トウガラシチンキによる育毛効果について


peppers

 

 

トウガラシチンキとは?

 

トウガラシチンキとは、唐辛子をエタノールに浸して
抽出される成分で、主な成分はカプサイシンです。

 

主な効能として、鎮痛作用、抗炎症作用、血行促進作用、
健胃作用などが挙げられます。

 

トウガラシチンキは主成分がカプサイシンであるため、
体内の血行を促進し、新陳代謝を高める効果があると
されているため、ダイエット用のサプリメントにも
用いられているようです。

 

 

トウガラシチンキの育毛効果

 

まず、トウガラシチンキには抗炎症作用があります。
これにより頭皮の炎症を抑え、育毛によい環境を
整えることができるでしょう。

 

特に、私のように脂漏性皮膚炎をおこしやすい体質の場合、
フケやかゆみを改善する効果が期待できそうです。

 

 

それから、トウガラシチンキ血行促進作用により
頭皮の血行が改善され、髪の成長の助けになるでしょう。

 

さらに、トウガラシチンキには新陳代謝を促進する効果が
ありますので、頭皮の代謝を促進することで髪の成長を
促す効果が期待できそうです。

 

 

トウガラシチンキの副作用について

 

トウガラシチンキは基本的に安全な成分とされていて、
副作用はないといわれていますが、肌が敏感な人は
ピリピリしたりかゆくなることもあるそうです。

 

育毛剤に配合されるトウガラシチンキの濃度は1%~4%程度なので、
通常なら影響はないと考えられますが、肌が敏感な人など
体質に合わない人は使用を控えたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

【追記】頭皮が敏感な方、副作用のリスクがない育毛に興味はありませんか?

 

今回お話ししたトウガラシチンキは、比較的副作用のリスクが
少ないと考えられますが、通常のAGA治療薬や育毛剤は
副作用が出る可能性がある前提で使用されているような
印象を受けます。

 

実際に、フィナステリド(プロペシア)には男性機能の低下及び
肝機能障害の副作用が出る恐れがあります。

 

統計的にはごく少数とされていますが、絶対に出ないとは
言い切れません。

 

 

ミノキシジル(ミノタブ)に関しても、むくみや
多毛症(毛深くなること)などの副作用が出る可能性が
あります。

 

リアップX5のようなミノキシジル溶液を含んだ育毛剤を使用した
場合も頭皮がかぶれる人もいるようです。

 

 

このように、AGA治療薬や育毛剤には副作用の恐れがある
ものが多いです。

 

私自身、フィナステリド(プロペシア)などで治療した
経験があり、深刻な副作用は出ませんでしたが、
副作用はAGAを克服するために取るべきリスクと
考えていた時期もありました。

 

 

 

 

しかし、私は考えが変わりました。

 

 

それはなぜか?ある方法を見つけたからです。

 

 

その方法では、薬や育毛剤を一切使うことなくAGAを
克服することができたのです。

 

薬や育毛剤を一切使わないので、当然副作用のリスクは
ありません。

 

 

さらに、その方法の年間コストはフィナステリド(プロペシア)の
1/5以下です。

 

薬を使わない育毛をすることで副作用のリスクを避けられる
だけでなく、コストも大幅にカットすることができるのです。

 

私はこのことを伝える活動をブログやメルマガでしています。

 

もし、副作用のリスクがない育毛をしたいと考えているならば、
私が見つけた方法はあなたにとっても興味深い方法のはずです。

 

他の記事でも色々お話ししていますので是非ご覧ください。

 

 

また、メルマガ登録者限定で私がAGAを克服した具体的な方法を
公開しています。

 

今なら無料で登録することができます。

 

もし、副作用のリスクを避け低コストで育毛したいと
考えているならば、無料期間のうちにどうぞ。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ