オウゴンエキスが含まれる育毛剤の効果とは?


koganebana

 

 

オウゴンエキスが育毛剤で使われていると聞いたので、
今回はその話をしたいと思います。

 

オウゴンエキスの原料は、「コガネバナ」と呼ばれるシソ科の植物
だそうです。

 

コガネバナの根の部分を乾燥させたものがオウゴンと呼ばれ、
このオウゴンからオウゴンエキスが抽出されるそうです。

 

オウゴンは昔から漢方薬として用いられ、腹痛、頭痛、下痢、嘔吐
胃炎などに効果があるといわれています。

 

保湿やにきび予防等の効果があることから、漢方薬だけでなく
化粧品にもよく用いられるようです。

 

漢方薬・化粧品だけでなく、薄毛にも効果があるという話があり、
育毛剤にも用いられているようです。

 

 

 

 

では、育毛剤に含まれるオウゴンエキスの効果とはいったい
どのようなものなのでしょうか。

 

なんと、テストステロンをAGAの原因物質である
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素5αリダクターゼの
生成を抑制する効果があるそうです。

 

これはまさにフィナステリド(プロペシア)と同じ効果ですね。

 

それにフィナステリド(プロペシア)の場合と違って、
オウゴンエキスは天然の素材から作られているので
副作用のリスクがフィナステリド(プロペシア)の場合と比べて
低い印象を受けますね。

 

実際、オウゴンエキスは天然成分なので副作用の心配がありません
といったような説明が育毛剤に書いているそうです。

 

しかしその一方で、ホルモンバランスに影響が出る場合があるので
注意する必要があるという人もいるようです。

 

 

人それぞれ体質があるので、絶対的に安全とは言い切れない部分は
ありますが、もしオウゴンエキスについて語られていることが
本当だとすれば、いい成分ですね。

 

フィナステリド(プロペシア)は少数とはいえ、男性機能の低下や
肝機能障害等の副作用のリスクがあります。

 

フィナステリド(プロペシア)と比べて副作用のリスクが少ない
のであれば、副作用のリスク回避の手段として、オウゴンエキスを
使用するというのも一つの選択肢かもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

私は元々、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの効果を
得てAGAを克服しましたが、最近ではこういった薬に頼るのとは違う
方法で育毛したほうがいいと考えています。

 

なぜかといえば、薬には致命的な欠点があるからです。

 

薬の致命的な欠点それは・・・服用をやめると効果が
なくなることです。

 

オウゴンエキスについて検索したあなたは、育毛に対して
意識の強い方だと思うので、よくご存じだと思いますが、
フィナステリド(プロペシア)は服用している間しか効果が
ありません。

 

服用を中止すれば再び薄毛が進行してしまいます。
つまり、フィナステリド(プロペシア)に依存している限り、
一生フィナステリド(プロペシア)を飲み続けお金を払い
続けなければならないのです。

 

私はこういったことが煩わしくなり、フィナステリド(プロペシア)に
頼らない育毛を目指しました。

 

その結果、私は薬を使うことなくAGAを克服することができ、
毎月の育毛コスト」を0円にすることができました。

 

 

フィナステリド(プロペシア)に頼らなくてもAGAを克服できる、
低コストで育毛することは可能である、そういったことを伝える
活動をブログやメルマガでしています。

 

育毛に対する意識が高いあなたにも私が語る低コスト育毛に
触れていただければと思います。

 

ほかのページでも色々語っていますので、よろしければ
是非立ち寄ってみてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ