シャンプーに使われているラウロイルメチルアラニンNaについて


surfactant

 

 

ラウロイルメチルアラニンNaとは?

 

ラウロイルメチルアラニンNaは陰イオン系界面活性剤の一種です。

 

陰イオン系界面活性剤の問題点として、その洗浄力の高さゆえに
目への刺激が強すぎたり、頭皮が弱い人には刺激が強すぎて
頭皮トラブルを起こす場合があることなどが挙げられます。

 

 

しかし、ラウロイルメチルアラニンNaは陰イオン系界面活性剤の
中でももっとも刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーで安全性が
高いといわれています。

 

ラウロイルメチルアラニンNaは、phの数値が髪や肌に近い値に
なっていて低刺激なので、色々なアミノ酸毛シャンプーに配合
されているそうです。

 

 

また、ベビーシャンプーやボディソープなどにも用いられている
ので、そういったことからもラウロイルメチルアラニンNaの安全性が
うかがえるのではないでしょうか。

 

 

ラウロイルメチルアラニンNaの欠点

 

陰イオン系界面活性剤の中でも安全性の高い
ラウロイルメチルアラニンNaですが、これにも欠点があるようです。

 

それは値段です。ラウロイルメチルアラニンNaが配合されている
シャンプーはどうしても値段が高くなってしまうそうです。

 

育毛するうえでコストは重要なファクターなので、これは
なんとかしたいところですね。

 

 

 

 

【追記】低コスト育毛のすすめ

 

私が薄毛を自覚したのは、26歳のころでした。

 

育毛というと、高額な育毛サロンや育毛専用シャンプーなどで
対策するイメージがありました。

 

29歳の時にAGA診断され、フィナステリド(プロペシア)を1年間
服用し、合計12万円もかかってしまいました。

 

育毛サロンやシャンプーを利用しない場合でも、
フィナステリド(プロペシア)などAGA治療薬を使用すると、
保険適応外のため金銭的負担が大きいです。

 

 

このようにどのような方法で育毛してもお金がかかる
というのが世間一般の育毛に対するイメージだと思います。

 

しかし、コストをあまりかけずにAGAを克服できるという事実は
あまり知られていません。

 

 

私はフィナステリド(プロペシア)の高額な治療費に耐えかねて、
別の方法を探したことがきっかけで、この事実を知ることが
できました。

 

私はある方法により、フィナステリド(プロペシア)と
ミノキシジル(ミノタブ)の両方の効果を月々2千円ほどのコストで
得ることができ、1年も経たないうちにAGAを克服することに
成功しました。

 

 

さらに、薬を全く使わずに生活習慣等のみで育毛する方法を
見つけ、最終的には薬に頼ることなく髪を維持できるように
なりました。

 

育毛シャンプーなど高額なものを買わなくてもAGAを克服することは
可能なのです。

 

 

あなたにも是非この事実を知っていただきたいと思います。

 

 

ほかの記事でも色々語っていますので、私の育毛に興味を持って
いただけたら、是非ご覧になっていただければと思います。

 

また、低コスト育毛の詳細についてはメルマガでお伝えしています。

 

メルマガでは、私がAGAを克服した方法を具体的にお伝えしています。
今なら、無料で登録できますので無料期間中のうちにどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ