育毛剤に含まれるセンブリの効果について


senburi

 

センブリとはリンドウ科センブリ属の二年草だそうです。
センブリという言葉は、千回振り出してもまだ苦いという
意味に由来するそうです。

 

その名の通り、センブリを煎じて作ったセンブリ茶は
苦いらしく、TV番組等の罰ゲームでもよく知られています。

 

このセンブリから抽出されたエキスがセンブリエキスという
ことになりますが、このセンブリエキスには血行促進効果が
あるらしく、古くから健胃剤として使われてきたようです。

 

センブリエキスの血行促進効果が着目されて、化粧品や
育毛剤にも用いられるようになったそうです。

 

センブリエキスは育毛剤の成分として、頭皮の血行促進、
毛根部分の細胞分裂の活性化の作用があるとされています。

 

 

では、センブリエキスだけで育毛効果が実感できるのでしょうか。
色々調べてみると、センブリエキスだけでは効果を実感するのは
難しいみたいです。効果が実感できるとしても、結構時間が
かかるようです。

 

ですので、センブリエキスはメインの成分として使うのは
難しいみたいです。

 

他の成分と一緒に配合されることで補助的な役割を
果たすということなのでしょう。

 

センブリエキスを用いた際に副作用は特にないようなので、
安全性に関しては特に問題なさそうですね。

 

センブリエキスは、育毛にいい成分なのだと思いますが、
センブリエキスだけに頼らず、ほかに自分で取り組めることを
続けていけば、よりよい育毛ができると思います。

 

ストレスをためないようにする、栄養バランスに気を付ける、
髪に悪そうな習慣はできるだけ避ける、ゴールデンタイムに
睡眠をとるように心がけるなど自分で取り組めることも
たくさんあります。

 

センブリエキスなどを含んだ育毛剤の使用と生活習慣の改善を
並行して取り組むことでもいい育毛ができるかもしれません。

 

 

 

 

PS.

 

私はもともとフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなどで
AGA治療をしていましたが、最近ではセンブリエキスなど
育毛剤の成分についてしらべるようになりました。

 

フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルにデメリットを
感じるようになったからです。

 

これらの薬のデメリットとして代表的なのが副作用です。
フィナステリド(プロペシア)はごく一部の人に男性機能の低下や
肝機能障害のリスクがあるといわれています。

 

ミノキシジルに関しては、ミノタブのような内服薬の場合、
毛深くなったり、血圧が下がりすぎたりするといったような
副作用があるといわれています。

 

特に、毛深くなる副作用は出る人が多いように思います。

 

センブリまたはセンブリエキスについて調べているあなたも
こういった薬の副作用を煩わしく思っているのでは
ないでしょうか。

 

現在、育毛の選択肢には色々なものがあります。
フィナステリド(プロペシア)やミノキシジルのような
薬を使った育毛、センブリエキスなどの成分を含んだ育毛剤を
使う方法、ソーパルメット(ノコギリヤシ)などサプリメントを
使う方法など様々です。

 

 

その一方で、薬を使わずに育毛する方法もあるのです。
(その方法を使う場合でも育毛剤を補助的に使うことは可能です。)

 

薬を使わずに育毛すれば、フィナステリド(プロペシア)と
ミノキシジルを併用するよりもはるかにコストを下げて
育毛することが可能です。

 

 

私はこういった育毛のことを低コスト育毛と呼んでいます。

 

 

この薬に頼らない低コスト育毛に取り組むことで
大幅なコストカットと副作用のリスク回避を同時にできて
しまうのです。

 

私はこういった低コスト育毛のメリットを伝える活動を
ブログやメルマガでしています。

 

センブリエキスについて調べているあなたともこうして
かかわりを持てたわけですし、是非私の低コスト育毛について
知っていただきたいと思います。

 

もしよかったら、ほかの記事にもよっていただければと
思います。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ