シャクヤク(芍薬)の育毛効果について


peony

 

シャクヤク(芍薬)とは、牡丹(ボタン)科の多年草です。

 

このシャクヤク(芍薬)から抽出されたエキスには様々な
効果があるとされています。

 

具体的には、血行促進、収れん作用、抗炎症、保湿、美白などが
挙げられます。

 

こういった効果から、乳液や化粧水などのスキンケア商品にも
使われるという話を聞きます。

 

 

では、このシャクヤク(芍薬)が育毛剤の成分として
用いられた場合はどのような効果が見込めるのでしょうか。

 

上記でも述べた保湿効果により、頭皮の乾燥による抜け毛の
改善に効果が望めるでしょう。

 

また、血行促進効果により頭皮の環境改善も見込めると思います。

 

さらに、シャクヤク(芍薬)には、頭部の皮脂の過剰分泌を
抑える効果があるとされています。

 

皮脂は頭皮を守るためにある程度必要ですが、過剰分泌されると
脂漏性皮膚炎になってしまい、AGAとは違う抜け毛の原因が
発生してしまいます。

 

私自身、AGAにも脂漏性皮膚炎にもなったことがあります。
個人差はありますが、AGAになる人は脂漏性皮膚炎を
併発しやすいという話を聞きますので、私も含め
そういった体質の人にはシャクヤク(芍薬)エキスは
いいのかもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

AGA治療薬としては、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル
が有名です。

 

さらに言えば、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの
併用が有名です。

 

この2つの組み合わせはAGA治療において最強の組み合わせと
言われており、確かに効果はあります。

 

私自身も以前はこの組み合わせが最強だと考えていて、
この方法で育毛するのが一番と考えていました。

 

 

しかし、最近では考え方が変わりました。

 

 

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの併用は確かに
効果があり、これによってAGAを克服することは可能です。

 

ですが、こういった薬に頼りきりになると、髪が育ちやすく
するための体質改善を怠ってしまいがちになり、
薬なしでは、髪が維持できなくなってしまいます。

 

体質を改善して、最終的には薬に頼らない育毛にシフトチェンジ
することがベストだと私は考えています。

 

 

副作用のリスクが避けられる、コストを大幅にカットできる等
薬に頼らない育毛のメリットをつたえる活動をブログやメルマガで
しています。

 

私自身、このような育毛を目指した結果、現在では一切薬やサプリに
頼ることなく、髪が維持できるようになり、現在毎月育毛にかかる
コストはゼロ円です。

 

私は皮膚科でフィナステリド(プロペシア)を処方してもらっていた
ころ、効果を維持するためにずっと飲み続けなければならないと
聞いていたので、保険適応外の薬にお金を払い続けることを思うと
気が重くなりました。

 

皮膚科やAGAクリニック等治療を受けている場合、なかなか気が付き
にくいのですが、フィナステリド(プロペシア)など薬を使わずに
髪を維持することは可能です。

 

フィナステリド(プロペシア)など薬を使わず、生活習慣や体質等を
改善して、コストを大幅に下げる育毛を私はこう呼んでいます。

 

「低コスト育毛」と。

 

この低コスト育毛についてはブログの他の記事で触れてますので、
興味を持っていただけたら、是非ご覧ください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ