ピディオキシジルは副作用のないミノキシジル?


chemicalformula

 

 

 

ピディオキシジルのことを調べているあなたは、ミノキシジルで
治療してきて副作用等色々と問題が起こり、ほかの方法を探して
このブログにたどり着いたのではないでしょうか。

 

ピディオキシジルについて語られていることが本当であれば、
ミノキシジルの副作用で困っているあなたにはぴったりの
成分かもしれません。

 

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも呼ばれているそうです。
聞いた話によれば、ミノキシジルと非常によく似た分子構造を
持っており、ミノキシジルとほぼ同等の効果が得られるのだそうです。

 

ピディオキシジルを使うと、血行が促進され毛母細胞が活性化される
といった育毛効果が見込めるそうです。ミノキシジルのように。

 

 

では、ピディオキシジルとミノキシジルの違いは何なのでしょうか。

 

それは、副作用のリスクの違いにあるようです。

 

ミノキシジルは確かに育毛効果が見込めますが、副作用のリスクの
ある薬です。

 

ミノキシジルを使ったことで動悸やむくみを経験した人もいる
ようです。

 

また、ミノキシジルはムダ毛が生えるという有名な副作用が
あります。

 

ムダ毛の副作用は、動悸やむくみに比べて出る場合が
多いように思います。

 

このように、ミノキシジルはムダ毛を含め副作用が出る確率が
高い薬です。

 

 

ピディオキシジルは、副作用のリスクがほぼないらしいのです。

 

 

ミノタブを服用して動悸やむくみが表れたり、ムダ毛が生えてきたり、
リアップX5のようなミノキシジル外用薬を使って頭皮がかぶれて
しまって、ミノキシジルで育毛していくことに不都合を感じたり、
育毛そのものを断念してしまった経験をピディオキシジルについて
調べているあなたも経験していることでしょう。

 

ピディオキシジルについて語られていることが本当ならば、
動悸やむくみ、ムダ毛の増加、頭皮のかぶれ等副作用の
心配をすることなくミノキシジルとほぼ同等の効果を
得られることになります。

 

こういう効果が得られる育毛剤ならば、使用を検討するのも
一つの選択肢かもしれませんね。

 

 

 

 

PS.

 

ピディオキシジルは話だけ聞くと、魅力的な薬であるように
思えます。

 

動悸やむくみ、ムダ毛の増加、皮膚のかぶれ等副作用の心配を
しなくてもミノキシジルと同じ効果が得られるのであれば、
本当にいいですよね。

 

ただ、ピディオキシジルも薬である以上副作用のリスクが
全くないとは言い切れないとも思えるのです。
(ミノキシジルよりかははるかにマシかもしれませんが)

 

 

それに、薬を使った方法はどのみちコストがかなりかかって
しまうでしょう。

 

ピディオキシジルも一つの選択肢ではありますが、
私が考える理想的な育毛は、薬をなるべく使わず低コストで
AGAを克服する育毛です。

 

私自身、フィナステリド(プロペシア)等AGA治療薬で
育毛していた時期があります。

 

フィナステリド(プロペシア)に関しても、AGAに対して効果が
認められますが、保険適応外のためコストが馬鹿になりません。

 

 

それにフィナステリド(プロペシア)をはじめとする薬は
使用を中止すれば効果がなくなります。

 

髪を維持するためにずっと薬にお金を使い続けなければ
なりません。

 

私はそういった薬に縛られる窮屈さや高額な治療費から
解放されたくて、薬に頼らない育毛を目指しました。

 

その結果、今では薬を一切使うことなくAGAを克服することが
できました。

 

私はブログやメルマガで薬を使わずにAGAを克服することの
メリットを伝える活動をしています。

 

ピディオキシジルに興味を持っているあなたにも私が
考える薬を使わない育毛について知っていただき、
選択肢の一つにいれていただければ幸いです。

 

他の記事でも色々書いていますので、よかったら是非
立ち寄ってみてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ