ケープアロエをはじめとするアロエの育毛効果


aloe

 

ケープアロエについて

 

アロエは世界におよそ300種類もあるといわれており、
日本ではキダチアロエやアロエベラなどがよく知られていて、
軽いやけどに塗ったり、果肉を食べるなどして用いられています。

 

ケープアロエは、南アフリカ原産のフェロックス、アフリカーナ
などの雑種のアロエの総称です。

 

ケープアロエは南アフリカでは代表的なアロエで、
アロエの葉を知るにしたものを乾燥させて固まらせて粉にしたものが
便秘薬などとして使われています。

 

ケープアロエの効果

 

ケープアロエに含まれているアロインという成分には、
血圧を下げる、腸のぜん動運動の活発化、胃もたれ改善などの
効果があります。

 

また、ケープアロエのゼリー状の部分を塗布すると、
切り傷ややけどに効くといわれています。

 

その他にも、ケープアロエには保湿効果があるので、
日焼け後などスキンケアにも用いられると聞きます。

 

ケープアロエの副作用

 

ケープアロエをはじめ、アロエには殺菌・抗菌作用、抗酸化作用
などがあり、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれている
ため、美容・健康にいい食品として人気があります。

 

しかし過剰摂取すると、腹痛や下痢になる恐れがありますので
注意が必要です。

 

ケープアロエの育毛効果

 

先ほども触れたアロエに含まれているアロインには、
AGAの原因となっている5αリダクターゼを抑制する働きが
あるとされており、AGAに効果のある成分として
注目されるようになりました。

 

その他、アロエにはレクチンという成分があり、
このレクチンには髪の成長を促進する効果があるとされています。

 

また、アロエにはポリフェノールも含まれており、ポリフェノールの
血行促進効果により、頭皮に栄養が行き渡り、育毛効果が期待できる
と考えられます。

 

薄毛治療に効果があるアロエの種類としては、ケープアロエ、
アロエベラ、キダチアロエ、ソコトラアロエが挙げられます。

 

アロエを含む育毛剤は主に塗布するタイプのものが主流の
ようです。

 

 

アロエエキス入りの育毛剤にはアルコール類やアレルゲンなど
頭皮に悪影響を与えるものが含まれている場合があります。

 

アロエを含んだ育毛剤を使用する場合、
こういった成分でアレルギー等問題が起こらないか注意する
したほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

PS.

 

私は、元々フィナステリド(プロペシア)やミノキシジル等の
AGA治療薬を中心に当ブログで扱ってきましたが、最近では
こういったAGA治療薬に頼らずに育毛することが望ましいと
考えるようになりました。

 

それはなぜか。フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルに
頼った育毛のデメリットが大きいからです。

 

フィナステリド(プロペシア)の代表的なデメリットとして
副作用が挙げられます。男性機能の低下を恐れて
フィナステリド(プロペシア)を控える男性が多いですね。

 

ミノキシジルの副作用として多毛症が有名です。
簡単にいうと、毛深くなるということですね。

 

これを嫌がってミノキシジルを使用しない人も
それなりにいるのではないでしょうか。

 

副作用もデメリットではありますが、私が考えるAGA治療薬の
一番のデメリットはコストです。

 

フィナステリド(プロペシア)にしてもミノキシジルにしても、
保険適応外で全額自己負担のため、これらの薬で育毛すると
金銭的に大きな負担を負うことになります。

 

これら2つのデメリットにより、副作用を恐れる人と
経済的に不安定な人の育毛のチャンスが奪われてしまうのです。

 

しかし、私はこれら2つのデメリットを解消して育毛できることを
知っています。

 

私の低コスト育毛を実践すれば、副作用のリスクを一切負うことなく、
コストを大幅に下げて育毛することが可能です。

 

副作用を恐れている人にも、金銭的に余裕がない人にも
平等に育毛のチャンスがあることをあなたにも知っていただきたいと
思っています。

 

低コスト育毛については、ほかの記事で色々語っていますので、
是非ご覧になってみてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ