牡丹エキス(ボタンエキス)の育毛効果とは?


peony

 

牡丹(ボタン)は、中国西北部原産のキンポウゲ科の植物で
奈良時代に日本に伝わったとされています。

 

牡丹(ボタン)には主に次の4つの効果があります。

 

1. 炎症・痛みを抑える

炎症や痛みに効果があります。牡丹(ボタン)に含まれる
ペオノールには炎症や痛みを抑える効果があるとされています。

 

2. 解熱効果

私たちは風邪などウイルスに感染すると発熱しますが、
牡丹(ボタン)には、体温を下げる効果があるそうです。

 

3. 血流改善効果

牡丹(ボタン)は、漢方薬として使われることがあり、
その際に、血流を改善する効果があるそうです。

 

4. 更年期障害の症状改善

更年期の女性は、ホルモンバランスが崩れて発汗、冷え、動悸、
イライラなどの症状が表れることがあるようですが、
牡丹(ボタン)には、血流をよくし演奏を抑える効果があるため、
これら更年期障害に見られる症状を改善効果があるそうです。

 

 

牡丹(ボタン)にはこういった効果だけでなく、育毛にも
効果があるといわれています。

 

牡丹(ボタン)から抽出された牡丹エキス(ボタンエキス)が
育毛剤に用いられていると聞きます。

 

では、牡丹エキス(ボタンエキス)にはどのような育毛効果が
あるのでしょうか。

 

牡丹(ボタン)の炎症を抑える効果と血行を改善する効果が
育毛に関係していると考えられます。

 

炎症を抑えることで、頭皮の炎症を改善し頭皮環境の悪化を
防ぐことができます。これによって、フケやかゆみの
予防・改善が見込めるでしょう。

 

牡丹エキス(ボタンエキス)の血行改善効果も育毛に
いいと考えられます。

 

血行を良くすることで、毛母細胞に栄養が届きやすくなり
髪が太くなる助けになるでしょう。

 

 

ミノキシジル等直接的に発毛する育毛剤よりかは効果を
感じられるのが遅いかもしれませんが、頭皮環境の改善には
牡丹エキス(ボタンエキス)はいいと思います。

 

牡丹エキス(ボタンエキス)の場合、ミノキシジルと違いあまり
副作用の心配がないそうです。

 

安全に育毛する手段として牡丹エキス(ボタンエキス)を使うのも
いいかもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

私は最近、今回お話しした牡丹エキス(ボタンエキス)の
ように副作用のリスクが少ない成分に興味を持っています。

 

なぜかといえば、頭皮環境や体質の改善を心がけ副作用の
リスクを減らして育毛する重要性を感じ始めたからです。

 

フィナステリド(プロペシア)とミノタブの併用が最強の育毛法と
いわれていますが、いずれも副作用のリスクが少なからずあるので、
併用することで二重のリスクを負うことになります。

 

私は元々薬でAGA治療をしていましたが、後に薬を使わない育毛の
重要性に気づき、そういった方法でAGAを克服できる方法がないか
探しました。

 

その結果、薬に頼ることなくAGAを克服し髪を維持できるように
なりました。

 

結論から言えば、副作用のリスクを負わなくてもAGAを克服することは
可能です。

 

私はその事実をつたえる活動をブログやメルマガでしています。

 

このブログに来てくれたあなたにも、その事実を
知っていただきたいです。

 

薬を使わない育毛についてブログ内で語っていますので、
是非ほかの記事にも目を通してみてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ