ゲンチアナの育毛効果について


gentian

 

ゲンチアナとは、リンドウ科の植物で南フランス、スペイン、
南ドイツ、オーストリアなどで自生する植物で正式名称は
ゲンチアナ・ルテアというそうです。

 

ゲンチアナは古くからヨーロッパで知られていたそうです。
紀元前のおよそ2世紀ごろ、アドリア海沿岸のイリリア国の王
ゲンティウスがゲンチアナの薬効を発見したとされ、
ゲンチアナの名はゲンティウスが由来となっていると
言われています。

 

現在のヨーロッパでも、胃痛、胃炎、吐き気、下痢、消化不良、
食欲不振の治療に内服薬として用いられ、外傷の治療に
外用薬としても用いられるそうです。

 

ゲンチアナから抽出されたエキスは、強壮剤や近縁の薬として
使われるそうです。

 

また、ハーブティーや健康食品にも使われるそうです。

 

日本において、ゲンチアナは、苦みが強いことから食欲不振、
消化不良、食べ過ぎ、胃のむかつきなどを治療するための苦味健胃薬
として使われるそうです。

 

 

普段はこのような使われ方をしていますが、ゲンチアナは
育毛にどのような効果を与えてくれるのでしょうか。

 

頭皮を保湿する効果、血行促進効果、消炎効果などが
あるとされています。

 

 

また、ゲンチアナにはFGF-7という発毛因子があり、
発毛を促進する効果があるという説明が色々なところで
見られます。

 

オメガプロという育毛剤を紹介しているサイトで
こういった記述が良く見られますね。

 

ミノキシジルのように発毛効果があるけど、
ゲンチアナは天然成分なのでミノキシジルよりも
副作用のリスクがほとんどないという説明も
されています。

 

 

もしこれが本当ならいい育毛剤ですね。ミノキシジルは
発毛効果がありますが、副作用があります。

 

毛深くなりたくない人、ミノキシジルを使うとむくんでしまう人、
血圧が下がりすぎる人、リアップX5を使うと頭皮がかぶれてしまう人
など、ミノキシジルで育毛するのが困難な人がいるのも事実です。

 

そういった人にとっては、ゲンチアナを配合した育毛剤を使うという
のもいいかもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

私はフィナステリド(プロペシア)やミノキシジル等薬で
育毛していた頃、副作用は受け入れるべきものと思っていました。

 

しかし、今では考えが変わりました。逆になるべく薬を使わない
育毛をするべきと考えるようになりました。

 

それはなぜか。薬を使わずにAGAを克服することは可能で
そうすることのメリットが大きいからです。

 

フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルのデメリットとして、
主に副作用のリスクとコストが挙げられます。

 

薬を使わずに育毛することでこれらのデメリットを克服することが
できます。

 

このブログに来てくれたあなたにも、薬を使わずにAGAを
克服することが可能であること、またそうすることによって
得られるメリットについて知っていただきたいと思っています。

 

私はこういったことを伝える活動をブログやメルマガで
しています。

 

もし私の育毛に興味をもっていただけたら、ほかの記事で詳しく
語っていますので、ご覧になってみてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ