ミカンで育毛?ヘスペリジンの効果について


tangerines

 

ヘスペリジンとは?

 

ヘスペリジンとは、柑橘類に多く含まれている
ポリフェノールの一種です。

 

ヘスペリジンは別名ビタミンPとも呼ばれていますが、
厳密にはビタミン類ではないことが明らかとなり、
現在では、ビタミン様物質として扱われているそうです。

 

ヘスペリジンは、みかんやレモンなどの柑橘類のほか、
さくらんぼにも含まれています。

 

 

ヘスペリジンの効果

 

ヘスペリジンには、末梢血管を強化する作用があり、
これにより血流を改善することができます。

 

末梢血管には、毛細血管が多く存在し、体内の細胞・物質と
やりとりができます。

 

細胞は、末梢血管から酸素や栄養素を与えられることで
健康状態を維持します。

 

末梢血管を強くしなやかに保つために、血管を構成する成分である
コラーゲンを生成することが重要です。

 

コラーゲン生成には、ビタミンCがかかわっています。

 

ヘスペリジンにはビタミンCの働きを補強する作用があり、
この作用によりコラーゲン生成を促進し細く弱い末梢血管を
丈夫にすると考えられています。

 

ヘスペリジンは、そのほか冷え性改善や高血圧にも
効果があるといわれています。

 

 

ヘスペリジンの育毛効果

 

先に述べたように、ヘスペリジンには血流を改善する
作用があります。

 

この作用により、頭皮の血行も改善され髪を育てることが
できるでしょう。

 

 

 

 

PS.

 

血流を改善するというと、ミノキシジル(ミノタブ)を
思い浮かべます。

 

ミノキシジル(ミノタブ)でも血流を改善して髪を太くすることは
可能です。

 

 

しかし、ミノキシジル(ミノタブ)には多毛症といって
毛深くなる副作用が出ます。

 

 

フィナステリド(プロペシア)の副作用は出る割合が少ないのに
対し、ミノキシジル(ミノタブ)の副作用が出る割合は多いように
思います。

 

また、ミノキシジル(ミノタブ)はむくみや血圧低下などの
副作用があるといわれています。

 

 

こういった副作用を避けて育毛するのが理想的です。
そしてそういった理想的な育毛が可能であることはあまり
知られていません。

 

副作用のリスクを一切負うことなく、薬に頼らずにAGAを克服する
ことが可能であるということを伝える活動をブログやメルマガで
しています。

 

フィナステリド(プロペシア)やミノキシジル(ミノタブ)などの
AGA治療薬などが目立ってしまい、生活習慣等の改善で育毛できる
という事実がそれらAGA治療薬の陰に隠れてしまっているのです。

 

そういった陰に隠れた育毛にスポットライトを当てる。
私の活動にはそのようなことも含まれています。

 

このブログに来てくれたあなたにも是非そのことを知ってもらいたい
と思っています。

 

他の記事でも色々と語っていますので、是非ご覧になって
見てください。メルマガも現在登録無料です。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ