カワラヨモギエキスの育毛効果について


kawarayomogi

 

 

カワラヨモギエキスとは?

 

カワラヨモギエキスとは、カワラヨモギの花、茎、葉などから
抽出したエキスです。

 

カワラヨモギは、キク科ヨモギ属の多年草で、中国、朝鮮半島など
主にアジアに分布していて、日本においては本州以南の地域に
分布しています。

 

 

カワラヨモギエキスの効果について

 

フラボノイド、タンニン、精油などの有効成分を含んでいて、
抗菌効果があるので、肌荒れ防止のための化粧品などに
配合されています。

 

カワラヨモギエキスは、2000年以上も漢方薬として用いられてきて
消炎効果があるといわれています。

 

この消炎効果により、アトピー、湿疹、肌荒れ、乾燥肌などの症状が
改善されると考えられています。

 

また、カワラヨモギエキスの漢方の生薬名はインチンコウと
呼ばれています。

 

 

カワラヨモギエキスの育毛効果は?

 

カワラヨモギエキスの効果は、抗菌効果、抗炎症効果、
抗アレルギー効果、保湿効果などさまざまなものがあります。

 

こういった効果により、頭皮を清潔に保ちフケやかゆみを
防ぐことが期待できます。

 

 

私のようにフケ症だったり、AGA発症時に脂漏性皮膚炎を
併発した場合は、カワラヨモギエキスを使うことで頭皮環境を
整えることができるかもしれません。

 

 

 

 

【追記】AGA克服に興味がある方へ

 

私は26歳のころに仕事のストレスで薄毛になり、29歳でAGAと
診断されました。

 

元々フケ症で脂漏性皮膚炎も併発してしまい、かなり頭皮の状態は
悪かったと思います。

 

 

そんな私でもAGAを克服することができました。

 

 

私がAGAを克服したきっかけは、フィナステリド(プロペシア)の
高額な治療費に耐えかねたことでした。

 

フィナステリド(プロペシア)は保険適応外のため毎月1万円程度
かかり、1年服用を続けると12万円もかかってしまいました。

 

私はもっと安く育毛できる方法がないか探しました。

 

 

するとある方法が見つかったのです。

 

 

その方法では、それまでの1/5以下のコストで
フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル(ミノタブ)の
両方の効果が得られたのです。

 

最強のAGA治療といわれるフィナステリド(プロペシア)と
ミノキシジル(ミノタブ)の併用効果が月々わずか2千円程度で
得られることに驚きを隠せませんでした。

 

その方法を試した結果、1年も経たないうちにAGAを
克服してしまいました。

 

 

しかし、その方法にはある問題がありました。
それは、薬を飲み続けないと髪が維持できないことです。

 

フィナステリド(プロペシア)などはAGAを完治させる効果はなく、
服用を中止すると薄毛が再び進行してしまうのです。

 

私は低コストでAGAを克服できたことを喜んだものの、
薬に縛られる生活に嫌気がさし、もっといい方法がないか
探したのです。

 

 

すると見つかりました。薬を使わずにAGAを克服する方法を。

 

 

その方法も年換算ではフィナステリド(プロペシア)の1/5程度の
コストで実践することができました。

 

私はその方法を試した結果、2ヶ月程度で薬を使わずに
髪を維持できるようになりました。

 

 

今現在もフィナステリド(プロペシア)などの薬を一切服用
することなく髪が維持できているので、毎月の育毛コストは
ゼロ円です。

 

一般的にはあまり知られていませんが、薬を使わずにしかも
低コストでAGAを克服することは可能なのです。

 

私はこの事実を伝える活動をブログやメルマガでしています。

 

このブログに来ていただいたあなたにも是非知っていただきたいと
思います。

 

私がAGAを克服した経緯、低コスト育毛などについてはほかの記事で
触れていますので、よかったらご覧ください。

 

それから、メルマガにご登録いただいた方限定で私がAGAを克服した
具体的な方法をお伝えしています。

 

今なら無料でメルマガ登録が可能です。低コストでAGAを
克服したいのならば、今のうちにどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ