パンテノールの効果は薄毛だけでなく白髪にも及ぶ


panthenol

 

パンテノールとは、パントテン酸のアルコール型誘導体で
ビタミンB5の前駆体だそうです。

 

前駆体とは、ある成分が生成される前の段階の成分のことを
指すそうです。

 

ですので、パンテノールはビタミンB5になる前の成分という
ことになると思います。

 

また、パントテン酸はビタミンB群に含まれる物質で、
納豆、牛乳、レバーなどに含まれているそうです。

 

パンテノールは別名、D-パントテニルアルコール、
DL-パントテニルアルコール、プロビタミンB5と呼ばれている
そうです。

 

 

パンテノールの効果としては以下のものが挙げられます。

 

・新陳代謝の活性化
・かゆみ防止
・日焼け防止
・白髪防止
・保湿効果
・ストレス抗体作用

など

 

このような効果から、化粧品、かゆみ止め、育毛シャンプー、
育毛剤などにも使われているようです。

 

私の場合、仕事のストレスでハゲて白髪が大量に増えたので、
このパンテノールについては興味深いですね。

 

ストレス抗体作用でストレスによる抜け毛に対して
対処してくれそうですし、これ以上白髪が増えるのを
防いでくれそうなので。

 

私はAGAを克服できましたが、白髪は治りませんでした。
むしろもっと増えています。

 

薄毛は治し方さえわかれば簡単に治せますが(それでも
時間をかける必要がありますが)、白髪はそうはいきません。

 

一度メラノサイトが死滅すると、基本的に黒髪には戻らない
という話を聞きます。

 

薄毛対策と白髪対策はまた別なので、白髪対策も含め
パンテノールに注目すると面白いかもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

私は元々フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなど
AGA治療薬で育毛してきました。

 

確かに効果はあるし、この方法が一番いいと思っていました。

 

 

しかし、現在では考え方が変わりました。

 

フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルはAGAに対して
効果はありますが、効果が続くのは服用している間だけです。

 

服用を中止すれば再び薄毛が進行します。これらの薬に
AGAを完治させる力はないのです。

 

私はAGA治療薬のデメリットから、薬を使わない育毛に
シフトチェンジしました。

 

その結果、現在では薬を使わなくても髪が維持できるようになり、
毎月にかかる育毛コストはゼロ円になりました。

 

私は低コストで育毛できること、薬に頼らなくてもAGAを克服
できることを伝える活動をブログやメルマガでしています。

 

ブログ内で色々語っていますので、私の育毛に興味をもって
いただけたら、是非ほかの記事もご覧ください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ