ツバメの巣などに含まれるシアル酸の育毛効果について


birdnest

 

 

シアル酸とは?

 

シアル酸とは、糖質の一種で人の母乳や唾液、牛の唾液などに
含まれています。

 

食べ物では、シアル酸はツバメの巣やローヤルゼリーを
食べると摂取できるといわれています。

 

その他、牛乳や卵からシアル酸が抽出できるそうです。

 

 

シアル酸の効果

 

1. 免疫力上昇

 

シアル酸には菌やウイルスと結合する働きがあり、感染症を
予防することができるそうです。

 

2. 美肌効果

 

シアル酸には、たるみ、シミ、シワなど体内の酸化を防ぐ
働きがあるそうです。

 

さらに、シアル酸にはヒアルロン酸やコラーゲンを必要なところへ
誘導する働きがあるといわれ、これにより美肌効果が得られると
考えられています。

 

 

シアル酸の育毛効果

 

名〇屋〇立大の〇嶋教授らが牛に頭をなめさせると髪が生える
という古い言い伝えを研究したところ、「牛の唾液にシアル酸が
含まれているため、育毛に効果がありそうだ」という結論に達した
そうです。

 

研究結果によれば、半年ほどで育毛効果が得られるケースが多く、
女性の場合、肌の弾力も上がったとのことです。

 

 

イソフラボン&カプサイシンの研究で不祥事を起こした教授の
話ですので、鵜呑みにするのはちょっと気が引けますが・・・

 

もし、本当に効果があったら面白いですね。

 

研究とは関係ない一般人が牧場の牛に頭をなめてもらって
本当に毛が生えるかどうか第三者の立場で実験すると
面白いかもしれません。

 

 

シアル酸を摂取するには

 

シアル酸はツバメの巣に多く含まれているといわれていますが、
高級食材といわれているツバメの巣を毎日食べるというのは
現実的ではありません。

 

また、実験好きな場合は別として、毎日牧場に通って牛に
頭をなめてもらうというのも難しいでしょう。

 

牛乳や卵に含まれているとはいっても、これらの食品から得られる
シアル酸の量はあまり多くないようです。

 

 

シアル酸を摂取するには、サプリメントを飲むのが手っ取り早い
ようです。

 

また、唾液の分泌量が少ない人、言い換えればドライマウスの人は
シアル酸が少ないので薄毛になりやすいと考えられます。

 

そういったドライマウスの人は特に、咀嚼回数を増やすなど
普段の食生活において唾液の分泌量を増やすことが重要であると
思われます。

 

 

 

 

【追記】薬に頼らずに安く育毛したい方へ

 

私は、AGA治療薬で育毛していた頃、深刻な副作用はなかったのですが、
コストが高かったため、薬によるAGA治療に不満を持っていました。

 

私は、薬に頼らずにAGAを克服できる方法がないか探してみました。

 

その結果、薬を使わなくても髪が維持できるようになり、
最終的には毎月のコストがゼロになりました。

 

元々私は、わかめやひじきなど海藻類で髪が生える、
シャンプーブラシでゴシゴシ頭皮を洗えば皮脂が取れて
髪が生える、などと見当違いなことばかり考えていました。

 

 

そんな育毛の素人だった私でもAGAを克服できました。
そればかりか、服用中止すると効果が失われるといわれている
フィナステリド(プロペシア)に頼ることなく髪が維持できるように
なったのです。

 

私は薬に頼らなくてもAGAを克服できるという事実を伝える活動を
ブログやメルマガでしています。

 

もし、薬を使わずにAGAを克服できたという私の話に興味を
持っていただけたら、ほかの記事でも色々語っていますので、
ご覧になってみてください。

 

 

中学生時代に男性ホルモンが多い体質が定着した、
26歳で仕事のストレスで薄毛になって白髪が大量に増えた、
イボがきっかけでとAGA診断されたなど
プロフィール文を見ていただければ、私について色々知って
いただけると思います。

 

 

また、メルマガに登録していただいた方限定で、
私が低コストでフィナステリド(プロペシア)とミノタブの
効果を得てAGAを克服できた方法そして薬なしでAGAを克服できた
方法を公開しています。

 

今なら無料でメルマガ登録できますので、無料のうちにどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ