ベタイン(トリメチルグリシン)の育毛効果について


sugarbeet

 

 

ベタイン(トリメチルグリシン)とは?

 

ベタイン(トリメチルグリシン)とは、ヒユ科アカザ亜科フダンソウ属の
テンサイからとれる成分です。

 

 

ベタイン(トリメチルグリシン)の効果について

 

ベタイン(トリメチルグリシン)の保湿性、吸湿性、浸透性により
肌や髪に潤いを与えるスキンケア商品やヘアケア商品に
使用されています。

 

また、帯電を防止する効果があるため、ヘアケア商品には
必要な成分であると考えられています。

 

 

育毛剤に使用する場合、ベタイン(トリメチルグリシン)が持つ
保湿効果により、頭皮の乾燥を防止し、頭皮環境が整えることが
できると考えられます。

 

ベタイン(トリメチルグリシン)の安全性に関しては、食品にも
用いられていることもあり、心配ないと考えられています。

 

 

 

 

【追記】私が薬を使わずにAGAを克服した方法について

 

私がAGAと診断されたときは、頭皮に塗布するタイプの育毛剤
ではなく、フィナステリド(プロペシア)で治療を始めました。

 

フィナステリド(プロペシア)は保険適応外のため負担額が大きく、
1年間で12万円もかかってしまいました。

 

私はフィナステリド(プロペシア)の高額な治療費に耐えかねて
もっと金銭的負担が少なくて済む方法を探しました。

 

 

すると、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル(ミノタブ)
の効果をフィナステリド(プロペシア)単独の1/5以下のコストで
得られる方法を発見しました。

 

AGA治療最強とも謳われるフィナミノの併用効果がこんなに低コストで
得られることに驚きを隠せませんでしたが、その方法を試した結果、
1年も経たないうちにAGAを克服することに成功しました。

 

毎月お財布と相談しながらフィナステリド(プロペシア)の服用を
続けてきたのがまるで嘘のようでした。

 

しかし、この方法も薬を使った方法だったため、服用を中止すると
効果がなくなってしまい薄毛が再び進行してしまうのでした。

 

薬を使い続けないと髪を維持できないことに私はわずらわしさを
感じるようになりました。

 

私はこのわずらわしさから何とかして解放されたいと思い、
薬を使わない方法を探しました。

 

 

すると見つかったのです。私が探し求めていた方法が。

 

 

その方法は、薬や育毛剤を一切使うことがなかったので、
副作用のリスクも一切ありませんでした。

 

コストに関しても年換算ではフィナステリド(プロペシア)の
1/5以下で実践できました。

 

その方法に切り替えた結果、私は薬を使わずに
髪を維持できるようになり、最終的には育毛コストが
ゼロ円になりました。

 

 

このように、副作用のリスクを回避できる、低コストで実践できる
など薬を使わない育毛にはメリットが多いのです。

 

私は薬を使わない育毛のこうしたメリットまたは重要性を伝える
活動をブログやメルマガでしています。

 

もし、薬を使わない私の育毛について興味を持っていただけたら
他の記事でも色々語っていますので、是非ご覧ください。

 

 

また、メルマガにご登録いただいた方限定で私がAGAを克服した方法
を公開しています。

 

今なら無料で登録できます。低コストで副作用のリスクを
一切負うことなくAGAを克服したいと考えているなら、
今のうちにどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ