塩酸ピリドキシンの育毛効果について


vitaminb6

 

塩酸ピリドキシンとは

 

塩酸ピリドキシンとは、ビタミンB6の成分で
様々な薬効があることで知られています。

 

塩酸ピリドキシンは、ヘモグロビン産生・赤血球の形成促進の
効果が期待されていることから、貧血用薬や婦人薬に用いられる
そうです。

 

また、塩酸ピリドキシンは、皮膚炎、湿疹、かぶれ、ただれ、
肌荒れ、にきびなど肌の疾患やアレルギーの治療に使用される
そうです。

 

それ以外にも、塩酸ピリドキシンは、眼精疲労の目薬、
妊娠、病気による体力低下などでビタミンB6が不足した際の
補給剤として用いられるそうです。

 

塩酸ピリドキシンの育毛効果

 

塩酸ピリドキシンには、血中のヘモグロビンや赤血球の形成を
促進する作用があるといわれています。

 

そのため、塩酸ピリドキシンを摂取することによって
血行が促進されます。

 

血行が促進されることで、毛母細胞や頭皮にも栄養がいきわたり、
髪が成長する環境が整えられるでしょう。

 

 

その他の塩酸ピリドキシンの育毛効果として、ふけ、かゆみ、炎症を
抑える効果が挙げられます。

 

脂漏性皮膚炎など、AGA以外で抜け毛の原因になる病気もあります。
私も脂漏性皮膚炎とAGAを併発したことがありました。

 

私も含めてですが、AGAを発症する人は皮脂が過剰分泌しやすく、
脂漏性皮膚炎になる割合が多いと聞いたことがあります。

 

塩酸ピリドキシンは、こういった頭皮の炎症にも効果があるので、
私と同じような体質の人には興味深い成分ではないかと思います。

 

塩酸ピリドキシンの副作用について

 

塩酸ピリドキシンの副作用は特にないといわれています。

 

しかし、塩酸ピリドキシンを過剰摂取すると、
食欲不振や軽い吐き気など引き起こす可能性があるそうなので、
注意が必要です。

 

また、新生児・乳幼児が塩酸ピリドキシンを摂取すると、
嘔吐、下痢、肝機能障害など深刻な副作用が起こる可能性があると
言われています。

 

ですので、塩酸ピリドキシンが含まれた育毛剤などは
新生児・乳幼児が触れないところに保管しておくよう
注意が必要です。

 

 

塩酸ピリドキシンは、副作用の面で若干注意が必要ですが、
フィナステリド(プロペシア)のように男性機能の低下が起こる
可能性があったり、リアップX5のように頭皮がかぶれたり、
ミノタブのように毛深くなるといったような心配はないような
印象を受けます。

 

こういった従来のAGA治療薬の副作用を避ける方法として
塩酸ピリドキシンを使用するというのも一つの方法かも
しれません。

 

 

 

 

PS.

 

私は、フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなどの
AGA治療薬で治療した経験であり、こういったAGA治療薬で
育毛するのが確実だと考えていました。

 

 

しかし、今では考えが変わりました。

 

 

こういったAGA治療薬には主に2つのデメリットがあります。

 

まず1つ目は副作用です。

 

特にフィナステリド(プロペシア)の男性機能の低下の
副作用を恐れてフィナステリド(プロペシア)を服用できない人が
非常に多いように思います。

 

ミノキシジルで毛深くなるので、ミノキシジルは使いたくないという
人も多いでしょう。

 

このように、副作用が原因でなかなか育毛に踏み出せない人が
多いのではないかと思います。

 

 

2つ目はコストです。

 

フィナステリド(プロペシア)にしてもミノキシジルにしても
健康保険は適応されません。全額自己負担です。

 

私もフィナステリド(プロペシア)を服用していた頃は、
毎月約1万円かかっていたため、AGA治療費に負担を感じていました。

 

 

このように経済的な面で育毛を断念してしまう人もいるのでは
ないかと思います。

 

私は、副作用とコストというAGA治療における2つのデメリットを
解消してAGAを克服できるということを伝える活動を
ブログやメルマガでしています。

 

私の低コスト育毛についてあなたにも知っていただきたいと
思っています。

 

副作用のリスクを負うことなく育毛したい、
高額な育毛コストをなんとかしたいと考えているなら、
他の記事で色々語っていますので、是非ご覧になってみてください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ