ヒキオコシ(延命草)で育毛効果をヒキオコシ?


hikiokoshi

 

ヒキオコシとは、しそ科ヤマハッカ属に属する植物で日本では
北海道から九州まで自生しています。

 

ヒキオコシは別名延命草(エンメイソウ)とも呼ばれています。
昔、弘法大師が山道で倒れていた一人の病人に気づき、
ヒキオコシ(延命草)のしぼり汁を飲ませたところ、元気になって
起き上がったという逸話があります。

 

この逸話で人を引き起こす力があるということからこの植物は、
ヒキオコシ(延命草)と呼ばれるようになったそうです。

 

ヒキオコシ(延命草)は苦味健胃薬として用いられ、胸やけ、
胃痛、食欲不振などの胃の疾患に効果があるそうです。

 

 

ヒキオコシ(延命草)から抽出されたエキスが育毛剤に
含まれているそうですが、ヒキオコシエキス(延命草エキス)には
どのような育毛効果があるのでしょうか。

 

ヒキオコシエキス(延命草エキス)には、抗菌作用、保湿効果、
収れん作用、血行促進効果などがあるそうです。

 

血行を促進することで、育毛を促すことができますし、
保湿効果で乾燥した頭皮の環境を改善して育毛しやすく
なりますし、抗菌作用でフケやかゆみ、炎症などを
防ぐことができそうです。

 

ヒキオコシエキス(延命草エキス)は、育毛するには
いい成分のようです。

 

ヒキオコシ(延命草)は、文字通り髪を「ヒキオコシ」てくれるかも
しれません。

 

 

 

 

PS.

 

以前の私は、育毛の方法が全く分からず、薬を使った
育毛ばかり探していました。

 

色々調べて、フィナステリド(プロペシア)とミノタブが
最強のコンビだということはわかりました。

 

そのため、薬で治療していた頃からAGAを克服したてのころまでは
薬で、とりわけフィナステリド(プロペシア)とミノタブの併用で
AGA治療するのが一番だと考えていました。

 

 

ところが最近では、考えが変わってきました。今では、
フィナステリド(プロペシア)もミノキシジルもなるべく
使わない育毛がベストだと考えています。

 

それはなぜか。薬による育毛のデメリットが大きいからです。
私が考える薬のデメリットは治療費です。

 

フィナステリド(プロペシア)は保険適応外のため
全額自己負担となり、私が治療を受けていた頃は月々1万円も
かかってしまいました。

 

それにミノキシジルまで追加してしまうと結構な額になって
しまいます。

 

 

さらに厄介なことに、フィナステリド(プロペシア)も
ミノキシジルも服用している間しか効果がありません。

 

これらの薬にAGAを完治させる力はありません。
これらの薬に頼っている限り、一生育毛にお金をかけなくては
ならなくなります。

 

私はこのことが非常に煩わしくなり、薬を使わずに育毛する
方法を探しました。

 

その結果、現在では薬を一切使わずに髪を維持できるようになり、
育毛にお金をかける必要がなくなりました。

 

さすがに初期費用はタダというわけにはいきませんでしたが、
フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルを使うよりも
はるかに低コストで育毛することができました。

 

収入が不安定でも、AGAクリニックでフィナステリド(プロペシア)と
ミノタブを処方してもらう余裕がなくても、ましてやHARG治療を
受ける経済的余裕がなくても、AGAを克服することが可能なのです。

 

 

コスト以外でも、副作用を恐れてAGA治療に踏み込めない人も多いと
聞きます。

 

経済的な理由そして副作用のリスクを理由としてAGA治療をしていない
人たちはフサフサになるチャンスを逃していると思います。

 

こういった人たちにもフサフサになるチャンスがあるという
事実を伝えることが私の仕事だと考えています。

 

このようなことを目的として、ブログやメルマガで育毛に関する
情報を発信しています。

 

このブログに来てくれたあなたにも、私の育毛について
知ってもらいたいです。

 

そしてフサフサになるチャンスを手に入れてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ