

 

フィンペシアが買える通販サイトとして、
オオサカ堂やアイドラッグストアーなどが有名です。

価格が安い、成分鑑定済みである、有害な成分が入っていないなど
フィンペシアの購入先としては優良なサイトだと思います。

 

オオサカ堂とアイドラッグストアーでフィンペシアを
買う方法についてはこちらの記事で解説しています。

【図解あり】フィンペシアの購入方法を大手通販サイトを例に徹底解説!


個人輸入代行のサイトでフィンペシアを買うには
どういった手順で手続きすればいいのか、
興味があればご覧いただければと思います。

 

プロペシアの1ヶ月当たりのコストが1万円だとすると、
年間12万円になります。

プロペシアを2年間続けると、合計24万円かかります。
結構な金額ですね。

一方、フィンペシアの1ヶ月当たりのコストを2,000円と考えると、
年間で24,000円、2年間で48,000円になります。

 

プロペシアとフィンペシアを比べた場合、
年間ベースでこれだけコストに差が出てしまうのです。

しかも、金額が下がったからと言って効果が薄れるわけでは
ありません。

フィンペシアの主成分はプロペシアと同じフィナステリドです。

ですので、フィンペシアを飲めばプロペシアとほぼ同じ
効果を得ることができます

コスパ面において、フィンペシアは優秀ですね。

フィンペシアの欠点は?

 

同じ効果なのにここまで安いのは虫が良すぎる。
フィンペシアには何か裏があるのではないか。

もしかしたら、そう思われてしまったかもしれません。

コスパがいいとはいえ、フィンペシアも完ぺきではありません。
フィンペシアにも欠点があります。

 

フィンペシアの欠点としてまず思いつくのは副作用です。

しかし、これはフィンペシア特有の欠点ではなく
プロペシアについてもいえることです。

プロペシアの主な副作用として、ED(勃起不全)、射精障害など
男性機能に関するものや、肝機能障害
があげられます。

フィンペシアの副作用もプロペシアと同じと考えて
いいでしょう。

副作用のリスクに関しては、プロペシアとフィンペシアでは
あまり差がないと考えられます。
(フィンペシアが正規品であるという前提であれば)

 

ただ、プロペシアとフィンペシアには
健康を害した際に保証を受けられるかどうかという点において
大きな違いがあります

プロペシアは国内の病院やクリニックで処方されます。

プロペシアを飲んで副作用など重篤な健康被害を受けた場合、
公的な救済が受けられます。

医師の指導のもと、適正に薬を使用したにもかかわらず
重篤な健康被害を受けた場合は、国から救済を受けることが
できます。

 

これを医薬品副作用被害救済制度といいます。

 

一方、フィンペシアは海外で製造された医薬品で
日本国内では未認可です。

そのため、医薬品副作用被害救済制度は対象外です

もし、フィンペシアを飲んで重篤な副作用が起きても
国は救済してくれません。

 

全て自己責任になるわけです。

 

万が一フィンペシアの粗悪品を購入してしまって
重篤な副作用が起きてしまったら・・・・。

考えるだけで恐ろしいですね。

フィンペシアの購入を決める際は、コスパ面と
国から救済してもらえないリスクをはかりにかけて
よく検討したほうがいいと思います。

プロペシアの2年目は国内のジェネリックに切り替える方法もある

 

プロペシアは高くて2年目以降も続けるのは厳しい、
フィンペシアは副作用など健康被害を受けた時に
国から救済してもらえないので購入するのは不安。

そういう場合は、2年目から国内のプロペシアジェネリック
切り替えるという方法があります。

プロペシアのジェネリックは海外製のフィンペシアだけでなく、
国内製のジェネリックもあります。

サワイ、トーワ、ファイザーなどのフィナステリド錠が
国内のプロペシアジェネリックの例としてあげられます。

価格は1ヶ月あたりだいたい4,000~5,000円ほどです。
年間で6万円ほどでしょうか。

フィンペシアより割高になってしまいますが、
国内のジェネリックのほうが安心できる場合は、
国内製のプロペシアジェネリックを買うのも
ありかもしれません。

プロペシアを2年続けることができなかった理由

ここからは、私の体験談をお話させていただきたいと
思います。

私は29歳の時にAGA(男性型脱毛症)と診断され、
プロペシアでの治療を開始しました。

私が処方してもらった病院では、
毎月プロペシアに1万円かかっていました。

1年続けて合計12万円かかりましたが、
満足な効果を得られたとは言い難く、
得られた効果はせいぜい現状維持程度でした。

12万円かけてその程度の効果しか得られなかったので、
プロペシアを2年目も続けていこうとは思えませんでした。

しかし、私はハゲたくなかったので、
他の方法を探しました。

プロペシアをやめて2年目からはじめたコスパ最強の薬

プロペシアを2年も続ける経済的余裕がなかった私が
見つけた方法が先ほどお話したフィンペシアでした。

さらに、ミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)を追加すると
効果的に育毛できる
ことがわかりました。

プロペシアやフィンペシアはAGA(男性型脱毛症)による
抜け毛を抑えるための薬です。

飲むことによって、抜け毛を抑え抜け毛の進行を食い止めることは
できますが、積極的に発毛を促す効果があるわけではないので、
短期間で効果を実感するのは難しいと思います。
(個人差はあると思いますが)

 

一方、ミノタブは血流を改善し髪の毛に栄養を届けやすくすることで
発毛を促進します。

 

プロペシアやフィンペシアとミノタブを併用することで
抜け毛を抑えつつ発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能になります

そのため、プロペシアまたはフィンペシアとミノタブは
AGA(男性型脱毛症)治療最強と言われています。

さらに、フィンペシアとミノタブを個人輸入で買うと
ひと月当たり2,000円未満で買うことができます。

プロペシアだけだと毎月1万円で抜け毛防止の効果しか得られません。

一方、フィンペシアとミノタブであれば1ヶ月あたり2,000円未満で
AGA(男性型脱毛症)治療最強の効果を得ることができます

プロペシアの1/5以下のコストになったうえに
AGA(男性型脱毛症)治療最強の効果を得られたのです

 

フィンペシアとミノタブを併用して2ヶ月くらいで
髪が太くなるのを感じました

プロペシアを1年飲んで現状維持程度の効果しか得られなかった
ことを考えると、フィンペシアとミノタブは信じられないくらい
コスパのいい薬でした。

そしておよそ半年でフサフサの髪を取り戻すことができたのでした。

コストを大幅に下げ、フサフサの髪を取り戻せたことに
満足しました。

AGA(男性型脱毛症)治療最強の組み合わせにも欠点がある

フィンペシアとミノタブに満足していた私ですが、
だんだん不満になってきました。

なぜならば、フィンペシアとミノタブにはある致命的な欠点が
あるからです。

 

その欠点とは、薬をやめると効果がなくなることです

 

確かに、フィンペシアとミノタブはAGA(男性型脱毛症)治療最強の
名に恥じない効果あります。

 

しかし、フィンペシアとミノタブを飲んでフサフサになったからと
いってAGA(男性型脱毛症)が完治するわけではありません。

フィンペシアとミノタブの効果があるのは飲んでいる間だけであり、
飲むのをやめれば効果がなくなり、再び髪が抜け始めます。

 

つまり、髪を維持するために一生フィンペシアやミノタブを
飲み続けなければならないということです

プロペシアを飲んでいた頃よりもはるかに経済的負担を軽くでき、
フサフサになることができました。

しかし、いくら安いからと言って一生フィンペシアやミノタブに
縛られ続けるのはわずらわしいと感じるようになりました。

本当の意味での低コスト育毛に出会う

フィンペシアとミノタブをわずらわしく思っていた私は、
色々さがしました。

すると、ある方法が見つかりました。
その方法もまたプロペシアの1/5以下でできるないようでした。

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです

もちろん、髪を維持するために一生フィンペシアやミノタブを
飲み続ける必要はありませんでした。

私はフィンペシアとミノタブをやめて
その方法に切り替えました。

すると、フィンペシアとミノタブを飲んでいた頃よりも
髪がフサフサになり、フィンペシアとミノタブに頼らなくても
髪が維持できるようになりました

その方法は、薬を使わない育毛法です。
育毛というと、プロペシアやフィンペシアなどの薬、
リアップなど頭皮に塗るタイプの育毛剤などの
存在が目立っているためあまり知られていませんが、
薬を一切使わずにAGA(男性型脱毛症)を克服することは可能なのです

 

薬を使わない育毛に取り組むことによって、

  • コストを大幅に減らすことができる
  • 副作用のリスクなく育毛できる
  • 髪を維持するために薬を飲み続ける必要がなくなる

など多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思っています。

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は低コスト育毛倶楽部です。

当メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わずに
AGA(男性型脱毛症)を克服した方法についてお伝えいたします。

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に興味を持っていただけたなら
下のメルマガ登録フォームより
今すぐご登録を!

 

追伸

以前までは、薬を使わない育毛法の1年にかかるコストは
およそ2万円でした。

プロペシア等に比べれば十分に安いですが、
この低コスト育毛がさらに安くなりました。

なんと、年間1,000円のコストで
薬を使わない育毛が実践できるようになりました。

もちろん、価格が大幅に下がったからと言って内容まで
大幅に減ったわけではありませんのでその点はご安心ください。

むしろ、前よりもさらに情報量が多くなり新しいものになりました。

薬を使わない育毛法がバージョンアップしたこのタイミングで
メルマガに登録してみてはいかがでしょうか。

-プロペシア

Copyright© 男性ホルモン・ムダ毛の多い30代男がコストを削ってAGAを克服できた , 2020 All Rights Reserved.