人参が育毛に使われていることを知っていますか?


ginseng

 

あなたは、人参が育毛剤に使われていることを知っていますか。

 

私も最初は知らなかったのですが、色々調べていくうちに
人参が育毛剤に使われていることを知りました。

 

といっても、スーパーに売っているような普通の人参が
使われているわけではありません。

 

育毛剤に使われているのは、オタネニンジンという人参です。
この名前だとおそらく聞き慣れないと思いますが、
高麗人参とか朝鮮人参などという呼び名ならばあなたも
聞き覚えがあるでしょう。

 

調べたところ、オタネニンジンも高麗人参も朝鮮人参も
同じものを指すようです。

 

この記事では、オタネニンジンで統一したいと思います。

 

 

オタネニンジンは、漢方などで有名ですが具体的には
オタネニンジンを使うことでどのような効果が
得られるのでしょうか。

 

オタネニンジンには、サポニンという成分が含まれている
そうです。

 

サポニンには、血行促進作用、抗菌作用、抗酸化作用があると
言われています。

 

頭皮の血行を促進することで、育毛も促進されるでしょう。
抗菌作用、抗酸化作用により、フケやかゆみ、炎症を
抑える効果も見込めそうです。

 

オタネニンジンは、頭皮環境を整えるにはいいものだという
ことはお分かりいただけたかと思います。

 

 

しかし、オタネニンジンを使ったからといってすぐに
髪が生えるわけではないようです。

 

リアップX5のように発毛促進するというわけでは
ないようです。

 

あくまで、頭皮環境を整えて髪を生えやすくするというのが
オタネニンジンの育毛における位置づけです。

 

ですので、オタネニンジンは育毛において中心的に働くというより
補佐的に用いられる成分のようです。

 

 

 

 

PS.

 

オタネニンジンのような天然成分だと、薬のような目に見える
効き目というのはなかなか得られ難いです。

 

しかし、こういった成分にはメリットがあります。
それは、副作用のリスクを軽減できることです。

 

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルを併用すると
効果的に育毛することができますが、様々な副作用のリスクを
負うことになります。

 

フィナステリド(プロペシア)には、ごく一部とはいえ
男性機能の低下または肝機能障害の副作用が出る恐れが
あります。

 

ミノキシジルに関しては、血圧低下、むくみ、多毛症などが
副作用として挙げられます。

 

オタネニンジンなどは、効き目を自覚しにくいかもしれませんが、
こういったリスクを避け、安全に育毛することができると思います。

 

 

あなたも副作用のリスクを恐れて、本当は育毛したいのに
なかなか育毛を始められないのではないでしょうか。

 

ご安心ください。フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルを
使わなくても、育毛することは可能です。

 

実際に、私はフィナステリド(プロペシア)やミノキシジル等
の使用を中止して、薬を使わない育毛に切り替えてAGAを
克服することができました。

 

このブログにきて来ればあなたにも、副作用のリスクを負うことなく
AGAを克服できることを知っていただきたいと思います。

 

他の記事でも色々語っていますので、是非他の記事も
ご覧になって見てください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ