ヒオウギエキスは抜け毛を防ぐ。フィナステリド(プロペシア)との違いは?


bblily

 

ヒオウギエキスとは?

 

 

ヒオウギ(檜扇)とはアヤメ科の植物で、そのヒオウギから
抽出されたのがヒオウギエキスです。

 

このヒオウギエキスには、育毛効果があるといわれています。
どのような効果があるのか、具体的に見ていきましょう。

 

 

ヒオウギエキスの主成分はイソフラボンです。
女性ホルモンとよく似た働きをする成分として有名で
育毛や美容関連の商品でよく用いられるイソフラボンですが、
ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンはどのような働きをする
のでしょうか。

 

ヒオウギエキスの効果は5αリダクターゼの抑制

 

 

なんと、5αリダクターゼを抑制して抜け毛を減らす効果が
あるのだそうです。

 

あなたもAGAに苦しめられているのなら、5αリダクターゼの
ことはよくご存じでしょう。

 

 

5αリダクターゼとは、そう、諸悪の根源です。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼの
影響を受けてジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、
このDHTによって髪が抜けてしまうというのがAGAのメカニズム
だということはよく知られています。

 

 

つまり、5αリダクターゼのせいで私たちはハゲてしまった
というわけです。

 

この5αリダクターゼを抑制する有名な薬があります。
そう、フィナステリド(プロペシア)です。

 

フィナステリド(プロペシア)を服用することで、5αリダクターゼ
によってテストステロンがDHTに変換されるのを防ぎ、抜け毛を防止
できます。

 

イソフラボンを含んだヒオウギエキスが5αリダクターゼを
抑制する効果があるとするならば、ヒオウギエキスには
フィナステリド(プロペシア)と同様の効果があるということに
なります。

 

ヒオウギエキスとフィナステリド(プロペシア)の違い

 

 

では、ヒオウギエキスとフィナステリド(プロペシア)の違いは
一体何なのでしょうか。

 

両者の違いは副作用にあるようです。

 

あなたもよくご存じだと思いますが、フィナステリド(プロペシア)
には副作用のリスクがあります。男性機能の低下が有名ですね。
臨床試験などのデータからはごく少数とは言われていますが、
絶対にこの副作用がでないとは言い切れません。

 

また、フィナステリド(プロペシア)市販後に重篤な肝機能障害が
報告されたという話も聞きます。肝臓が良くない人も
フィナステリド(プロペシア)を服用するのはためらうでしょう。

 

 

このように、フィナステリド(プロペシア)には副作用のリスクが
あります。

 

ヒオウギエキスの場合はどうでしょうか。
なんと、ヒオウギエキスはフィナステリド(プロペシア)とは違い、
副作用のリスクがないといわれています。

 

フィナステリド(プロペシア)のような薬品と違い、
ヒオウギエキスは天然成分なので、副作用の心配がないと
いうことなのでしょう。

 

もちろん、人それぞれ体質がありますので、100%誰でも安全という
わけにはいかないと思いますが、フィナステリド(プロペシア)の
副作用を避ける手段として、ヒオウギエキスの使用を検討するのも
いいかもしれません。

 

ヒオウギエキスのMMP-1抑制効果

 

 

5αリダクターゼ抑制以外の効果として、MMP-1抑制が挙げられます。

 

MMP-1とは、胎内のコラーゲンを分解してしまう分解酵素の一つ
だそうです。

 

MMP-1は、紫外線やたばこの煙、排気ガスなどの環境ストレスの
影響で生成が促進されるそうです。

 

コラーゲンが分解されてしまうと、潤いが失われ、頭皮が老化して
抜け毛の原因になるといわれています。

 

ヒオウギエキスを使うことで、MMP-1の生成を抑制し、頭皮に潤いを
与え、抜け毛を防ぐことができるといわれています。

 

フィナステリド(プロペシア)のような副作用が出る恐れが少なく、
5αリダクターゼを抑制することができ、頭皮に潤いを与えて
頭皮の老化を防ぎ、抜け毛を防止できるヒオウギエキスは
魅力的な成分かもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

薄毛で悩んでいるうちは、育毛剤に頼るのも一つの手だと
思います。

 

今回お話ししたヒオウギエキスを使う方法、
副作用の恐れがあるけど効果が出やすい
フィナステリド(プロペシア)とミノタブの併用など
育毛の方法はいろいろあります。

 

こういった育毛剤や育毛成分などを使うことでAGAを
克服することは可能なのでしょうが、ずっとこういったものに
頼り続けていると、お金がかかり続けます。

 

私自身もかつてはフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなど
薬に頼って育毛していました。

 

そういった方法でAGAを克服できるのですが、完治させることはできず、
フサフサになっても薬を服用しなければ効果を維持できません。

 

私は、フサフサになった段階で徐々に薬から離れて最終的に
薬に頼らずに髪が維持できるようになることが重要だ
考えています。

 

私はフィナステリド(プロペシア)など薬にずっとお金を
払い続けるのが煩わしくなったため、薬を使わない育毛に
シフトチェンジしました。

 

その結果、フィナステリド(プロペシア)など薬を使うことが
なくなり、最終的には毎月の育毛コストをゼロ円にすることが
できました。

 

私自身実現できたから自信を持って言えることですが、
最終的に育毛コストをゼロ円にすることは可能です。

 

フィナステリド(プロペシア)などの副作用のリスクを
負いたくない、ずっと育毛にお金を使い続けるのは嫌だと
思っているなら、あなたにも私の低コスト育毛について
知っていただきたいと思います。

 

他の記事でも色々語っていますので、ご覧になってみて
ください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ