MSM(メチルサルフォニルメタン)の育毛効果について


sulfur

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)とは

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)は、あらゆる生物に存在し、
様々な食材に含まれるイオウを含んだ物質で、質量のおよそ34%が
イオウで構成されています。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)は、システインやメチオニンなど
アミノ酸の構成要素であるイオウの供給源となるため、体を構成する
骨、軟骨などを作る大切な成分となります。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)は、穀物、野菜、果物、牛乳
などに含まれていますが、それらに含まれている
MSM(メチルサルフォニルメタン)が非常に少量のため、
効率よく摂取するには、サプリメントを使うことが効果的だと
考えられています。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)の効果

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)には、リウマチや関節炎などの
関節の痛みや炎症を和らげる成分であるといわれています。

 

関節炎の例としては、関節リウマチ、変形性関節症、感染症関節炎
などが挙げられます。

 

また、MSM(メチルサルフォニルメタン)には花粉症をはじめとする
アレルギーの症状を緩和する効果があるといわれています。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)が髪に必要な理由

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)は日本語に訳すと「有機イオウ物質」
になるそうです。

 

イオウは体の機能を正常に保つのに必要なミネラルですが、
熱に弱いため調理した食品からは摂取することが難しく、
不足しやすい成分だといわれています。

 

イオウが不足すると影響が出やすいのが軟骨、関節、皮膚そして
髪の毛だといわれています。

 

リウマチ、関節痛、爪の変形、抜け毛などはイオウ不足が
原因だといわれています。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)は、髪や爪を形成するたんぱく質
および関節と関節をつなげるコラーゲンを作り出す重要な働きを
しているので、育毛にも重要な成分だと考えることができるでしょう。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)というのは、
なかなか聞きなれない名称だと思いますが、髪に必要な成分だと
いうのはご理解いただけたかと思います。

 

髪に必要な栄養素として亜鉛がよく挙げられます。
亜鉛も確かに重要ですが、MSM(メチルサルフォニルメタン)なども
含めて幅広く栄養をとることは、より良い育毛を目指していくうえで
重要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

PS.

 

私は、薄毛を自覚し始めた26歳のころ、髪にいい食べ物で
まず初めに浮かんだのがわかめやひじきでした。

 

確かに、わかめやひじきなどの海藻類も髪に必要な成分は
含まれていますが、それらだけ食べても髪が生えてくるわけでは
ありません。

 

より良い育毛をするには、バランスよく栄養を摂ることが
重要だと思います。

 

また、効率よく栄養を吸収することも大事です。

 

育毛というと、フィナステリド(プロペシア)やミノキシジル
などのAGA治療薬、リアップX5などの塗布するタイプの育毛剤などが
イメージとして先行してしまいがちです。

 

これらの薬にも効果があるのは間違いないのですが、
栄養を効率よく吸収するということは見過ごしがちです。
私もそうでした。

 

私は薬によるAGA治療に大きなデメリットを感じ、
薬を使わない育毛を探した結果、食事など生活習慣を改善することで
AGAを克服するできることを知りました。

 

私は長年栄養素そのものよりも栄養のとり方に大きな誤りが
あることをに気が付きました。

 

また、その誤りを正すことで育毛のクオリティを上げることが
できました。

 

栄養の誤ったとり方を正す方法については、
メルマガでお伝えしています。

 

私は栄養のとり方を改善するだけでもだいぶ変わると思っています。
実際に、私は栄養のとり方を改善してフィナステリド(プロペシア)
などのAGA治療薬に頼らなくても髪が維持できるようになりました。

 

是非、あなたにも私がAGAを克服した方法について知っていただきたい
と思います。

 

ブログの他の記事やメルマガでも語っていますので、もしよければ
ご覧になってみてください。(メルマガ登録は現在無料です)

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ