BG(1,3-ブチレングリコール)の効果や安全性について


chemical

 

 

BG(1,3-ブチレングリコール)とは?

 

BG(1,3-ブチレングリコール)とは、アルコールの一種で
アセトアルデヒドを合成して得られる成分です。

 

BG(1,3-ブチレングリコール)と似た働きをする成分として
グリセリンが挙げられますが、グリセリンは天然成分から
作られているのに対し、BG(1,3-ブチレングリコール)は
化学物質から作られています。

 

BG(1,3-ブチレングリコール)には保湿効果があることから、
化粧品や育毛剤に用いられています。

 

 

その他のBG(1,3-ブチレングリコール)の特徴としては、
抗菌作用がある、あまりべたつかないなどが挙げられます。

 

 

BG(1,3-ブチレングリコール)の副作用に関しては、
天然成分由来のグリセリンとは違い、化学物質から合成されているので、
そういった面では少し心配な気もしますが、低刺激な成分であるため、
アレルギー体質など肌のトラブルを起こしやすい場合以外は、
あまり心配がないとされています。

 

 

 

 

 

 

【追記】副作用のリスクが一切なくコストを抑えて育毛したい方へ

 

BG(1,3-ブチレングリコール)について調べているあなたも、
副作用の心配がない育毛に興味がおありなのではないかと思います。

 

現代では、フィナステリド(プロペシア)などのAGA治療薬や
ブブカなどの塗布するタイプの育毛剤など育毛の選択肢は
いろいろあります。

 

 

しかし、育毛剤による育毛が目立ちすぎているため、
薬を使わない育毛についてはあまり知られていません。

 

私が薬を使わない育毛について知ったのは、
フィナステリド(プロペシア)などのAGA治療薬に不満を持った
ことがきっかけでした。

 

フィナステリド(プロペシア)は確かにAGAに対して効果があります。
しかし、飲んでいる間しか効果がありません。

 

 

服用を中止すれば再び髪の毛が抜けます。

 

 

つまり、髪を維持したければ、一生フィナステリド(プロペシア)を
飲み続けなければならないのです。

 

私はこのことに強い不満を持ちました。

 

 

この不満を解消すべく、薬を使わない育毛を探した結果、
そのような方法に巡り合うことができ、その方法を実践して
フィナステリド(プロペシア)なしでも髪が維持できるように
なったのです。

 

また、フィナステリド(プロペシア)は全額自己負担で
毎月1万円程度、年間約12万円もかかりますが、
薬を使わない育毛の年間コストはフィナステリド(プロペシア)の
1/5以下で済んでしまいました。

 

 

薬を使わない育毛を実践することでコストを大幅にカットできる、
副作用のリスクを回避できるなど様々なメリットを得ることが
できます。

 

薬を使わない育毛のこうしたメリットを伝える活動を
ブログやメルマガでしています。

 

あなたが今まで副作用で悩まされたり、たくさんお金を
かけてきたのならば、信じられないかもしれませんが、
副作用のリスクを一切負うことなく低コストでAGAを克服することは
可能なのです。

 

是非、あなたにもこの事実について知っていただきたいと
思っています。

 

育毛に関する私の考え、または私自身のことについて
他の記事でお話ししていますので、是非ご覧ください。

 

 

また、メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わずに
AGAを克服した具体的な方法をお伝えします。

 

今なら無料で登録できます。副作用の悩まされたくない、
コストをもっと下げたいと考えているなら、
無料期間中にどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ